柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が沈没するわけだ。
国内政治全般
中国は「あしき隣人」 2010/10/ 3 14:21 [ No.98913
shinayaka77
中国は「あしき隣人」「法治主義通らぬ」

枝野さんよくぞ言ってくれた
こんな中国には相手にせぬことだ。
こんな中国に気をつかってビデオを封印する必要は全くなし。
2・・我が国の主権を犯す中国に対して決して甘い顔をせぬことだ。

http://www.asahi.com/politics/update/1002/TKY201010020190.html
民主党の枝野幸男幹事長代理は2日、さいたま市で講演し、尖閣諸島沖での中国漁船の衝突事件に触れて「中国との戦略的互恵関係なんてありえない。あしき隣人でも隣人は隣人だが、
1・・日本と政治体制から何から違っている」と、中国を強く批判した。

 中国との戦略的互恵関係の深化は、菅直人首相が1日の所信表明演説でも掲げた政権の基本方針。日中両政府間に関係修復への動きも見られる中だけに、発言は波紋を広げそうだ。

 枝野氏は講演で「中国に進出している企業、中国からの輸出に依存する企業はリスクを含めて自己責任でやってもらわないと困る」と発言。さらに「中国は法治主義の通らない国だ。そういう国と経済的パートナーシップを組む企業は、よほどのお人よしだ」とも述べた。

 日本外交の方向性については「より同じ方向を向いたパートナーとなりうる国、例えばモンゴルやベトナムとの関係をより強固にする必要がある」と持論を語った。


柳 四郎
枝野・・・これほども馬鹿がいるとは驚きだ・・・自民党でもこれほどのバカはいなかった。

1・・日本と政治体制から何から違っている・・だから中国は悪いとどうして言えるのか?

1・・中国と政治体制から何から違っている・・・だから日本が悪いと言えるか?

自分と違う奴は悪だと言う・・・異常な発想だ…いじめの根源だ。

2・・我が国の主権を犯す中国・日本に対して決して甘い顔をせぬことだ。
両国とも同じ事を言ってるのだ。

両国とも自国領土だと言い・・自国法で裁く・・という・・外交で自国法など通用しないことをまず理解することだ。


中国に首を絞められたら日本は即死だ・・・・・・・わずか10日ほどレアーアースを止められただけで政府の方針はひっくり返った・・・日本も同じように中国に輸出入禁止して見たらいい…日本の政府が即ひっくり返るだけだ。

中国と喧嘩したら日本政府など幾つあっても足りないだろう・・・総理の首が10あっても足りない。

ラクダに唾を懸けてみたまえ・・20倍もの臭い唾をかけられる・・それと同じだ。

米国は日本など無視だよ・・・イランの原油を見てごらん・・米国に放棄しろと言われて日本が放棄した権利をすべて中国が買い取ってる。

日本はまるでおもちゃだ・・そのおもちゃがわざわざおもちされようと・・中国に喧嘩を売っておもちゃにされてる。

議員レベルの程度の低さに論じようもない。
 
前原など怖くて総理に出来ない・・・党首時には偽メールで議員一人自殺させて・・大臣になったらダムで大騒ぎで放り出して・・今度は中国に喧嘩を得る・・・まるで幼稚園だ。

65年間米国の金魚の糞でいたから・・まるで政治外交が出来ない・・幼稚園児ばかりだ。

日本が沈没するわけだ。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2907-0cd88ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。