柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ソ連崩壊になんでドイツが出てくるの?
国内政治全般
Re: mitsukuni2008 さん  2010/ 9/ 8 8:05 [ No.97293
mitsukuni2008

柳 四郎
小室直樹が予測したソ連の崩壊が官僚の腐敗制度によるものだと・・日本もとっくに崩壊してるはずですね!!

mitsukuni2008
●君は共産主義国家の特権階級の実態を知らない。
日本の官僚など、足元にも及ばない。
まあ、日本も崩壊していることはしていますがね。

柳 四郎
君も資本主義国家の特権階級の実態を知らない。
日本の官僚など、足元にも及ばない。

如何に小室直樹の予測が間違いであるかが判りますね。

mitsukuni2008
●しかしソ連が崩壊したことは事実です。
小室の予測した通り。
日本がソ連と同じではないから小室の予測は間違っている?
とんでもない論理の飛躍です。

柳 四郎
実に唐変木な論ですね・・衣食満ち足りてソ連人民が共産主義に対する夢を失った時・・これが事実です・・衣食満ち足りて夢を失ってる状況は現在の日本と同じですね・・・。

mitsukuni2008
●衣食満ち足りて?
スーパーの裏庭に積み上げられた隠匿物資や、いなかのフリーマーケットの野菜の山が根拠ですか?
旧東ドイツに初めて行ったときに第一印象で思ったことは、女性の体の華奢なこと、男性もやせ細ってひょろひょろでした。
西ドイツのドイツ人はでっぷり、がっしり太っているのに同じドイツ人でも東側の人は日本人よりも華奢でした。
長い間の食糧事情がそうさせて来たのです。
君が何と言おうと現実が証拠です。
共産主義国に飽食など一部の特権階級以外には縁のない話です。

柳 四郎
どうも君は多動症・・ソ連崩壊になんでドイツが出てくるの?

僕が見たソ連人は実にがっしりして脂肪太り・・芋太りでしたよ。

さてドイツですが・・当然ソ連に搾取されソ連より状況は悪かったでしょうね。

さてどちらが幸せだろうか?

mitsukuni2008
●君は北朝鮮の脱北者の話を知っているだろう?
文字通り国境の境目が命の境目なのです。
東ベルリンでも同じでした。
東ベルリンの地下には西ベルリンの地下鉄が、戦前のままの路線で走っています。
当然東の領域には旧ドイツ帝国時代の地下鉄の駅があります。
しかし、駅は封鎖されて電車は通過します。
乗り降りはできません。
当然そこから西側に逃亡しようとする人もいるわけです。
トンネルをたどっていけば逃げられるのです。
したがって誰も乗降客のいない地下鉄の駅にこうこうと電気がともり銃を構えた兵士が見張っているのです。
この地下鉄の駅だけでなく、いわゆるベルリンの壁を乗り越えて逃亡しようとして命を落とした人も数知れずいます。
自分の意思でどこにも行けない、壁の向こう側にいる身内にも自由に会いに行けない。
親殺し子殺しの日本とどちらが幸せ?
親殺し子殺しだって自分の意思でしょうが?
比較すること自体が間違っていますよ。

柳 四郎
ロスからメキシコへ・・実に簡単に車で超える事が出来ます・・とたんに道は悪く車もぼろ・・人々も貧しく・・さてこんなことをいくら話してみても無意味ですね。
比較すること自体が間違っていますよ。

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2887-ba2a57e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。