柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人はこの自己の立ち位置を確り自覚することです
国内政治全般
Re: mitsukuni2008 さんへ 2011/ 1/18 18:08 [ No.103046
maximirion
柳四郎君の主張に同意する形でin_black83くんが投稿したものを否定したことから続いているやり取りですが、柳四郎君の主張は問題にしていない(相手にしていない)のですよ。

現在、道徳規範が希薄になりつつあって拝金主義がのさばっていくのだろうかというin_black83くんの憂いに異を唱えてもいません。
多かれ少なかれ憂うということです。

ですが、そうなってくる以前の日本人の辿ってきた道徳規範の変遷には、変わらない核となるものがあると考える者からすれば、in_black83くんの「道徳規範の変換」なるものは「間違いだらけだ」ということですよ。

1・・・今の社会で取り戻す或いは必要な「道徳規範は何か」について考えるとき、日本人が共有してきた道徳規範とは一体何なのか、共有する道徳規範はどの程度残っているのかは、重要な要素です。

in_black83くんと相容れないのは、「道徳規範を失いつつある今の社会でどのような道徳規範が必要か」というテーマに対して、彼の起草するであろう「今の社会に必要な道徳規範」が明治維新以降から昭和維新に至ると結論付けられた部分が根底にあることを予感させるからですよ。


Re: wakuwakuhanabi   さん  2011/ 1/10 13:06 [ No.102663 / 103005 ] 投稿者 : in_black83
明治維新以降、日本列島に暮らしていた人々は国家という属性に組み込まれます。
政府は天皇を国家の中心に置いて伝統に裏付けられた民族国家だと宣伝しましたが、真実は西洋の圧力と策略に屈して建国した資本主義国でした

大日本帝国以降、伝統的な道徳観は次々と衰退して行きました。

やがて明治政府は教育勅語という道徳規範を発表しましたが、資本主義との矛盾は拡大するばかりでした。
民衆を家畜の如く踏み付けて利益を貪る資本家の親玉が天皇だったのであり、その天皇が教育勅語という道徳規範を説いていたのです。
天皇制と資本主義の矛盾の拡大は、やがて昭和維新に至りました。


この部分の主張に正当性を持たせる目論むと同時に、これ以前の伝統的な日本人の道徳規範を以下のように断じることで、今の社会に必要な道徳規範の方向性を導き出す正当性を量っているのが、明治以前の件なのだと明白に感じるのです。

だから、「日本人に受け継がれてきた核となる道徳規範が在る」と考える者がその間違いを指摘するという構図なのですよ。


Re: wakuwakuhanabi   さん  2011/ 1/10 13:06 [ No.102663 / 103005 ] 投稿者 : in_black83
日本列島で暮らしていた人々にとっては稲作共同体である結や村の掟や仏教の五戒や十善戒が道徳でした。
仏教の死生観である輪廻は、人々の行動規範に大きな影響を与えていたと思われます。
商人の世界にも武士の世界にも道徳は存在し、それは家訓に目を通せば理解出来ます。


柳 四郎
日本人が共有してきた道徳規範とは一体何なのか・・やっと本題に戻ってきましたね!!

で・・アニミズムから・・神道・・・儒教・仏教・・・今日までをいくら論じても・・・日本には基本的統一された道徳はない!

無道徳・・これの戻るのです。

国家神道・・・儒教・仏教・・・全て外来種・・。

日本古来のものではない・・・

神道・・・・禊祓い・畏れ敬う・これは道徳ではない。

日本人はこの自己の立ち位置を確り自覚することです。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3444-b8a98abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。