柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故当初に既に炉心溶融が起きてると・
国内政治全般
e: この政府は、なぜ情報を隠す 2011/ 3/29 11:44 [ No.107095
maximirion
炉からの漏水と言うが、どう見ても配管やタービンなどの周辺部品や機器からの漏水だろう。

構造上も、圧力容器や格納容器の隔壁破損よりも接続配管や付帯施設や周辺機器辺りの導水関係部分からの漏水と見るのが正しいだろう。
なぜなら、主に放射能汚染水が浸水しているのがタービン室であるということ。

原子炉建屋を原子炉と呼ぶ錯誤者が意外に多いが、建屋というのは原子炉の蓋い屋のことだ。
蓋い屋というのは、巷の神社で時々見受けられる社殿の蓋い屋と同じ意味のもの。
原子炉とは、格納容器内に収められた圧力容器と炉心をいうのです。

圧力容器内で発生させた水蒸気は、蒸気管でタービンルームへ送られる。
炉心を冷却する水は排水管でタービンルーム内の復水タンクへ送られる。
これらの水や蒸気には放射性物質が含まれる。
蒸気を排出する経路には、放射性物質除去フィルターを経て排出。
復水タンクの水も放射性物質を除去して循環及び排出される。

圧力容器は、一定の内圧力を超えるとリリース弁で格納容器内に高圧になったガスや水蒸気を逃す。
この水蒸気やガスは、格納容器から排気ダクトによって放射性物質除去フィルターを経て建屋外に排出される。

建屋内での漏水に関しても弁などの機器構造やこれらや配管などの接続構造に由来する震災での歪みが原因での漏れが原因と考えるのが常道だろう。
これらに先んじて、格納容器の破損や圧力容器の破損が起こって漏水するなどと考えるのは、無知故の杞憂と言えるでしょう。

こんな記事も在るのですよ。
http://www.tepco.co.jp.cache.yimg.jp/fukushima1-np/b45615-j.pdf


柳 四郎
格納容器の破損や圧力容器の破損が起こって漏水せずにどうして炉心の放射性物質が検出されるのだ?

事故当初に既に炉心溶融が起きてると・・すでに推測されてるのだよ。

しかも1000mを振り切る高濃度の検出だ・・・15分で作業限界だと言う・・・作業不能と言う事だ。

何処まで大丈夫御用学者の御先い棒を担ぐの?
スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3644-4fcb854c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。