柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士は儒教・・百姓は仏教・・・倭人は神道・・・
国内政治全般
Re: mitsukuni2008 さん 2011/ 1/19 13:39 [ No.103094
in_black83
日本には国教となり得る宗教が存在しませんから、国民の統一した倫理観や道徳心を宗教に求める訳には行きません。

柳 四郎
結論の様ですね。

武士は儒教・・百姓は仏教・・・倭人は神道・・・。

日本は世界に立つべき柱が無い!!

本居宣長も・・・新渡戸稲造も困惑した・・これが実態ですね。

本居宣長は国学を立て国家神道を唱え。

新渡戸稲造は武士道を振りまはした。

敗戦まで神国日本・・天皇を神と信じ・・敗戦でキリスト教徒のペンキを塗り・・・65年で剥げ落ちて・・無道徳の日本が姿をあらわにした。

in_black83
社会が大きくなるにつれて人々は複数の属性の中で生きるのであり、国民共通の倫理観や道徳心を養うのは学校教育しかないでしょう。

柳 四郎
親が無道徳・・学校で教えるべき先生が無道徳・・・一体国民共通の倫理観や道徳心を養うために・・何を教えてるのか??

in_black83
しかし、国民国家が衰退して行く中で、国家が国民の倫理観や道徳心を養う事に抵抗を示す人も多いのです。
国家が国民という構成員を作る時代は、遠の昔に終わっています。
国民国家が生き残る唯一の方法は、国家として目指すべきものを掲げ、国民は使命感を持ってその目的を達成するまで行動する事です。
国民が一つの目標を見据えて行動する事は、共通の目的意識を育み、
1・・・共通の倫理観や道徳心を生み出すでしょう。
敗戦と共に国民国家日本は消滅したが、憲法九条という使命を世界に掲げて復活しました。
しかし、日本の使命は一度も実践される事はなく消滅し、死んだ筈の愚かな国民国家が復活して現在に至ります。
独り荒野を進むと言った、憲法九条に於ける日本の勇気と使命感は何処に言ってしまったのでしょう。

柳 四郎
1・・・共通の倫理観や道徳心を生み出すでしょう??

有史以来持ち合わせていない共通の倫理観や道徳心を誰が創造するのですか?

有史以来持ち合わせていない共通の倫理観や道徳心=必要であればとっくに創造されていたでしょう。

必要が無いから作らなかった・・作れなかった・・これが事実では?

武士は儒教・・百姓は仏教・・・倭人は神道・・・この事実をどう理解しますか?

in_black83
結局、お金という欲には勝てなかったのです。
リセットしては復活して存続せざるを得ない資本主義経済は、
1・・もはや戦争というリセットは許されない時代に入って2・・不安定な状態に陥っており、国民は成す術もなく不安を募らせています。
その不安は国民から未来を奪い、目先の欲に走らせます。

柳 四郎
1・・もはや戦争というリセットは許されない・・事実です!!

27000もの日本の最先端のトップ企業が中国で仕事をしてる・・・とても戦争などできません!!

尖閣の漁船がそれを証明してます・・・とても中国と戦争などできません!!

日本の臓器が中国にあるのですから。

2・・不安定な状ではありません・・・とても中国と戦争などできない・・絶対的な安定条件です。

in_black83
3・・・ごまかしきれなくなったインチキ通貨体制。
ごまかしきれなくなった資本主義経済の矛盾。
それでも止まる事が許されないのが資本主義経済の宿命です。

柳 四郎
3・・・ごまかしきれなくなった・・この矛盾は6億欧米の通貨体制に過ぎないからということでしょう。

13億中国・12億インドをも除外した矛盾した通貨体制に過ぎないということでしょう。

in_black83
国民国家の役目は終わりを迎えており、やがて消え行く運命ですが、現在の国民国家のままで生き残りたいのであれば、何らかの国家的使命を世界に示し、国民がその使命感を共有する環境を整えなければなりません。
しかし、国家の使命を提唱する人さえいないのです。

柳 四郎
日本国連軍構想これも一つの有力な次世紀への・・絶対平和と安定をもたらすものと自負しています。

国連軍設立!!
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3453-c55c37f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。