柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3万円で世界一周旅行ができる
国内政治全般
いよいよ円ドルが83円台 2010/ 9/ 8 8:58 [ No.97298
koshu53jp
 15年ぶりと言うが今後も円高は止まらず80円までは必然とする空気が支配的になった。

 日銀白川は、相変わらず「注意深く、適切な対応を」の一点張りで、「為替は日銀がどうこう出来る問題ではない」とコメント。

 白川や野田が何か言うたび、とたんに円高が進むところをみると、なかなかどうして結構「どうこう」しているではないか?

 そもそも為替に手を突っ込んで操作しろとは誰も言ってはいないだろう。
 為替はあくまで結果の現象であって、当局の金融政策を市場が評価して決まる。
 言いかえれば意図的なドル安、ユーロ安政策に対し、日本は対応する政策が「何もしない、出来ない」という評価が為替相場を決めており、無策、無能の通信簿であって本来の貿易決済機能とは完全にかけ離れた水準である。

 160円を超えていたユーロが106円、120円だった豪ドルが76円まで円高になっても、まだデフレ警戒のために「量的緩和」すなわちユーロの増刷が必要と言うコメントが英国エコノミストの見方だ。

 日本の様に、10年以上のデフレ状態にあってもなお、当局が口を開けば「日本だけではどうしようもない」を繰り返すうちはどこまでも円高が進み、消滅する中小企業は続出、雇用も激減し、農産物すら自国生産は非効率の代表になり、農業が国家の重荷、邪魔な産業となって行くだろう。

 菅総理が「一に雇用、二に雇用、三に雇用」と言い回っているが、彼の発想はまことに社会主事的限界を超えることが出来ず、内需拡大の美名のもと、子育てや介護に新規雇用が可能と言うに過ぎない。
 その費用原資は結局コストであって、右のお金を左に移すだけ、蛸が足を食うに似て税収が増える産業創設とはならないことに気が付いていない。

**********
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-25326120070329
世界のヘッジファンドの資産残高が前年比30%以上増加し、総額が2兆ドルを上回った。
**************

柳 四郎
管総理は工学部・・円高円安・・どちらも日本国家に取り・・影響なし・・と考える。

54兆円の輸出・・51兆円の輸入・・相殺すると・・3兆円の差額・・影響されるのはこれだけ。

だが損の出た企業だけ大騒ぎ・・儲けた企業は無言・・メデアは騒ぐ奴だけを書きまくる・・記事で稼ぐ以上当然の現象。

さて 世界のヘッジファンドの資産残高が総額が2兆ドル=200兆円・・これが無政府状態で利益を求めて瞬時に動く。
日銀・日本政府で対応不可能・・・対応しないと言う対応でさらに円が上がる・・・国民の努力の結果円が高くなった…努力もせず上がることは・・濡れ手に粟の儲けだろう・・・1ドル=1円まで上げたら日本国民は遊んで暮らせる・・3万円で世界一周旅行ができる。

米国の企業MGであろうとアップル・マイクロソフト・・幾らでも買うことが出来る!!

工学部出の管総理なら当然の考えだろう。

余談・・昔円が80円台の時にヨーロッパに行った・・すべてが実に安かった・・円高は国民に取り極楽だ。



スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2888-32b4e9d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。