柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業経営者・・資本家を糾弾しても無意味
国内政治全般
Re: 馬鹿を晒したくて投稿するのか?  2011/ 1/30 17:07 [ No.103834
senrigoma

yosiron_flame
この記述は三省堂 新明解国語辞典のもの。
編集責任者は言語学の泰斗 金田一 京助博士。
オマエのような低脳に「頭大丈夫ですか?」と聞かれりゃノケゾルだろうよ。

senrigoma
特異な表現は通用しなくて当然だし、それで金田一京助が仰け反ることもないだろうなw

wikipedia >新明解国語辞典

『新明解国語辞典』(しんめいかいこくごじてん)は三省堂が発行する国語辞典の一つ。版元による正式な略称は「新明国(しんめいこく)」だが、好事家には「新解(しんかい)さん」の愛称で親しまれている。項目数は76500(第6版)。

語釈や用例に独特の表現を用いており、ファンが多い。主幹の山田忠雄(やまだただお、1916年8月10日-1996年2月6日)の個性が色濃く反映されている。1996年、赤瀬川原平著『新解さんの謎』でその個性が取り上げられベストセラーになった。(なお、赤瀬川以前にも、呉智英や武藤康史など、この辞書の特殊な面白さを指摘する者は多かった)

また、かつては編者に、金田一京助・春彦父子も名を連ねた(しかし、実際には金田一京助は編纂に参加していない)。

-----<引用終了>-----

●語釈や用例に独特の表現を用いており

●実際には金田一京助は編纂に参加していない


同じ三省堂の『大辞林』による解説

しほんしゅぎ【資本主義】

商品経済の広範な発達を前提に、労働者を雇い入れた資本家による利潤の追求を原動力として動く経済体制。資本家が生産手段を私有し、労働力以外に売る物をもたぬ労働者の労働力を商品として買い、労賃部分を上回る価値をもつ商品を生産して利潤を得る経済。封建制に次ぎ現れた経済体制で、産業革命によって確立された。

念のため『大辞泉』による解説も。

しほん-しゅぎ【資本主義】
封建制度に次いで現れ、産業革命によって確立された経済体制。生産手段を資本として私有する資本家が、自己の労働力以外に売るものを持たない労働者から労働力を商品として買い、それを上回る価値を持つ商品を生産して利潤を得る経済構造。生産活動は利潤追求を原動力とする市場メカニズムによって運営される。キャピタリズム。


柳 四郎
やっと本道に戻ったね!!

さてこれで【資本主義】に哲学も・主義・主張も無い事が理解できたかね?

ついでに書いておこう・・・【資本主義】は拡大再生産でしか利益を生まない手段である事を。

同じ資本で同じ仕事をしてる企業がたくさんある・・

A企業が100個生産して
B企業が110個生産する・・この企業は10個の利益を上げるのだ

A企業は利益なし・・で努力して120個生産する・・これで10個利益を出す
B企業は利益が消える・・で努力して130個生産する・・これで10個利益を出す

このように拡大再生産でしか利益を生まない手段だ。

当然時給800円を雇う企業と80円を雇う企業とでは利益がまるで違い・・800円の企業は消える!!

日本の企業が国外へ逃避する理由がここにある。

幾ら政府が雇用確保を叫んでも意味はない。

幾ら・・企業経営者・・資本家を糾弾しても無意味。

うちは従業員の首を切らない!!

と叫ぶ社長が居ても全く無関係だ・・単なる無知な経営者。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3548-779cb3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。