柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農・林・魚・地場産業の崩壊・・・誰の責任か
国内政治全般
Re: wakuwakuhanabi   さん  2011/ 1/10 13:06 [ No.102663
in_black83

柳 四郎
日本は古事記で・・・八百万の神々・・・何の道徳も思想もない

in_black83
所謂古神道とはアミニズムであり、神道とは仏教の影響を受けて確立した神社信仰であり、神道は道徳規範となり得るものではありませんね。
しかし、自然の法則は道徳規範の源ですから、厳密に言えばアミニズムは原始的な道徳と言えるかもしれません。

道徳とは属性毎に確立された行動規範ですから、日本列島で暮らしていた人々にとっては稲作共同体である結や村の掟や仏教の五戒や十善戒が道徳でした。
仏教の死生観である輪廻は、人々の行動規範に大きな影響を与えていたと思われます。
商人の世界にも武士の世界にも道徳は存在し、それは家訓に目を通せば理解出来ます。

明治維新以降、日本列島に暮らしていた人々は国家という属性に組み込まれます。
政府は天皇を国家の中心に置いて伝統に裏付けられた民族国家だと宣伝しましたが、真実は西洋の圧力と策略に屈して建国した資本主義国でした。
大日本帝国以降、伝統的な道徳観は次々と衰退して行きました。
何故なら、資本主義には邪魔な存在だったからですね。
やがて明治政府は教育勅語という道徳規範を発表しましたが、資本主義との矛盾は拡大するばかりでした。
民衆を家畜の如く踏み付けて利益を貪る資本家の親玉が天皇だったのであり、その天皇が教育勅語という道徳規範を説いていたのです。
天皇制と資本主義の矛盾の拡大は、やがて昭和維新に至りました。

現在の日本人の道徳規範は、かつて存在していた宗教や職業や階級などによる属性の行動規範の名残でしかありません。
それはそれで結構な事なのですが、圧倒的に人々を支配しているものはお金であり、伝統的な道徳規範はやがて消え去るのかもしれません。
死後の世界を認識し、地獄に堕ちないように正しく生きるなんて人は殆どいません。
お天道様が見ているなんて死語です。
資本主義の社会では、金持ちの生き方こそが正しい生き方なのでしょう。


柳 四郎
同感です・・殆ど異論ありません。

だが問題は日本人が確たる道徳規範を持ってるなどと言う幻想を持ってる事です。

自分を知らず敵を知らず・・・負け続けてる今日この頃・・では一体日本の再生をどうすべきか??

誰も提示せず・・・このまま没落に身を任せるのか?

誰一人海図を持たない航海・・・右に漂い左に曲がり・・行く先の無い旅路・・・

資本主義の崩壊と民主主義の機能不全・・先進国の崩壊・・後進国の躍進・・・

何処へ行くのか日本!!!

国会の機能不全・・産業の空洞化!!!

農・林・魚・地場産業の崩壊・・・誰の責任か??

尖閣領土の漁業権すら守れずに放棄、思考放棄してビデオの流出を騒ぐだけのメデアの異様さ!!

小沢氏の合法政治資金問題で大騒ぎ・・・1200億もの政治資金を集める米大統領選・・比較しようもないほどの瑣末事!!

1200億もの企業献金で5%にもならない個人献金・・・膨大な企業献金の意向で動く大統領!!

さてどうすべきか??


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3405-778e3e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。