柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実に国民は気楽だ・・・繁栄を謳歌してる・・極楽だ。
国内政治全般
原子炉の自動停止 2011/ 3/30 9:42 [ No.107151
koshu53jp
 こう言う機会でなければなかなか関心すら持てなかったが、少しネットで追ってみると原子炉というものが大変な代物であった事が実感される。

 神の火に手を出した罰かも知れないが、各地の原発で想像以上のトラブルが頻発していた事を知るにつけ、知ったかぶりして理解者の様な書き込みをした事が恥ずかしくなる。

 とりわけ「緊急停止」なるものがいかに危険なものか、「炉は自動停止していますから当面、最悪の事態は考えにくい」という言葉が、巧妙に仕組まれたその場逃れにすぎないと、そろそろ国民も懐疑的な目で見る知識が出来てきたようだ。

 ここにきて官房長官が「高レベルの放射線が燃料棒の核反応による事は否定できない」と云い出し、そばに近寄る事も危険で作業が進まない現実を見せられると当たり前の事でもある。

 ある程度の危険を承知してもなお、必要悪を唱えてきたものとしては、やはり軌道修正せざるを得ない。

 各地の原発は、今さら慌てて自主的な補強措置を計画し始めたようだが、それは今まで安全を犠牲にして安上がりの追及に終始して来た事に他ならない。

 そもそも、安全を犠牲にしてまで下げたコスト分はどこへ消えたのか?
 欧米の二倍以上とも言う世界一高い電気料金を思えば、幹部社員と天下り経営者の高級に消えたと言いたくなる。

 技術力という曖昧な神話に寄りかかり過ぎた事も原因の一つ。

 電力会社側の立場で、無知な国民に太鼓判を押し続けてきた御用学者は猛省すべしだ。


柳 四郎
昨日の朝日に初めて・・・電力・産業・と一体となって国策原発を推進した学者と反対した学者・・と書いてた。

さて東電は潰れると言う・・つぶれて電力供給がなくなるのか?

違う・・新東電が出来て同じ資産を引き継ぎ電力を売る!

負債は当然国民のものだ!!

亀井静氏が100兆円の復興費を叫んだ!!

原発で20兆円・・・。

国民一人20万円を負担するのだ!!

4人家族で80万円の負担だ!!

原発がいかに高いものに付いたか!!

国策だから国民負担は仕方がないだろう。

政権が代わっても1000兆円もの国民負債が残るのと同じだ。

1100兆の負債を国民は負ってる。

実に国民は気楽だ・・・繁栄を謳歌してる・・極楽だ。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3656-b8a68173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。