柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根拠なしでは論じることが不可能ですから。
国内政治全般
Re: mitsukuni さん  2010/ 9/ 4 18:24 [ No.97076
mitsukuni2008

柳 四郎
ナチの戦没兵士     1) ビットブルク・コルメス丘の顕彰墓地  
2) ハルベ・中央墓地(森の墓地)
3) フランクフルト中央墓地        
4) トレプトウ戦没赤軍兵士追悼所

ナチの戦没兵士はすべて墓地に埋葬されているだけです・・・新興宗教の英霊・神として祭・祀られてはいません。

mitsukuni2008
●あなたは話をあらぬ方向に捻じ曲げていますね。
もともとこの議論はあなたの投稿、

柳 四郎
ネジ曲げてはいません論展です・・当然論は展開していきます。
「???大日本帝国を滅ぼした馬鹿兵士を!!!」

mitsukuni2008
に対して私が。
●柳四郎さん、あなたの意見はほとんど賛成できるものですが、この言には賛成できかねます。
第二次世界大戦での兵士には、自分の意思も意見も反映させることができなかったのです。
いわば将棋の駒のようなもので、将棋に負けた責任は駒にあるのではなくあくまでさし手にあるのです。
国家によって強制的に招集され、強制的に戦地に送られて、強制的に体当たり自爆まで命じられて、命令に逆らうことなどできなかったのです。
そんな「駒」のような人たちに責任はありません。
馬鹿兵士とはいいすぎだと思います。

と反論したのが始まりです。

それに対して君は、兵士に責任があると言う根拠として「ドイツではナチの兵士は祀られていない」と反論したのです。

それで私は、現実にベルリンにはノイエヴァッへに無名戦士の墓と言う鎮魂施設があるといったのです。

ここですでにあなたの説は崩れています。
1・・ドイツでもナチの兵士も祀られていますし、だれも兵士に罪があるとはドイツ人も思っていないということです。
君は兵士に罪があるから祀られていないといったのですから、祀られているということは君の話は根拠がなくなった、ということです。

柳 四郎
1・・ドイツでもナチの兵士も祀られていますし・・・祀られていません・・これが事実です。
鎮魂施設はどこまでも祭る祀る施設ではありません・・理解が出来ませんか?
鎮=鎮める・・死んだ兵士の怒りを鎮めるのです。

だが日本では靖国という新興宗教に祭られている・・・大日本帝国を滅ぼした馬鹿兵士を祭るな!!
ドイツ兵士のごとく墓に弔え・・ということです。

mitsukuni2008
では誰に責任があるのか?
私は政府と、軍の上層部の決断の悪さを指摘しました。
彼らには、情報を隠し、いたずらに戦争を長引かせて、致命的な敗北を招いた責任があるといったのです。

君は政権は国民が選んだのから、政府に責任があると言うのであれば、国民に責任がある。
さらに兵士は国民だから、結局は戦争の責任は兵士にある、1・・・などと言う怪説を繰り広げたのです。

柳 四郎
1・・・などと言う怪説を・・・ではありません・・民主主義の基本を提示しただけですよ。
貴方が民主主義の基本理解してないだけですよ。

mitsukuni2008
要するに戦争責任は兵士にある、と言う論を展開するために、と言うよりも1・・・責任は首脳部にあると言うことを認めたくないばかりにあれこれ言い張りしているだけのようですね。

柳 四郎
1・・・責任は首脳部にあると・・はじめから認めていますよ・・同時に兵士にも国民にも責任がある・・君のように一人政府=器に・・に責任を転嫁するなと。

政府=器に・・コラーのボトルに責任を転嫁するなと、政府など単なる組織だ・・煙のごとく消える。
飲み捨てた・・コラーのボトルに責任を転嫁するなと。

mitsukuni2008
靖国やナチスを持ち出しても、戦争の責任、特に日本の場合の終戦処理のまずさの責任はまぬかれません。
私は戦争を始めた責任を言っているのではありません。

大政翼賛政治を行い、大本営発表、情報操作を行って戦争をとことん長引かせて、原爆やソ連参戦を招き、完膚なきまでに叩きのめされて今に至るまで、謝罪を強要されると言うような、国民とその子孫に大きな損害と犠牲を強いた、その責任があると言っているのです。

戦争を長引かせたのは兵士の責任ですか?
靖国問題や、東京裁判など関係ありません。
終戦の決断の青写真もなく、いたずらに決断を遅らせて致命的な敗戦を迎えた責任は軍事政権にあるのです。

柳 四郎
さて終戦処理のまずさ・・当然何かと比較せずに・・・まずさ・うまさ・・比較できませんね。
ヒットラーの方が終戦処理がうまかったのですか?
ヒットラーの軍事政権の方が終戦処理が上手でしたか?

違うでしょう日本の天皇の一言で整然と終戦した日本の方がよほどよほどうまく終戦していますよ。
ま~~千島樺太のように天皇の命を無視してソ連軍と戦火を交えて壊滅した兵もいます。

君の論は単なる君の説にすぎません。

君の説など幾ら展開してもその根拠を提示せず・・では無意味です・・論はすべて根拠を提示することでしか成り立ちません・・説は・・どこまでも説です・・無意味です。

最近のウイキニ・・書き込みには根拠を提示・・と書かれていますね・・根拠なしでは論じることが不可能ですから。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2860-cfd1b616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。