柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憲法改正論議」

柳四郎

国連を軍設立しよう!

憲法改正が押し迫ってきている。

中身を問わず、押し付けられた憲法だから変えるというのなら、

同じく押し付けられた自由と民主主義も変えるべきなのか!?


日本の誇る平和憲法の中身はすでにありません、

軍隊を持たない日本が世界有数の軍隊を持ち、

専守防衛の軍隊がアフガン・イラクへと侵略戦争(国連の定義)に加担しているのです。


日本は昔の日本に戻り、普通の・・・醜く恐ろしい侵略国家になってしまいました!

誇るべき平和国家を普通の侵略国家に変身させてしまった国民の愚行に僕は怒りを覚えます。

世界に誇る平和国家日本に戻すために、日本軍(小泉談)を国連軍に編入しましょう。


5兆円の軍事予算をつけて日本軍をそのまま国連軍に編入し国連軍本部を日本に置くのです。

此れで平和憲法は守られ,

日本は世界の平和の尖兵となり、日本の安全は保障されしかも国民の負担は全くありません。



5兆円の軍事予算は国連予算12倍もの巨費です・・・

この巨費で世界中に国連軍を設立できます・・

日本軍編入と同じように各国軍隊の軍事費をそのままつけて、その国の軍隊を国連軍として編入すること
を認めるのです。


自国の貧弱な軍隊での国防に懸念を持つ国家は競って国連軍編入を求めてくるでしょう、

国連軍で国を守れば決して侵略される恐れは無いのですからこれほどの安心はありません、

さらに自国軍の反乱も、軍事独裁も起きません。



国連軍が守る日本に攻め込む国はありませんから、

日本を守るための軍事費は1/10~20で足ります、

5兆円のほとんどが余ることにになります、此れはほかの国々も同じことですから、

膨大な軍事費が世界中で浮いてきます、

此れが平和の配当となるのです。


世界の平和とか軍縮とか世界を動かすことは僕には出来ませんが、

皆さんの力があれば日本を動かすことは出来ます、

日本が動けば世界が動くことになります、

みんなの力で日本を動かし世界を動かしたいのです。

スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
ゲストグックへの回答を転記します
UNEPSも基本は常設国連軍の必要性を考えたことから派生した構想ではあるのですが、その仮定でルワンダやスレブレニツァの虐殺を防げなかった反省から軌道修正して、国家が軍隊を拠出する従来の形ではなく、有志によって成り立つ民軍混成部隊という構成へと変貌したのだと思います。またUNEPSは米議会の試算のとおり、低予算('''創設の初期費用に約20億ドル、年間維持費約10億ドルで運用可能''')で済みますので、国家は国防予算の多くを国連の平和支援活動に費やす必要がなるのです。まさにその経済効果は桁違いといえるでしょう。

柳様の提案では、まず日本が主権としての自衛権を完全に放棄することになります。それはとりもなおさず、在日米軍に国防を完全に依拠することとなります。それは本意ではないでしょう。ならば、自衛権を放棄すると同時に在日米軍にも完全撤退したもらう必要があります。しかしこれを、自衛隊という軍事力なしで成し得るでしょうか。日本の自主独立を保つためにも、現在の形での日米安保体制は、維持されて然るべきだと思います。その上で、国連軍創設のイニシアティブを別ルートから模索するのが賢明ではないでしょうか。
【2007/06/28 10:49】 URL | etranger3_01 #TQ2ox.yw [ 編集]


主張に穴がありすぎます。これが実現する確率ははっきり言って0%でしょう。

>5兆円の軍事予算をつけて日本軍をそのまま国連軍に編入し国連軍本部を日本に置くのです。

自分が勝手に国連軍と宣言しただけでは意味ありませんのでまず国連を通す必要がります。そこでは各国とも自衛隊規模の軍事組織を巡って利害が対立するでしょう。おそらくこの段階で国連軍は設立不能となります。
過去に一度も正式な国連軍が発足しなかったことからもそれがいかに難しいか分かるでしょう?

>日本は世界の平和の尖兵となり、

それって具体的に何するんですか?いろんな紛争に介入するとかそんな米軍まがいのことする気ですか?

>日本の安全は保障されしかも国民の負担は全くありません。

5兆円の税金はどこへ行ったのですか?

>日本軍編入と同じように各国軍隊の軍事費をそのままつけて、その国の軍隊を国連軍として編入すること
を認めるのです。

他国が入りたがらなければ意味なくないですか?

>自国の貧弱な軍隊での国防に懸念を持つ国家は競って国連軍編入を求めてくるでしょう、

むしろそんな海の物とも山の物ともつかないものに貴重な戦力を無償で託すギャンブラーのほうが少数でしょうね。

>国連軍が守る日本に攻め込む国はありませんから、

なぜ?


この説には大きな前提があります
・各国が自分の指揮下にある軍隊を自分の指揮下から予算ごと手放すことに反対しないこと
・国連軍は編入された軍隊の規模にかかわらずどの国の影響も受けないこと

こんな夢のような前提が成立するわけがありません。
【2011/02/19 19:10】 URL | 敗残兵 #GMs.CvUw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/4-565d1c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。