柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分は良いが人は駄目だ
国内政治全般
Re: koshu53jp さん 小沢問題の総括 2010/12/18 19:29 [ No.101897
 持論のお説は明快だが、現実を考えると私の様な経済音痴では「なんだかなぁ?」と、眉に唾をつけたくなる^^;

柳 四郎
中国とともに力を合わせて日本経済を立て直すことだ。

koshu53jp
 まず、このあたりが諮問。
 とかく民主化も進まず言論の自由、政府批判も投獄で弾圧するお国柄、国内向けパフォーマンスとは言え、口を開けば過去の歴史認識だの戦後補償だなどと、今後100年ものべつ幕なしに口汚く罵られてはたまったもんではないし、落ち目とは言えアメリカの属国であったこれまでの数十年間の延長の方が良いと思ってしまう意気地なしなもんだでよ。
 同じポチになるならアメちゃんの方が好きだね。

柳 四郎
先ず中国がどんな国か・・・米国のように・・イラクアフガンで既に10万の殺してるが・・中国はこのように他国侵略して人殺しなどしてない!!

米国は今や世界中からその独裁的軍事行動で批判されてる・・

だが中国はその経済行動で世界中から歓迎され信頼されてる・・・

人殺しで解決する米国と・・経済ですべてを解決する中国家・・当然中国だろう?

koshu53jp
 母ちゃんが韓流ドラマに熱を上げるのに嫉妬してるかも知れないが、上記の理由と、ほとんとの産業技術が日本からの技術移転である事への感謝も出来ない中国人や朝鮮人ははっきり言ってキライ。

柳 四郎
日本が戦後欧米の技術移転・・パクリである事への感謝も出来ない日本人はっきり言ってキライ・・じゃあないの?

自分は良いが人は駄目だ!じやあ世間さまには通じないよ。


koshu53jp
 別に右翼でもないし戦争オタクでもないが、国交や貿易を断絶した場合の影響調査と対応策研究を怠るべきではないと真面目に考えるほど。

 もうひとつ。

柳 四郎
米中と、国交や貿易を断絶した場合の影響調査と対応策研究を怠るべきではないと真面目に考えるほど。

こうなったら日本は餓死だよ!!

米国はすでに工業国ではない・日本に依る豪雨のごとき輸出で製造業はほとんど消えてる・米国が世界に売ることが出来るものは1次産品だ!・・既に低開発国に没落してる!!

koshu53jp
 これが事実か、もう少し納得できない。
 認めたくないだけかも知れないので自信はないが。

 米国の製造業はここ数十年一貫して右肩上がりで、衰退しても消えてもいない。
 大きく伸びたGDP比率ではシェアが下がったものの、絶対額はむしろ伸びている。
 高付加価値製品にシフトしているからだ。
 あまり、バカな解説者の分析を信用するのは危険ではないか。

柳 四郎
中曽根内閣時に日本国民に100ドル米国製品を買うように・・中曽根総理が話したが既に米国から買うべきものはなにもなかった!!

買うのは1次産品・・農産物だけだった!!

米国の製造業はここ数十年一貫して右肩上がりでじゃあないよ・・・まるで崩壊してる・・

GDPは1次産品・・農産物/鉱業資源・3次産業の拡大だよ。

米国の家電・衣料・雑貨・車・鉄道・造船その他の工業製品で何か買えるものがあるか?

ま~~航空機と兵器・マイクロソフトやアップルは・・米国製と言うより居インド製だよ!

koshu53jp
 一方、中国は世界第2位(ここ数年はまだまだ米国の次だ)の経済大国になったが、ロウテク製品が主体で、当分の間は今後も不可欠な最重要製品とはなり得ない。
*********
http://president.jp.reuters.com/article/2010/06/11/5090AF82-7500-11DF-99BE-091F3F99CD51.php
製造業の就業人口の減少である。「1980年の1900万人から1400万人までと減った」とある。統計の出典が記されていないが、減少傾向にあることは間違いない。
2点目は製造業を主事業とする企業数が約36万6000社から32万社に減った事実だ。3番目がGDPに占める製造業の割合で、こちらも22%から12%にまで落ち、製造業はもう復活しないといったトーンである。
***************

柳 四郎
さてこの↑文章のデーターは米国の衰退をを提示して・・・製造業の大枠、つまり全体のパイは肥大し続けている・・と書くがそのデータは無しだ!!

1950年当時の米国の工業生産は世界の80%だったが今や10%もない。

20数年前に僕はシカゴショー機械見本市を見た・・世界3大ショーの一つだ・・・既に米国の産業機械は殆ど片隅に追いやられて日本がど真ん中を独占し・・周辺を韓国台湾が・・・で米国の展示場で聞いてみた・・米国の機械は何処にあるのだ?と・・・米国は素晴らしい機械があるがそれは軍事用でこんな所には出てこないと!

だが米国の兵器の使用する部品はすでに日本制に取って代わられていた。

中国は、ロウテク製品が主体で、当分の間は今後も不可欠な最重要製品とはなり得ない???

中国のネットを君は見てるか?幾らでも見る事が出来るから見ることだ!!
http://search.china.alibaba.com/selloffer/k-%99C%D0%B5_n-y.html
漢字で検索↑できるから幾らでも探せる。

だいたい日本の10倍は生産してるから品質も良いし値段は日本の1/5買える!!

今や日本にはない主要部品が機械があらゆる製品が・・あらゆるものがある!!

僕も日本にないものはここで探すとすぐ手に入るよ。

韓国人が日本は井の中のクジラだと言ったが・・今や日本人は井の中の蛙に成ってしまった。



スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3265-75b0bd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。