柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代を読む若者が自分の将来を見越してると言う事だ
国内政治全般
Re: koshu53jp さん 利権の自民党 2011/ 5/25 13:48 [ No.109397
koshu53jp
 S13年生まれなら大卒がS35年以降、戦中戦後の混乱で年数が掛かったとして37,8年頃の大卒初任給。

柳 四郎
S13年+22=多分35年だろう・・・現役だ・・・当時ベスト10に入る進学校・・・同期で15人程東大に行き・・早稲田には40人は入った・・僕の行った私学H大には4人程しか来て無い。

初任給1,7万・・・就職する前に・・バイトで某会社の社長の車の運転手で2,5万程稼いでいたから・・入った会社の初任給の安さにびっくり・・入社した会社の専務に噛みついた!!
ま~当時は車の運転手は一つの職業として確立していたから・・学卒の初任給と比較する方が悪いが。

入社した会社の専務=現在Ⅰ部上場の大企業の会長・・今期で退任したが・・上司の感覚じゃあなく共同経営の感覚だった。

入社時から僕は経営方針を提示して・・・会社もそれである程度動いた。
僕の部門の重要事項は僕に相談が有った・・・僕が最後の学卒でその後数年学卒を取らず・・僕は一番後輩で・・学卒のトップに立ったから・・・部下はすべて先輩・・僕の上司(高卒)の人事は僕に相談が来た・・何度か僕の上司を僕が決めた、上司も僕に相談に来た。不思議で面白い会社だった。

koshu53jp
 円ドルは360円の固定制、コメはおろかろくに食糧も輸入できるほどの外貨もなかった頃。
 貧乏ながら庶民がおおらかで希望があった時代。
 田舎の道は砂利道で、三輪トラックがガタガタと走っていた時代。
 今は、金もあり、連続20年間世界一の債権国になったと言うが、庶民はぜんぜん満足出来ず不満だらけで生活。
 しかし、柳じいの言う時給200円で満足する時代に逆行は出来ない。
 でも、方法は知らない。
 誰か答えを出してくれ。

柳 四郎
”柳じいの言う時給200円で満足する時代に逆行は出来ない”

出来るか出来ないかの問題じゃあない・・着実にそうなりつつある・・派遣・・低賃金・・仕事が切れたら即首・・

この20年間学卒の初任給はほとんど上がらず・・実質インフレを引くとマイナスだろう。

これからの20年間でインフレの波にのまれて一気に降下する。

時給200円で満足する時代がすぐそこに来ている。

だから車も持たず結婚もせず・・時代を読む若者が自分の将来を見越してると言う事だ。

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3729-2251c078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。