柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混浴・これを見て西洋人はびっくり!!
国内政治全般
Re: koshu53jp   さん  馬鹿の本領 2011/ 1/27 10:23 [ No.103579
koshu53jp
 アメリカ人に限らず、われわれが一般に「西洋人」と言っている人種は、妙に律儀で「恥」にこだわる面がある。
 歴史的に貴族や王侯の騎士道的スタイルが一般化したものではないかと思うが、

***********
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88
ルース・ベネディクト
『菊と刀』は日本文化の価値体系の独自性を強調する。しかし、懐疑する傾向も見られる。すなわち日本文化が西洋文化とは対極の位置に置かれていることに、批判の目が向けられている。また、日本の文化を外的な批判を意識する”恥の文化”と決め付け、欧米の文化を内的な良心を意識する罪の文化と定義し、倫理的に後者が優れているとの主張を展開したことへの批判もある。
**************

柳 四郎
「西洋人」と言っている人種は、・・・「恥」にこだわる面がある・・・・???

ほ~~まるでルース・ベネディクトと反対の論だ・・初めて聞く論だね!!

日本人は「恥」にこだわる・・・世間体で物事を見る・・・誰も見て無ければ・・悪事も悪事とは成らない。

西洋人は「罪」にこだわる・・・神の目で物事を見る・・・誰も見て無くても神は見てる・・誰かが見て無くても悪事は悪事とは成る。

日本人・世間をお騒がせして大変申し訳ありません・・世間が騒がなければ良いと言う事だ。

koshu53jp
 外に洗濯物を干すのは嫌がり、金もないくせに、生活費を削ってでも乾燥機を使う。

柳 四郎
まるで違うだろう・・・肌着・・西洋・人に見せるものじゃあない・・・日本じゃあ平気で見せる・・文化の違いだろう。

日本じゃあ風呂は混浴が当たり前・・・ゆ‐もじ【湯文字】 女性が入浴のときに身につけた単(ひとえ)。湯具。ゆまき。ゆかたびら。2 女性の腰巻き・・を着ては風呂に入る。

混浴・これを見て西洋人はびっくり!!

koshu53jp
 ケチと卑怯を嫌い、貧乏くさい所業を軽蔑する。
 たがいに背を向けて三歩進んから振り向いて鉄砲を打つ決闘には笑ってしまうが、死んでも卑怯者にはなりたくないらしい。
 スターの様な成り上がりの金持ちほど社会奉仕や寄付をしないとバカにされる。
 ケチで頑固な金持ちは、自分のみじめな精神をクリスマスの夜に神様かなんかに思い知らされて回心する事になっている。

 誰かの利益が誰かの損失と定義可能であれば、金持ちが社会還元する法律があってもよいが、なかなか困難だから結局道徳や宗教規範で奉仕させるしかない。

 世界中同じ価値観を共有しているなら、企業利益の社会還元を規定できるかもしれないが、100年たってもむりだ。
************
ウェーバー【Max Weber】
「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
、西洋近代の資本主義を発展させた原動力を、プロテスタンティズムのカルヴィニズムにおける宗教倫理から産み出された世俗内禁欲と生活合理化であるとした。
***********
柳 四郎
儲けを絶えず社会に還元する・・・これが資本主義の基本。

koshu53jp
 同じイスラムの金持ち王様は、一人で2千台も自家用車を所有しながら貧乏人は諦めっ放しとは理不尽ではないか?

柳 四郎
イスラムも同じだよ絶えず喜捨することを日常と考えてる。

日本では仏教で坊さんにだけ喜捨する。

koshu53jp
 戦争も犯罪も、大方は貧困から発生する。
 そこには宗教も道徳も存在していても効果はない。

 お説の、「日本の無道徳」も、「不道徳」ではないゆえに、そんな歴史に感謝しなければならない。
 
柳 四郎
日本は人を省みる必要がない・・・豊かさの中に生きてる・・山紫水明・・豊葦原瑞穂の国・・米の飯とお天道様は何処にでも附いてくる国だ。

「日本の無道徳」=生きるための厳しい道徳は不要の国。



スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3516-7253ac58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。