柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切りのないぐるぐる回りが始まりますよ
国内政治全般
Re: mitsukuni さん 1 2010/ 9/ 2 10:46 [ No.96956
mitsukuni2008

柳 四郎
民意を無視しする政府を選んだ・・・国民の選択が間違っていたということですよ。

mitsukuni2008
●ダメですよ、いくら奇弁を弄しても。
君の説によると国民の選んだ政府は何をやってもやり放題になる。

柳 四郎
その通りですよ・・・民主主義で選ばれた米国政府はアフガンイラクで既に100万近いアフガン・イラク人を殺傷していますよ。

mitsukuni2008
責任はすべて選んだ側の国民にある?
買った株が上がったり下がったりの自己責任とわけが違うのですよ。
政治家には人格も意思もあるのだよ。

柳 四郎
政治家には人格も意思もある=政府ではありません・・勘違いされませんように。
どうも論の説明がおかしいですよ。

何度でもいいますが大日本帝国政府が消えました・・だれが崩壊した日本の責任を大日本帝国政府取りましたか?

自民党政府が消えて八百兆もの負債が残りました・・自民党政府が責任を取りましたか?

自民党を支持した国民がすべての責任を取るのです。

mitsukuni2008
私が君から金を借りた、そしてそれを返さずに逃げた。
これは君の責任ですか?
私には責任はないのですか?

柳 四郎
君に責任がありますよ・・だが死んでしまったらどうですか・・返す力が無かったろどうですか?

貸した僕しか責任はとれませんね。
どうも論の説明が変ですよ・・なるべく例え話は使わないことです・・僕が例え話で反論したらどうなりますか?
幾らでもたとえが続くだけですよ。

mitsukuni2008
君の説によると「詐欺罪」など成立しなくなりますね。
だまして契約したら、詐欺師側は無罪ですか?
JR西日本の電車事故、JR側に責任はないのですか?
君の屁理屈通りなら、時速100Kmで走る電車は物理的にいえば、「絶対に」事故は起こさないとはかぎらない。
乗客はそんな当たり前のことを承知で乗ったことになりますね。

柳 四郎
詐欺は違法です・・問題をすり替えないこと。
電車事故・・すでに違法性が証明されています・・ここで君が提示したものに僕は答えませんでした・・意味がわかりませんか・・提示したものに意味がないからですよ。

でその選挙で選ばれた独裁政権をどう倒すか・・これもヘロドトスの領域です・・同じ事が歴史上無限に繰り返されています。

mitsukuni2008
●論理破綻していますよ。
独裁政権を倒す=独裁政権は悪、ということですね。
世の中の出来事は人間の意思で決まるものとそうでないものがあります。
人間の意思で起きることは起こした人間の責任が問われます。
子供でも分かる、当たり前のことです。

柳 四郎
独裁政権が悪いとは言ってません・・・善悪で答えるべき・考えるべき問題ではありません。

民主主義の問題です間違えないように。

君のように責任を人に転嫁したら簡単です・・政治が悪い政府が悪い・・すべて国民の責任です。

mitsukuni2008
●奇弁ですね。
ウサギとカメの競争、ウサギはカメに永久に追いつけない。
初めに100mあった差がウサギがその100m進む間にカメは50m進む。
さらにその50mを追いかける間にカメは25m進む。
ウサギがカメとの距離を詰める間にカメは常にその半歩前を進むから、こうしてウサギはいつまでたっても追いつけない。
これが奇弁、言葉のお遊びであることは分かりますね?
君の言っていることはこれと同じようなことです。

柳 四郎
無意味な論に答えません。

mitsukuni2008
●負債(補償)を背負うことと責任の所在は同じとは限りません。
混同しないでくださいね。

柳 四郎
どこが違うのですか?

mitsukuni2008
●分かりませんか?
例えば親の賠償金を子が支払う場合。
子は自分に責任(罪)があるから支払うわけではありません。
子に賠償責任を拒否する権利があるなんて、反論にはなりませんよ。

柳 四郎
子に賠償責任を拒否する権利はありますよ・・・??何の話ですか?

親の責任を子が背負うのは親の残した財産内で負うだけですよ・・負債が多ければ放棄していいのですよ。

残念ながら兵士=国民です・・・自分で選んだ政府の軍隊の命に従う・・戦場で民主主義はありません・・命に従うだけです・・だが選んだ政府は兵士・国民の責任です。

mitsukuni2008
●矛盾してますね。ウサギとカメのような奇弁です。
言葉のお遊びにすぎません。
君のブログに載せてください。

柳 四郎
君の反論は・・反論にはなりませんよ。
なるべく・・例え話は使わないことです・・同じように例え話で反論されたら無意味ですから。

日曜日と論争してますね!!お疲れさんです・・犬の尻咬み論で・・元に戻って自分の尻尾をもう一度咬んで

切りのないぐるぐる回りが始まりますよ。



スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2845-d715716b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。