柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義=複利だと言う=拡大再生産だね
国内政治全般
Re: in_black83 おまえもか?  2011/ 1/30 12:07 [ No.103815
in_black83
現在の経済システムの中で欲を満たす、つまり生きて行くには、大別すると企業に勤めるか自分で起業するかの2通りだ。
自らの欲を満たす為に起業するわけだが、それが世の為人の為になればと考える者もいるだろう。
それが起業理念であり、企業を設立すれば企業理念となるが、起業理念は目的ではない。
起業理念とは、利益を追求する時の在るべき姿勢なんだよ。

欲はエネルギーの根源であり、欲を否定すれば死ぬしかない。
また、欲は経済活動のエネルギーでもある。
資本主義経済な中で立派な理念を掲げても、経済のメカニズムを理解すれば矛盾に気付くだろう。
欲を満たそうとすれば、必ず欲を満たせなくなる人がいる。
それが資本主義経済のメカニズムである。
何故日本型資本主義や日本型社会主義と言われるものが存在し得たのかと言えば、日本が欲を満たす側にいたからである。
欲を満たす者が居れば、必ず欲を満たせない者が居る。
日本は、弱者の首根っこを押さえ付けて欲を貪り続けて経済大国になった。
いくら素晴らしい理念を掲げても、それは利益を上げてこそのものであり、利益の裏には踏み付けられている大勢の人達が居るという事だ。

日本の繁栄は何人の命の犠牲の上にあるのかなどと考える人は少ないだろう。
企業の目的は社会貢献などと戯けた事を言っているが、そんなものは営利活動の副産物であり、人の犠牲の上に成り立つペテンである。
立派な理念はペテンだった。

高度経済成長期が終わって気付いたのは、永遠の成長を強制する異常な経済システムの本質だった。
だから理念など捨て去り、生き残り競争に勝つべく新自由主義にのめり込んで行った。
利子の増殖は人間の意思に関係なく永遠に続き、それは理念ではどうする事も出来ない。
生き残るには利益を追求し続けるしかないんだよ。
資本主義経済の中では企業は永遠に利益を追求するしかない。
それが企業の目的だ。

君は世間知らずの無知である。
無知には無知なりの良さもあるのだが、知ったかぶりはいけない。
無知を自覚するべきだ。

>営利事業の定義とは、単に営業利益を自らの団体或いは構成員に還元する目的を以て運営されるということ。

何かにそう書いてあったのかい?
資本主義経済を理解していれば、還元を目的として起業する人はいないんだよ。営利による副産物は目的ではないんだよ。


柳 四郎
貴方の論が正しい。

ま~経済学のイロハだが・・・

資本主義=複利だと言う=拡大再生産だね~複利が理解できなかった。

資本主義=拡大再生産でしか生きる道がない。

資本主義=拡大再生産=無限増殖・・・限界のある地球では成り立たない。

核融合でも始まれば・・・無限増殖・・・も可能だが・・その時は利益追求する必要がなくなるから。

資本主義も消えてなくなるだろう。


スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3546-a822cce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。