柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教を持たない日本人に取り・・・道徳は何か答えようがない
国内政治全般
Re: mitsukuni2008 さん  2010/12/25 18:48 [ No.102105

柳 四郎
宗教を持たない日本人は道徳=無道徳・・と言う事です。

mitsukuni2008
●道徳を宗教に依存しない日本人は宗教心はないが、道徳がないということにはならない。
道徳とは人間が求めるべき倫理の一つであり、宗教はそのための手段の一つでしかない。
このあたりを混同しないように。
手段と目的を間違えるとおかしな論になる。

*********
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%BE%B3
道徳(どうとく、英: morality)は、道徳的規範や道徳性などのこと。倫理はいくつかの意味をもち、道徳を表すことが多い。モラルとも称される。

良い行いと悪い行いを区別し、道徳的規範に従う心、能力、判断のこと。道徳心。
道徳的規範は、成文化された規則である法律と一致しない場合もある。

道徳的規範は非常に幅が広く、文化の多様性と同じだけの驚くべき多様性がある。様々な種類の規範は、マナー、エチケット、タブーとも関連する。儀礼や式典として、形式化されていることもある。


道徳的規範には、どの文化にも共通の部分と、習慣や慣習的規範のように文化によって大きく異なる部分とがある。通常、共同体の構成員に対する危害:殺人、盗み、騙し、強姦などは、どの文化でも不道徳視されている。一方で、例えばインドのバラモンの間では、息子が叔父の死後10日以内に肉を食べるか髪を切ることは不道徳とみなされるが、これは他の国ではそうではない。アメリカでは子供と同じベッドで寝ることは幼児虐待とみなされることがあるが、アジア諸国ではそうではない。道徳判断に用いられる特性(権利、義務、世話、神聖さなど)の強さも社会によって異なる。

道徳的規範は、それぞれの地域の生態的状況や歴史の影響を受けている。また、社会的状況や時代精神の影響によって変化する。例えば、同性愛は中世ヨーロッパでは不道徳的で犯罪でさえあったが現在ではそうではない。社会的、人種的、性的な差別は、かつては問題視されていなかったが、現代の西洋化された多くの国では不道徳的であるとみなされる。もっとも、これは哲学者ピーター・シンガーによれば、道徳そのものが変わったのではなく、道徳の輪の広がりとして説明できる。

***********

柳 四郎
日本人に取り・・何処までも・・・決定できないのが道徳=無道徳・・と言う事です。

だがイスラム教徒に聞けば・・コーランを言うだろうし

キリスと教徒に聞けば・・聖書を言うだろうし

インド人に聞けば・・ヒンヅ―を答えるだろう

日本人に聞いても・・君と同じようにわけのわからない事言うだろう・・・

新渡戸に言わせると武士道だと答え

本居宣長に問えば・・古事記だと言う

宗教を持たない日本人に取り・・・道徳は何か答えようがない。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3294-fa2b0c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。