柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本には領土問題はないと言う日本の主張が嘘
国内政治全般
強弁ごり押し開き直りの悪たれ中国人=柳 2010/11/22 14:28 [ No.100920
sliverstranger

柳 四郎
世界には204もの国が有るのだ!!
2/204=世界各国か???

sliverstranger
ふ・・・得意の言い張り、強弁で言い逃れかね?^^;(苦笑)

柳 四郎
世界には204もの国が有るのだ!!
2/204=世界各国か???
事実だよ・・どこが??得意の言い張り、強弁で言い逃れかね??

sliverstranger
中国と直接利害関係のない国、先進国のように批判するだけの力のない国は、対象とならんだろうに・・・?^^;

柳 四郎
力のない国は、国の対象とならん??
誰がそんなこと決めたの?
ふ・・・得意の言い張り、強弁で言い逃れかね?^^;(苦笑)

sliverstranger
批判しているのは、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、インド、シンガポール

柳 四郎
6/204=世界各国か???
204-6=198は世界各国じやあ無いと言うのか?
ふ・・・得意の言い張り、強弁で言い逃れかね?^^;(苦笑)

sliverstranger
また、領土問題では中国は、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、 ブルネイ各国とも領有権をめぐって対立しているw^^;

柳 四郎
だからなんだ??
無意味な論を持ち出すなよ!

sliverstranger
 【パリ=林路郎】1日発行の仏紙ル・モンドは、中国が、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件をめぐる一連の対応で、
「粗暴な大国の顔をさらした」と批判する社説を1面に掲げた。

 「中国の海(東シナ海と南シナ海)に暴風警報が出た」と題する社説は、19世紀末以来、日本の実効支配下にある
尖閣諸島の領有を中国も主張していることを紹介したうえで、漁船衝突事件の経緯に言及。日本の丹羽宇一郎駐中国
大使に対する度重なる呼び出しや対日交流の打ち切りなど、中国政府の一方的な対抗措置について、「その攻撃的姿勢は、
沿岸に恐怖を呼び起こした」と指摘した。

 同紙は、中国が、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどとも領有権をめぐって対立していることに触れ、「中国自身の
イメージと国益に反する行動」の結果として、「沿岸諸国は米国との戦略的関係を緊密にする」と予測した。

読売新聞: 2010年10月2日19時28分

英国とドイツはここ数カ月の間に、いくつかの対中支援プロジェクトの削減及び規模縮小を決めた。また長期間にわたり支援額が最多だった日本も北京五輪開幕前に、全ての低利子融資の中止を決めている。英国政府の対外援助プロジェクトを担当するアドリアン・デーヴィス氏は、「五輪と万博は欧州の人々に中国経済の強大さと豊かさを教えました。今や市民に中国がなお援助を必要としている国だと信じさせることは難しいでしょう」と話し、来年3月にも対中援助を全面中止すると明かした。

経済協力開発機構(OECD)のデータによると、2007年から2008年にかけ、外国の対中援助額は26億ドル(約2190億円)に上る。一方、一人当たり収入が中国の10分の1しかないエチオピアが受け取った外国の援助はわずか16億ドル(約1350億円)だ。

記事によると、1979年の改革開放から中国経済は繁栄へと向かったが、外国の経済援助は減るどころかむしろ増えているという。1979年、外国政府の援助はわずか431万ドル(約3億6300万円)。30年後の2009年には25億ドル(約2110億円)を記録している。中国への援助が最多の国は日本。以下、ドイツ、フランス、英国と続く。

中国はイメージに傷」シンガポール紙が批判
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100928-OYT1T00970.htm?from=main4
2010.09.28 20:16 読売新聞

28日付のシンガポールの有力紙ストレーツ・タイムズは、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で強硬姿勢を貫く中国について、「日本だけでなく、東南アジアでも自らのイメージを傷つけた。(船長釈放で)日本が最初に折れたが、それは中国の完全勝利を意味するものではない」などと批判する論評を掲載した。

 また、同紙社説は「中国が平和的発展路線に疑問を生じさせるなら、東南アジア諸国はしつこい中国から国益を守る最良の方法を本気で考えざるを得なくなる」と指摘した。

英紙エコノミストは、「中国は“大国としての責任”“平和的な発展”を標榜しているが、今回の事件に際して見せた強硬な態度は、国としての成熟度に疑いを抱かせるものであり、日中間に存在する領土問題を解決に導くものでもない。事件は一旦の終結を見せたが、両国関係はさらに長期にわたって冷やかなものになるだろう」としている。


柳 四郎  No.100908
日本には領土問題はないと言う日本の主張が嘘である事を世界に知らせたのが日本だよ!!

sliverstranger
また、デタラメかよ?
中国は領土への不満抱える独裁国家…米紙批判 【ワシントン=小川聡】尖閣諸島沖の日本領海内で起きた

柳 四郎  
日本には領土問題はないと言う日本の主張が↑嘘である事を世界に知らせたのが日本だよ!!

すべて日本の領土問題は存在せずの嘘を・・暴いてる記事だよ・・・君の論を否定してる記事を自分で張り付ける!!

不思議な人だ。



スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2991-c4f7aac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。