柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い越して・・振りむくと荒漠たる荒野が人の心をも・・・荒廃させている
国内政治全般
Re: 間違いだらけのriyushiro3987 2011/ 1/30 14:40 [ No.103828 /
senrigoma

柳 四郎 
神社=の社(杜)は=森・・・森の中に居る神を祭る建物を立てた・・=神社
【社】社祠(しゃし)・社稷(しゃしょく)」2 神を祭る所。やしろ。
【杜】もり杜(神の森) 鎮守の杜 境内(けいだい) ご神木 

senrigoma
「杜」に「境内」という字義など無いからおかしいと思って調べてみたら、

riyushiro3988くんは「類語辞典」の記述をそのまま引用したらしい。

そこに記されてるのは「杜」の「字義」ではなくて「類語」だ。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%9D%9C&dtype=5&dname=5ss&stype=0&pagenum=1&index=014549
辞書: 必携 類語実用辞典
もり【杜】
類語:
(神の森) 鎮守の杜 境内(けいだい) ご神木 
riyushiro3988くんには「字義」と「類語」の違いがわからないらしい(爆)

柳 四郎 
【社】社祠(しゃし)・社稷(しゃしょく)」2 神を祭る所。やしろ。
【杜】もり杜(神の森) 鎮守の杜 境内(けいだい) ご神木 

【社】=【杜】使われる・・「字義」と「類語」。

さて僕が話してるのは・・日本古来の道徳宗教・・・・

山、滝、岩、森、巨木など多く自然を畏れ「カミ」(=信仰対象、神)とみなしたのである。

森羅万象や祖霊、死者への畏敬の念である。

この何処に道徳が有るかを問うてるのだ。

結論は本居宣長の無道徳論だ。

なぜ日本に古来道徳がないのか?

日本国土の豊かさ=厳しい自然環境では無い・・・何ら生きるための制約を必要とはしてない。

自然の中で人は生まれ人は死ぬ・・・自然の楓木も生きて死ぬ・・

人はただ・・・

山、滝、岩、森、巨木など多く自然を畏れ「カミ」(=信仰対象、神)とみなしたのである。

森羅万象や祖霊、死者への畏敬の念である。

神に対して・・・祝詞には何の願望もない・・唯もうさく・・・報告するのみ。

神がこれを受け取るかどうかなどまるで無視・・・。

このものすごい人々の心の豊かさと・・・心の大きさとを・・誰も理解し得ない。

西洋列強の蒸気機関に依る産業革命と・・資本主義・資本収奪思想(不合理)を合理主義として取り入れ・明治以降追い付き追い越せと!!

追い越して・・振りむくと荒漠たる荒野が人の心をも・・・荒廃させている!!

なぜこうなったのかを理解しべく・・日本の心の底を見ているのだ。

だが西洋の合理主義で荒廃した日本人の心では僕の論は理解できない・・。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3547-bc2acdd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。