柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂の上の雲の軍人と・・南京大虐殺の軍人との違いです
国内政治全般
e: mitsukuni2008 さん  リニア 2010/12/ 8 19:33 [ No.101386
mitsukuni2008
(続き)

柳 四郎
儒教道徳が日本で成熟して、今でも根付いている???
ほ~~誰がどう受け継いでるのですか?
韓国では今でも確実に儒教を受け継いでますね。

mitsukuni2008
●ほぼすべての日本人は儒教でも仏教でもちゃんと受け継いでいますよ。
韓国での儒教精神の定着は認めますが、君の言う「韓流」に対して日本人が共感を覚えるということは、とりもなおさず日本人がその感性を持っていることの証ではないのですか?
君はいみじくも日本人の儒教精神を認めたと言っているのですよ。

柳 四郎
武士・・鎌倉幕府以降の武家政治・・儒教・・人口の5%にすぎません・・
95%の仏教徒・(八百万の神々)神道です・・基本を間違えないように。

やはり事実を理解してませんね・・・日本国民の95%は神仏の徒・・ですよ。
日本国民は・・先ずどこかの寺の壇家であり神社の氏子です・・・儒教の徒は殆どゼロでしょう。

わずか60年の共産主義で4000年の文化は壊れませんよ・・現在の物凄い経済成長=商人の国だから達成できたのですよ・・商人の国=儒教の仁・信です。

mitsukuni2008
●では具体的に、中国ではどんな形で仏教や儒教が残っているのですか?
共産主義という新興宗教とどう共存しているのですか?
私は中国で多くのお寺を拝観してきましたが、その多くは日本以上に観光地化していました。
もちろん、その中でも若いのに熱心にお寺まいりをしている人もいましたよ。
共産党政権のメッキの中身はこういう人たちなのだな、と思いました。

柳 四郎
共産党政権のメッキの中身・・君の言う通りですね・・・共産主義など・・誰にも理解できません・・・毛沢東ですら理解していないでしょう・・彼が信じたのは儒教です・・国民の殆ども共産主義の頬かむりをした儒教・仏教道教の徒です。

スメードレーを読むと毛沢東の身の律仕方の基本は儒教ですし・・・赤軍の基本にも儒教に立っています。

柳 四郎
2発の核の業火・・神に善・悪・邪・鬼・・総べています・日本国民の基本道徳です。

mitsukuni2008
●もう少し日本について学習することですね。
神仏に善悪邪鬼があるのは中国とて同じだし、本来中国より伝来のものですよ。
中国のお寺に行って御覧なさい。
地獄絵などはいくらでもありますよ。
それぞれに名前も付いていますし、日本と同じように善悪を区別し、邪鬼にたたられないように、戒めているのです。

柳 四郎
寺の地獄絵・・仏教です。
善悪邪鬼があるのは=道教・・アニミズムですから日本と同じですね。

日本国民の基本道徳・神道=アニミズム・八百万の神々です。

地獄も天国もありません・・・天界と地界と黄泉の国です・・清浄と穢れで是非善悪ではありません。

中国・商人の国=儒教の仁・信です。

mitsukuni2008
●これはその通りですが、今の中国はこれの正反対に位置していますね。
偽装、だまし、パクリ、どこに仁・信がありますか?
つまり仁・信とは違うもので中国は拡大してきたのです。

柳 四郎
さて貴方の偏見の・・偽装、だまし、パクリ、で中国製品が世界市場を制覇できますか?

信義仁が有るから世界で受け入れられてるのですよ。

日本人は真面目で熱心で手先が器用だから・・この偏見がこの20年で吹き飛ばされましたね!!

未だに君はつまらない偏見から逃げられずにいますね。

柳 四郎
この恐ろしい程の現実に対する包容力こそが日本の精神基盤です。

mitsukuni2008
●これも違いますね。
日本人は元来「原理主義」です。
だから何事につけても完ぺき主義、したがって決定が遅い、言いにつけ悪いにつけこれが日本人です。
片や中国人は臨機応変、まずやってみる。
原則にこだわらず、共産主義と対極にある資本主義でも受け入れる。
だから決定も行動も早い、しかし失敗もする。
それでも失敗したらやりなおせばいいというしたたかさがある。
原理主義の日本は失敗するとそれで終わり、切腹で一巻の終わり、後に残るのは原理原則に殉じたという「名誉」です。
戦後日本の復活はこの原理原則に忠実にやってきたからこその強さであり、それが信頼性の裏付けとなっているのです

柳 四郎
どうも君は古事記も読んでないようですね・・日本人の原点です・・本居宣長が取り組んで日本人の心のよりどころとすべく・・悪戦苦闘してますが。

古事記には何の道徳も規範も書かれていません・・・日本人は元来「原理主義」など存在しません!!

日本は失敗するとそれで終わり、切腹で一巻の終わり・ではありません・・・逃げおおせるだけです。

天皇家に切腹などと言うしきたりはありません・・唯逃げるだけです。

で君が日本の原理原則と信じさせられてるのが・・明治以降に作られた・・国家神道・・・と帝国憲法に混在する儒教ですね。

明治維新に薩長の郷士・下士・・侍以下の若者が天下を取り・・その権威の裏付けとして使ったのが天皇・・本居宣長が取り組んだ何の道徳も規範もない・・国家神道で天皇を神にしてしまった。

薩長の郷士・下士・・ですらこの猿芝居を笑いながら演じた・・だが大正昭和の軍人は笑わずに信じた。

坂の上の雲の軍人と・・南京大虐殺の軍人との違いです。


スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3145-a8ad542b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。