柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳の概念をどう考えるのか?でしょうね~~
国内政治全般
Re: in_black83  さん 2011/ 1/26 6:54 [ No.103511

柳  四郎
親が無道徳・・学校で教えるべき先生が無道徳・・・一体国民共通の倫理観や道徳心を養うために・・何を教えてるのか??

in_black83
大日本帝国の主体者は天皇でした。
従って、天皇による道徳が教育によって植え付けられました。
しかし、戦後は国民が主権者になりましたが、国民は主体者になろうとはしませんでした。
ですから、国民主体の国家作りが出来ずに統一された倫理や道徳を打ち出せないまま現在に至っています。

国民国家の衰退に危機感を抱いた政治家は、教育によって道徳を取り戻そうとしましたが大きな反発を生みました。
多様な価値観の中で、統一された倫理や道徳を作り出すのは至難の業でしょう。
国民国家は役目を終えつつあり、悪あがきをして国民国家を維持する必要はないのかもしれません。
国家が道徳を教育する時代は遠の昔に終わっています。
国民国家の維持ではなく、新たな共同体を模索する時期に入っています。

柳 四郎
国民国家は役目を終えつつあり=国家解体・・EU・・これは国を残してますね~~

100年もすると国=国の概念が不要となって、県~のような概念に変質するのかも。
ーーーーーーー
有史以来持ち合わせていない共通の倫理観や道徳心を誰が創造するのですか?

in_black83
憲法九条は国家と国民の使命でした。
憲法九条は、常に正当な立場に立ち続けなければ機能しないものです。
従って、憲法九条は道徳そのものでした。


柳 四郎
道徳の概念をどう考えるのか?でしょうね~~

in_black83
九条は第三国の援護を否定していたわけですが、日本はそれを無視して米国に援護を求めてしまいました。
これにより日本独自の立場は失われ、正当な立場を逸脱した日本は朝鮮戦争やベトナム戦争に加担して行く事になったのです。
日本の使命であった憲法九条は、一度も実践される事なく葬り去られました。
日本は人殺しに加担して利益を上げて来た正に金の亡者ですが、それを誰も問題視しようとはしません。

一度も実践される事なく葬りさられてしまったものを批判するマヌケは、実は日米安保の中の九条を笑っているに過ぎないのです。
多くの日本国民はイラク戦争を支持しました。
イラクの一般市民が殺されても多くの国民は無関心です。
こんな人達に倫理や道徳などと言ったところで無駄というものです。
テロ支援国がテロとの戦いとは笑わせます。
こんな倫理観しか持たないのが現在の日本人ですよ。


柳 四郎
********
山、滝、岩、森、巨木など多く自然を畏れ「カミ」(=信仰対象、神)とみなしたのである。

森羅万象や祖霊、死者への畏敬の念である。
************

基本的に日本の道徳概念では・・人を殺す事も不道徳の領域に入らない・・ようです。

戦史で人を殺しての慙愧の念は出てきません・・。

人の生死観も道徳上問うべき問題では無いようです。

基本的に日本国民は極楽の民です~僕はそう見ます・・。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3512-a782fac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。