柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内政治全般
Re: sliverstranger   さん 2010/ 9/ 5 3:53 [ No.97079
sliverstranger

柳 四郎
実に現状把握した論・・でどうしたらいいのですか?
皆と同じで批判の大合唱に和するだけですか?

sliverstranger
だから、「新産業への展開」と「高齢者社会への対応としての介護福祉産業の基盤整備」だといっておるのだが?^^;

柳 四郎
読み飛ばしてた様で・・さて、「新産業への展開」政治家の言うような空論ですか?
・・介護福祉産業の基盤整備」税金を使ってさてどこから生産するのですか?なにも生みませんよ。
花見酒ですよ。

日本が米国に集中豪雨のごとく輸出して・・・繊維雑貨・・次に家電・造船・・機械と潰して・・最後の車さえつぶそうとしてる・・同じ事が日本にも起きてるだけだ・・いずれ日本の産業と言う産業は更地となる。
次には米国同様に・・農林魚鉱業・・・小麦と大豆とトウモロコシを輸出して・・・材木を・・・さけます・・石油・無だが・・確実に米国の後を追ってるのだ。

sliverstranger
だから、「経済発展段階説」がマキシマムに達し、今や、その転換点となり、逆転現象・・・新興国の台頭と先進国の没落・・・が起こりつつあるといったはずだw^^;

柳 四郎
「経済発展段階説」がマキシマムに達し・・・何だか難しそうですね・・単なる賃金格差・・日本の時給800円に中国の80円・・に負けただけですね。

先は読めるのだから・・行くべき道は決まってるのいだから。
既に宮崎県知事が叫んでる・・幾らでも仕事はある・住むところも・・食も職もあると。
だがだれも呼応しない・・ゆくべき道は明白に・・見えてるのだ!!

sliverstranger
ふふふふ
一旦、金持ちになって贅沢な体験をした者が、元の汗水たらしてせっせと働く勤勉に戻ることなど、到底、考えられなくなってしまう・・・
これが、欧米諸国民や日本国民のマス・トレンドだw^^;
まさに、待ちぼうけの木こりのごとくである・・・w^^;(苦笑)

柳 四郎
何だか念仏のようですね~~

sliverstranger
その揚句に基軸通貨+軍事的優位をバックの覇権に乗っかって米国政府がやらかしたのが、アフガン・イラク戦争であり、そのためのベトナム以来のドルの垂れ流しに加え、グラススティーガル法解禁によるマネー錬金術=金融工学による金融資本経済であるw^^;
しかし、08年のリーマンショックによって、この経済錬金術はあえなく破綻した・・・w

柳 四郎
要は冷戦崩壊後の産軍共同体の圧力で・・共産主義との戦いを・イスラムとの戦いに転換した。

膨大な資本の用途をなくして・・博打場に投機。

sliverstranger
現在進行しつつあるのは、その後の中国・インド・中東をはじめとした新興国の経済戦略であり、それに則った経済の急速な発展である。
それに伴って、これまでの日本の経済戦略であった技術優位の貿易立国政策は完全に瓦解した・・・w^^;

柳 四郎
日本の時給800円が中国の80円・・に負けただけですね。

sliverstranger
円高株安デフレという現在進行しつつある国内での経済現象は、バブル崩壊後20年、日本が国内問題で混乱頓挫し、まったく国家政策として総合的な経済政策に対応不能の状態が続いてきた結果でもあるw

そこで出てきたのが、「東アジア共同体構想」だ・・・w

しかし、これとて、メインは台頭する中国が中心となって進められつつある経済戦略の一環に迎合しているのみで、日本にはその主導権すらないに等しい状態である。

柳 四郎
米国の金魚の糞から中国の・・漢委奴国・・いずれにしても主導権などない。

sliverstranger
だが、中国、インド、タイ、インドネシアの国々で進行しているのは、欧米や日本など先進国への追従であり、まだ、完全にイニシアチブが彼等の手中に移行したわけではないw^^;

柳 四郎
だがすでに中国は第2位の日本を抜いてる。

sliverstranger
今後は、軍事も含めて、米国vs中国の水面下のでの駆け引きが激化するだろうし、それは、1・・マーケットにおける優位性のための新たな競争をもたらすこととなろう・・・w

柳 四郎
1・・マーケットにおける優位性で米国は何も持ちませんよ・・昔中曽根総理が日本国民に1ドルずつ米国製品を買うようにと・・だが日本国民がほしい商品はなにもなかった。
初めから米国は完敗しています。

sliverstranger
したがって、その間に立つ日本がなすべきは、日米同盟をバックとした軍事的安定の継続のもとに、中国・インド・中東諸国に対峙すべく、経済的優位の確立のため、「知的財産権」の保護・・・単に特許権の保護に留まらず、人的資源の囲い込みとそれを国内に集約し、国内の知力を結集して、環境エネルギー産業分野に特化した新産業戦略を即刻実施すべきであるw
過去日本が成功した要因として、米国の基盤科学技術を経済へうまく応用することで、産業として展開することができたことが指摘される。
今は、こうした原点に回帰し、一から再出発すべきなのだw^^;

柳 四郎
過ぎ去った栄光の過去よもう一度・・・何とも情けない話ですね。

sliverstranger
しかし、新興諸国は、すでにこれらの新産業戦略に対する投資を国レベルで大々的に推し進めようとしているw

このままで行くと、日本は、早晩、現在のアフリカ諸国レベルまで、経済的地位も低下しかねないw

ついでにいうならば、かつて、「ジャパ行きさん」というのが、東南アジア諸国でのトレンドだったが、今後は、それとは全く逆の「ジャパ来たさん」(日本からの出稼ぎ労働者)がトレンドになるだろう?^^;(苦笑)

柳 四郎
既に過去の日本から未来の中国へ・・相当数の跳躍力のある日本人が・・行きました残るは怠惰な日本人だけ。

sliverstranger
「東アジア共同体構想」で不足する労働人口を移民として受け入れるどころの騒ぎではあるまい・・・?^^;(爆笑)

それも、ひとつの自衛的「経済対策」なのかもしれない・・・w^^;(苦笑)

「円高」が国際経済で容認される限り、物価や賃金が新興国レベルになるまでは、この傾向は続かざるをえないだろう?

柳 四郎
日本の時給800円が中国の80円・・に負けただけですね。

その中国の時給が400円になりインドの100円に負け始めてる。

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2861-1ac487de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。