柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士道・・犬畜生と言われようと勝事・・精神だ!!
国内政治全般
in_black83、早く目を覚ませ  2011/ 1/31 7:16 [ No.103883
senrigoma
資本主義は思想だ。つまり資本主義そのものが思想であり思想体系なんだよ。その思想、もしくは思想体系に基づく制度が資本主義制度。その制度が社会全体の仕組み(社会体制)であれば資本主義体制。資本主義体制の国家が資本主義国家。その思想、もしくは思想体系に基づく経済が資本主義経済。

まぁ、資本主義そのものが思想であり思想体系だから、お前の「資本主義の思想ってなんだ?」という質問にも資本主義そのものについて答えてやったが、そういったやり取り(※下記引用参照)を経ても全く理解できず、「資本主義の思想などと言う在りもしない妄想」などと言ってるお前は白痴以外の何者でもないな。

資本主義とは資本が利潤や剰余価値を生む社会システム。単に利益の追求を目的とするのではなく、利益の追求によって社会経済を支えることを目的とする思想であり、行動様式である。

*************
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』ウイキペデア
プロテスタントの世俗内禁欲が資本主義の「精神」に適合性を持っていたという、逆説的な論理を提出し、近代資本主義の成立を論じた。

オランダ、イギリス、アメリカなどカルヴィニズムの影響が強い国では合理主義や資本主義が発達したが、イタリア、スペインのようなカトリック国やルター主義の強いドイツでは資本主義化が立ち遅れた。こうした現象は偶然ではなく、資本主義の「精神」とカルヴィニズムの間に因果関係があるとヴェーバーは考えた。ここでいう資本主義の「精神」とは、単なる拝金主義や利益の追求ではなく、合理的な経営・経済活動を支える精神あるいは行動様式(エートス)である。

ヴェーバーによると次のようになる。カルヴァンの予定説では、救済される人間は予め決定されており、人間の意志や努力、善行の有無などで変更することはできない。禁欲的労働(世俗内禁欲)に励むことによって社会に貢献し、この世に神の栄光をあらわすことによって、ようやく自分が救われているという確信を持つことができるようになる。また、サクラメントなどの呪術は救済に一切関係がないので禁止され、合理的な精神を育てるようになった(魔術からの解放)。

このような職務遂行の精神や合理主義は、近代的・合理的な資本主義の「精神」に適合していた(ヴェーバーは資本主義の「精神」を体現した人物としてベンジャミン・フランクリンを挙げている)。禁欲的労働によって蓄えられた金は、禁欲であるから浪費されることもなく、再び営利追求のために使われることになる。

こうして(結果的に)プロテスタンティズムの信仰が資本主義の発展に作用したが、近代化とともに信仰が薄れてゆくと、営利追求自体が自己目的化するようになった。元々「内からの動機」であった営利追求が、「外圧的動機」に変貌していった。
**************

柳 四郎
君の論の原点だ↑よ~~く読めよ。

資本主義はプロテスタントの世俗内禁欲が資本主義の「精神」に適合性を持っていたという・・・

日本国民はプロテスタントでもなければ世俗内禁欲でもない!!

日本国民は神徒だ!!

資本主義+プロテスタント=利益の追求によって社会経済を支えることを目的とする思想であり、行動様式である。

資本主義+神徒の日本では=利益の追求によって社会経済を支えることを目的としない、行動様式となる!!

君の論の間違いが一目瞭然だろう?

プロテスタントの世俗内禁欲+資本主義~共産主義=社会経済を支えることを目的とする思想であり、行動様式である。
プロテスタントの世俗内禁欲=社会経済を支えることを目的とする思想であり、行動様式である。

資本主義=何の主義主張もない単らる経済システムだ!!
ーーーーー
資本=金・・・誰の金でも良い・金に目印も無ければ名前もない・利益を求めるだけ・・思想も哲学もない!!
資本主義=資本を集めて利益のあるところに投資して・・極限まで利益を追求するシステム・・思想も哲学もない!!

資本主義経済=資本/金を使い拡大再生産することで極限まで利益を追求するシステム。

資本主義=拡大再生産でしか利益を生まない。
拡大再生産
A社100個生産
B社110個生産・・・10多い分がBの利益となる・・Aは利益を生まない
A社120個生産・・・10多い分がAの利益となる・・Bは利益を生まない
なぜ少ない方が利益を生まないか・・・販売競争(生産した製品を売る為には)で限界・生産量の少ない企業(限界生産者)まで利益を削ることで売りさばくからだ。

資本主義=無限の拡大再生産でしか利益を生まないシステム。

米国の車メーカーは300~400万台もの車を生産倒産した!!

拡大再生産に負けたからだ。

日本1の新日鉄赤字・・競争に勝てず・・住友赤字と併合・・・限界生産者からの脱出。

武士道・・犬畜生と言われようと勝事・・精神だ!!




スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3554-16c08664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。