柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この通り君に判らん文章に僕が反論できるか?
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
満州人riyushiro3987へ 2010/11/25 3:43 [ No.81614
palmereldritch608
私は日本人だ。デマは言うな。
それから、少しは普段からものを考える習慣を身につけてから話をしなさい。

軍事の削減と消滅は全く別の論理の問題だ。わかってないな。

世界中の国家にとって軍事的に最も好ましい状態とは何だ?
世界に軍隊がない状態ではない。自国だけが軍隊を保有する状態だ。

では、逆に最も好ましくない状態とは何だ?
自国だけが軍隊を保有していない状態だ。

現状について言うなら、各国は、とりわけ支那などはこの両極の間で思考し判断しこれを実施しているのだ。

過剰で不要な軍事を削減することは、確かにこの両極の間にある選択肢だが、軍隊の消滅は、この両極には含まれていない。
つまり別の論理系の問題なのだ。
君は頭が悪いから、わかっていないだけだ。

頭の悪い奴は、軍事の削減と軍事の消滅を量的問題としか考えられず、削減の行きつく先に軍の消滅を夢見るが、ばかげた思い違いだ。
君に説明してやったよう、軍事の削減と、軍事の消滅は量的差異の問題ではなく、質的差異の問題なのだ。

これは、枝葉の現実の問題ではなく、現実を根本から統御している原理原則の問題だよ。

ちょっと難しすぎたかね?
だいたい、どこでどのような運動が起こっているから、俺は正しいなどというのは、馬鹿げた物言いじゃないのか?

柳 四郎
さてこれを無視したことを怒ってるようだから・・書こう。

「軍事の削減と、軍事の消滅は量的差異の問題ではなく、質的差異の問題なのだ。」
「現実を根本から統御している原理原則の問題だよ。」

君の独創論・・・質的差異の問題・・・統御している原理原則???

意味不明だ・・反論のしようもないということだ。

palmereldritch608
それなら、ここでは改憲論議が起こっている。どうするつもりか?
そんなこと言い出せば、なんだって正当化されるにきまっているんじゃないのか?
その程度のことがなぜわからないんだ?なぜなんだ?どうしてなんだ?笑い。

柳 四郎
??何だこの↑文は???
頭がいいと意味不明なことを書くようだな。

palmereldritch608
ブツ切の引用ではなく、全文そのまま掲載しなさいよ。それでは文脈が判断しにくいだろ。

柳 四郎
ぶつ切りにしてない・・・文意ごとに反論してるのだよ。

palmereldritch608
一言一句落とすことなく、全文をそのまま掲載することを条件に、君のプログに掲載することを許してあげよう。
もしできないのなら、一切掲載を拒否する。
名前を載せるなど言語道断だぞ。

柳 四郎
全文記録してるよ。

「名前を載せるなど言語道断だぞ。 」←これは何だ??

この通り君に判らん文章に僕が反論できるか?

スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3150-9b35e16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。