柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実は???だよ。
国内政治全般
Re: yosiron_flame   君 小沢土地転がし 2010/12/13 20:44 [ No.101674

柳 四郎
小沢氏の政敵=米国・CIA/地検特捜。

yosiron_flame   
米国。CIAが小沢土地コロガシ大王の政敵か?
誇大妄想はあのミツクニに任せておきなさい。
蓄財オンリーの田舎代議士など相手にしておらんぞ。
取り巻き議員百数十人を引き連れ、コキントー様の髭のチリ払いに訪中した。
でも尖閣漁船を巡る中国とのトラブル。
全く動かなかった。ありゃあなんだったんだ。
ミツクニモドキの柳 四郎君。 オマエは大王を買いかぶりすぎる。
それに、 検察は大王を不起訴にした。これが政敵のやることか?
CIAが検察審査会の決議にどんな影響力を及ぼした?
妄想でもよいからレスしたくれ。
オマエのアタマの程度を試してやろう。


************
2010/01/10(日)
【ワシントン時事】オバマ米政権の対日政策を担うキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は8日、時事通信との会見で、日米安全保障条約改定50周年を記念して、今月19日に日米両政府が声明を出す計画であることを明らかにした。
また、米政府が交渉するのは日本政府代表だが、民主党の小沢一郎幹事長の「極めて重要な役割を認識している」と述べ、小沢幹事長の訪米を要請した。

2009年2月1日
1日、米政府高官は、ヒラリー・クリントン米国務長官の就任後初の外遊先が日本に決まったと明かした。

2009/02/15民主党
小沢-クリントン会談が実現する運びとなったことについては、先方より提示された日程が合わず今回は無理だと一時的に調整不可能な状況が生じたが、押し戻して互いにタイミングを作りだし、会談実現にこぎつけることができたと説明した。また会談開催の意義には大きなものがあるとして、「民主党に対する米の評価が高まってきている」と見解を述べた。

2月17日、民主党の小沢代表(右)は、来日中のクリントン米国務長官(左)
と会談。クリントン長官は、小沢さんを米国に対する「危険分子」と判定した。
**************

1947年(昭和22年):捜査部」が発足。
東京地検特捜部に批判的な立場からは、東京地検特捜部が連合国軍による占領下で、旧日本軍が貯蔵していた隠退蔵物資を摘発してGHQの管理下に置くことを目的に設置された「隠匿退蔵物資事件捜査部」としてスタートした経緯や特捜部エリートに在アメリカ大使館の一等書記官経験者が多いことから、「アメリカの影響を受けている」とする見方がある[2]。

東京地検特捜部の歴代トップは、全員CIAに留学し、CIAの対日工作員としての徹底的教育を受け、日本に帰国する。この教育を受けた者でなければ、東京地検特捜部、そして日本の警察機構の中で、上層部に出世する事は出来ない。

***********

柳 四郎
小沢-クリントン会談後・・小沢氏は米軍基地は不要だ・・第7艦隊が有れば十分だ・・とクリントンのケツを蹴飛ばした。

事実は???だよ。

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3204-d7722006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。