柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内政治全般
Re: mitsukuni さん 3 2010/ 9/ 6 18:46 [ No.97186
mitsukuni2008

柳 四郎
資源確保の競争で中国は世界中で資源を抑えていますよ・・軍隊など全く役に立ちません。

mitsukuni2008
●冗談でしょ。
中国はあるときは軍事力で、あるときは経済力で世界を凌駕しています。

mitsukuni2008
例えば台湾、たとえばチベット、たとえばウイグル

柳 四郎
国内問題を持ち出さないことです

mitsukuni2008
●チベット問題や台湾問題を国内問題と片付けるのは当の中国だけでしょう。

柳 四郎
チベット問題や台湾問題=国内問題ですよ。
しかもここで論じてるのは「中国はあるときは軍事力で、あるときは経済力で世界を凌駕しています。」
この論でどうしてチベット問題や台湾問題が出てくるのですか?論をすり替えないでください。

mitsukuni2008
いずれにしてもアメリカと中国は台湾問題などで取引をしています。
アメリカにとっては極東で緊張状態を継続させたいのです。
台湾の独立を望まず、「現状維持が望ましい」と明言しているのです。
中国には台湾に深くかかわらない、という条件で、その代わりに為替で妥協をしています。

柳 四郎
ここでは君の推測は問題にしませんので、無視します・・というには僕の推測を延々と話しても・・あ~~そうですかで終わりですから。

mitsukuni2008
前にも言いましたがドンパチやるだけが軍事力ではありません。
軍事力を行使しないのであればなぜ軍隊を持つのですか?

柳 四郎
世界に204カ国ある国で0~5万の軍隊の国が160カ国です・・ほとんどの国が軍隊を持たずに存在している事実を理解することです。

日本も当然0~5万の軍隊で160カ国の一つとして存在できるのですよ。

このように不要な軍隊を持つ必要はありません0~5万の軍隊で日本は存在できるのですから。

mitsukuni2008
軍隊は存在するだけで軍事力であり、脅威なのです。
そして外交ではその脅威が後押しするのです。
これも世界の常識です。

柳 四郎
君の常識と世界の常識とはまるで異なると言うことで・・君は非常識だと言うことです。
ーーーーー
日本は資源の小さいことで尖閣は採算が取れないから放棄して・・資金援助だけをしたのです。

mitsukuni2008
●変ですねえ。矛盾してませんか?
放棄したのに何で金を出すのですか?

柳 四郎
当時は日本は経済大国ですし中国は貧困国家ですから当然のことでしょう?
君は尖閣の石油開発の歴史的事実を知らずに話してるのです・・日本国民の殆どと同じ無知だと言うだけですよ。

mitsukuni2008
資源が小さいって、ではなんで今になって騒ぐのですか?

柳 四郎
民主主義では世論で政府が右往左往します・・・冷静に動きません・・どう見ても尖閣は資源量が少なく採算が取れないので・・・どうぞ中国独自に開発してください・・資金だけは提供しますよ・・で石油が出ると・・勝手に開発するな共同にしろ・・これが日本政府の論です・・こんなバカな国ですよ・・民主主義国家の宿命です。
で政府が開発すべき会社を探しても・・どこも手を挙げません・・当然です採算が取れないことを石油会社は知ってるのですから。

mitsukuni2008
第一尖閣問題は領土問題でしょ?
こんなあいまいな話にするわけがないでしょう?

柳 四郎
中国・日本が固有の領土だと主張です。
すべて解決できないことは・・あいまいですよ。

尖閣を持って領域を離れる・・と他の本に書かれています。ここまでが中国だと。

mitsukuni2008
●他の本ってなんです?
『順風相送』ではなかったのですか?

柳 四郎
本はたくさんありますよ・・中国には4000年の歴史が書かれて残っています。

しかも尖閣は交易海路の銀座通りに有ります・・・たくさんの文章が残っているでしょう・・日本だけでも620年ごろから中国交易ですよ。

その本の一つに尖閣を持って領域を離れる・・と書かれた本があります・・当然そこまでが中国の領域であるとの意味です。
ーーーーーー
残念ながら日清戦争時の日本の領有権の根拠が消えたのですから・・その後の資料は無意味です。

mitsukuni2008
●残念ながら尖閣諸島は日清戦争で中国から割譲をされたものではありません。
それ以前からずっと日本の領土ですよ。

*******
日清戦争
1894年(明治27年)7月から1895年(明治28年)3月
日清戦争が日本側の優勢で終幕を迎えつつあった1895年1月14日、日本政府は「いずれの国にも属していない「無主地の先占」ことを確認したうえで尖閣諸島を沖縄県に編入した
********

柳 四郎
事実を理解することです。

1895年1月14日以前・・・尖閣諸島は日本領でではなかったことを・・明治政府が証明しています。

国民の無知は仕方がありませんが・・メデア・評論家・政治家の無知は許されません・・だがだれ一人この事実を話そうとしません・・話すと稼げない・・当然話しません・・メデアが報道するのは稼ぐためです。

柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える

これが僕のブログの命題です。



スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2880-63993533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。