柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中黒さんはどう考えてるのですか?
国内政治全般
Re: in_black83 さん 2011/ 2/ 5 13:54 [ No.104286
in_black83
倫理や道徳とは姿勢であって法ではありませんから、目的にはなりませんね。
倫理や道徳が法になれば、法に従う事は権利と義務ですから、法は目的ではありません。
企業の営利活動によって生まれる税金や雇用創出は企業の目的ではなく、国家の目的ですね。
ですから、国家は企業の営利活動を支える為に法整備をして環境を整えます。

柳 四郎
何だかやたらまともな論を・・と思ってみたら・・僕に対するコメントでした!!

ここで皆政治と経済とを混同して論じてる・・だから意味不明な論が横行する。

まるで資本主義経済活動が企業・国家の目的の如く。

in_black83
企業には社会的役割があるとする考え方は、日本が搾取する側になった高度経済成長期の考え方です。
ですから、現在でもそう思っている人がいても仕方がありません。
高度経済成長期にはそれだけの余裕がありました。
戦前に目を向ければ、タコ部屋労働に代表されるような劣悪な労働環境があり、資本家は人間を家畜扱いして平気で搾取を行っています。
資本家の代表格が天皇であり、天皇は国民を家畜の如くこき使って富を蓄積し、大資本家になっています。資本主義経済の本質は初期と晩期に顕著に現れるもので、戦前の企業、特に財閥を見れば企業の本質や目的は利益の追求のみにある事が理解出来る筈です。
法改正により戦前の労働環境は飛躍的に向上したと言いますが、戦後と比べれば信じられない位劣悪な労働環境だったと言えます。

柳 四郎
天皇←大王・・天王・・皇帝・・その他の呼称が明治期に成って・・天皇に統一された。

倭国100余に分かれて内乱す・・卑弥呼よく衆を惑わし・・これを総べる・・・倭人伝。

国家統一=徴税権の統一です。

徴税権が天皇・貴族・武士に移り・・それぞれの徴税機構が作られ・・国家機能を動かした。

天皇は国民を家畜の如くこき使って富を蓄積し・・どうも貴方は左派思想が残ってますね。

徳川300年・・支配階級の武士より町人の方が富んでいた・・事実の様です。

困窮した武士を救済するための徳政令が出る!

in_black83
高度経済成長期に於ける日本型資本主義社会では、理想像のような企業が多く出現しました。
しかし、日本の経済成長の裏では強烈な搾取が行われているのです。
途上国を踏み台にして理想的な資本主義経済社会を実現していたのです。
人の命を踏み台にして経済成長を成し遂げたという認識を持っている人はどれだけいるのでしょう。

柳 四郎
どうも貴方は左派が残ってますね。
捨てきれませんか??ね~冷静に実社会を見るために。

強烈な搾取=資本主義経済・・最大の利益追求・・=搾取・・

聖書の創世記に書かれています。

神は人を作り人の為にあらゆる物を作る・・・人=聖書の民・・の為の地上の物が作られたの・・です。

in_black83
高度経済成長は終わりを迎えました。
日本は一時期夢を見ました。
企業は立派な企業理念を掲げていました。
終身雇用や年功序列は日本独特の制度であり、労働者は満足していました。
それも遠い昔の話しになってしまいました。
企業の目的は利益の追求のみです。
さもなくば、淘汰されるだけです。
在るべき社会は大いに主張すればいいが、現在の経済体制は思想ではなく利子によるメカニズムなのですから、メカニズムを変えない限り理想論などは通用しません。

柳 四郎
パイが拡大する時・・・人々は一時の豊かさを味わい・・・パイが縮小する時・・・貧しいもの・力の無いものから切り捨てられて行く。
既に砂のように成った・・人のつながりは消えて・・ボロボロと錆びた鉄のように土にかえっていく。

終身雇用や年功序列は日本独特の・・一握りの人の制度であり・・80%の人々は何のつながりもなく・個のまま。

社会に放り出された。

終身雇用や年功序列は300万役人だけの特権となって残り・・その役人もすでに多くは派遣の素人で固められてる。

日本社会を再構築すべき方法は・・日本国連軍3000万創出しかないと僕は考える。

中黒さんはどう考えてるのですか?

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3575-2ac5d95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。