柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当然方向転換を図ることが必要でしょう?
国内政治全般
Re: 職業に貴賎はある 2010/10/ 4 12:22 [ No.98968
in_black83

>移民政策の根拠は、少子高齢化、若者の3K離れ・・・が背景にあることはいうまでもない

移民政策とは、継続的経済成長の維持を目的にしているわけ。
君が言う若者の3K離れを移民によって補うと言うのは間違いだよ。
長期定住型の移民を受け入れるには、現在の安い賃金で働いてくれる労働者の受け入れという発想では困難なんだよ。
だから、日本型移民政策では、大卒者を中心とした移民の受け入れが提唱されているわけ。


移民の増加は、所得税や住民税などの税収や、社会保険料などの歳入を増加させる一方、同時に行政サービスなどの歳出も増加させる。
ある試算によると、5年以上の長期定住型の外国人が増えれば黒字になるそうだ。
移民政策が成功し、日本に定住する移民が増えれば、日本の国家経営を支える力になるという事だよ。


確かに、今後は生産の効率化は進む為に労働力不足は起こらないとする説もあるが、
3・・・現在の社会を維持する為には経済成長が必要なのも事実だ。
1・・・従って、安定した歳入を維持して行くには人口減少を食い止めるか補うしかなく、
2・・更に新たな産業を育てて雇用を創出をして行くしか方法は無いんだよ。
しかし、これは飽くまでも日本一国が生きて行くべき方法であって、非常に困難なのも事実だろう。
何故なら、新たな産業が現在の労働人口を支えるだけの雇用を創出出来るのかは不透明だからだよ。
4・・・国民国家による経済成長の限界は見えているんだよ。


柳 四郎
貴方の論には殆ど同意しますが。

1・・・人口減少を食い止めるか補うしかなく・・・には同意できません・・・なぜ安定した歳入を維持して行く必要があるのか?

これからは当然歳入減・・生活レベルの質素化が求められ・・すでにそうなっていますね。

2・・更に新たな産業・・・世界に輸出できる新製品を生み出しても・・日本で製造する必然性など有りません・・海外の安い労働力で作るでしょう、これが資本主義の原理です。

3・・・現在の社会・・なぜ現状を固定して論ずるのですか?
右肩下がりである以上日本は人口減・・マイナス成長路線・・これ以外に生きる道はないと言う事を前提に論ずべきでは?
だがこの20年間すべての国の政策・国民の希望は成長一辺倒で道を間違えてるのです。

この基本方針を転換する以外に国民の豊かさは得られません。

物質の豊かさではない豊かさを求めることです・・・日本国民は物質の豊さを求めることでさらなる飢餓感を持ちました・・方向が間違っていたのです。

4・・・国民国家による・・貴方もこの事実を理解されてるようですから・・当然方向転換を図ることが必要でしょう?

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2910-5a0f99a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。