柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚の骨頂ですね。
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re: >日本・イラク・アフガン 2010/12/ 2 15:04 [ No.81780
yajiuma2006

柳 四郎
日本・イラク・アフガン・・何処の軍隊が国民の生命と財産を守りましたか?

yajiuma2006
原爆もらった日本、保身で市民を巻き添えにしたフセイン、
そして荒れ果てた土地でとアヘンを作るしか生きる道のないアフガンの農民。

“強大な相手にタテつく代償”を身をもって味わって
学ぶ者、学ばない者、様々だが、いつも迷惑するのは国民なんだよ。


柳 四郎
日本・イラク・アフガン・・何処の軍隊も国民の生命と財産を守れない!!となりますね。

で結論が!!

“強大な相手にタテつかない”…となり・・

で結論が!!

“強大な相手にタテつく軍隊不要”・・・!!

君のいう通り・・・正解は軍隊不要です。

世界に現在204程の国が有りますが・・・0~5万以下の軍隊の国が150カ国ほどあります。

“強大な相手にタテつく代償”・・・・を払う気の無い国家群です!!

0~5万以下の軍隊の国が150カ国も=平和を維持して堂々と国として“強大な相手にタテつかずに”存在しています。

しかも国連においては1国として投票権を持っています。

日本も・・・平和を維持して堂々と国として0~5万以下の軍隊で・・“強大な相手にタテつかずに”・・存在して行けるという事です。

だが殆どの日本国民は“強大な相手にタテつく代償”を払おうとしています!

愚の骨頂ですね。

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/3088-e66383ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。