柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

此処で愛国心を振りまはす人は ・・科学と対極にあると言う
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
古くて新しい“猿の惑星” 2010/11/20 8:35 [ No.81407
yajiuma2006
核戦争で人類が滅亡した地球を引き継いだのはゴリラ、猿。人類はかろうじて種の存続を保つ一哺乳類の存在にすぎなかった。新しい地球の覇者たちは人類を家畜にするために狩を行っていた…というのが“猿の惑星”のあらすじ。よく考えるとゴリラ、猿は肉食もする雑食性だ。人間を食料の対象にしたとしてもおかしくない。時々このような映画が作られないのかと思う。大勢の人間が捕獲され解体されベルトコンベアで流され缶詰や燻製などに加工される絵はショッキングでクレームが来るかもしれない。いま世界は生物多様性について議論し、種の保存の観点から、鰹・鮪の捕獲高枠も縮小傾向にある。もし猿の惑星で「人間の種の保存」が議論されたらどうだったのか。「人間狩り枠」なるものが取り決められたかもしれない。しかし趣味で人間を撃ち殺す「ハンティング」に規制はなかっただろう。もし核戦争で人間が絶滅するなら一人たりとも生き残らずに永久に死滅した方が人間にとっては幸せなのかもしれない。


柳 四郎
有る東大教授が環境破壊で話していた・・・45億年間で地球の環境は・・何度も激変して今日が有ると。

その都度消えた種はたくさんある・・・人科の人も・・環境激変に耐えられず滅ぶ・・だが心配することはない・・激変した環境で適応した生物が生き残ると。

人間は脆弱だからすぐに死に絶えるだろう。

自然を任意に変えうると考えた人間の浅知恵・・神に挑んだと言うことだろう。

45億年のうちに5万年だけ存在した人・・。

此処で愛国心を振りまはす人は ・・科学と対極にあると言う。

スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2976-db012158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。