柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内政治全般
Re: mitsukuni さん 2 2010/ 9/ 1 3:25 [ No.96896
mitsukuni2008

柳 四郎
小泉さんが朝鮮に飛び5人を返してもらいました・・軍隊ではできないことです。

日本は世界第3位の軍事大国ですが・・拉致被害者の返還を要求しても果たせないですね・・軍隊で何も解決できないと言うことです。
現実と幻想を混同しているのはあなたですよ。

●小泉外交など論外です。
たった数人返して、あとは死亡した、はいそうですか?
冗談ではない。

柳 四郎
では他の誰かが成功しましたか?

誰も成功していませんよ!!

少なくとも5人を返してもらい・・拉致を認めさせた!!今までは拉致すら認めていませんでした!!

その後はどうですか??日本の経済制裁に・・恫喝・・交渉拒否・・何の進展もありません!!
世界有数の日本軍が何の役に立ちましたか?

mitsukuni2008
外交に軍事力が裏打ちされているのは常識です。
軍事的圧力が外交に働いていないと考えるほうがおかしい。
世界に独立国がいくらあろうとも、それが軍事力否定の理由にはなりません。
それぞれの国の存在理由が異なるからです。

柳 四郎
君の常識だと・・0~5万の軍隊しか持たない160カ国はすべて外国交渉する力がない!!
となります・・だがこれら160カ国は堂々と外交していますよ!!君の常識が間違いです。
軍隊など持たない国で立派に存在して外交をしています・・世界の常識です。

mitsukuni2008
あなたも言っているように今や陣取り合戦ばかりではないのです。

柳 四郎
1945年までの国取り戦争とそれ以降の戦争と全く戦争の意味が違うことをまず理解することです。

これが明確に理解出来ると・・国を守る為の軍隊が不要であることが明白に理解できます。

mitsukuni2008
資源確保の競争なのです。

柳 四郎
資源確保の競争で中国は世界中で資源を抑えていますよ・・軍隊など全く役に立ちません。

mitsukuni2008
陸上で産出する資源などは所有がはっきりしているのでビジネス関係でやり取りできますが、海洋資源はそうはいかないことは尖閣諸島で実証済みです。
日本はなぜ尖閣問題で手をこまねいているのですか?

柳 四郎
歴史的事実をまず理解することです・・・

尖閣問題・・資源確保・・日本政府はすでにこれを放棄しています・・中国が共同開発を持ちかけたときに、日本政府は断り、開発費用だけを中国に提供しました・・ところが石油ガスが出ると俄かに日本政府は中国に文句をつけたのです!!・・この理不尽な日本に対して中国は真摯に再度共同開発を提示しています。
これが本当の外交交渉ですね。

***********
尖閣諸島領有権問題- Wikipedia
日清戦争が日本側の優勢で終幕を迎えつつあった1895年1月14日、日本政府は「いずれの国にも属していないことを確認したうえで尖閣諸島を沖縄県に編入した」との見解を現在(2008年6月)の日本政府は出している。

1403年(永楽元年)に著された『順風相送』という書物に釣魚台の文字が有る。
************

柳 四郎
日清戦争時に日本が沖縄県に編入した(政府が精査し・・「無主地の先占」であることを根拠に)・・=それ以前は日本の領土ではなかったことを・・・日本は認めしまった!!・・と言うことです。

中国は1403年(永楽元年)に著された『順風相送』という書物により自国領土であることを主張している。

さてどちらの領土であるかこれで明白ですね。

日本の言うところの・・根拠「無主地の先占」・ではないことが明白ですから。

mitsukuni2008
なぜ北方領土を返還してもらえないのですか?
軍事力以外に合理的な説明ができますか?

**********************
日ソ共同宣言『ウィキペディア(Wikipedia)』
日ソ共同宣言(にっそきょうどうせんげん)は、正式には日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言(昭和31年12月12日・条約第20号)と言う。1956年10月19日に日本とソビエト連邦がモスクワで署名し、国会承認をへて、同年12月12日に発効した外交文書(条約)のこと。これにより両国の国交が回復、関係も正常化した”が、国境確定問題は先送りされた”。日ソ国交回復共同宣言ともいわれる。

1956年10月12日、鳩山首相は河野農相などの随行団と共にモスクワを訪問し、フルシチョフ第一書記などとの首脳会談が続けられた。焦点の北方領土問題は、まず国交回復を先行させ、平和条約締結後にソ連が歯舞群島と色丹島を引き渡すという前提で、改めて平和条約の交渉を行うという合意がなされた。

10月19日、モスクワにおいて鳩山首相とソ連のブルガーニン首相が共同宣言に署名し、12月12日に発効した。
*******************

柳 四郎
”・・・”の”は僕が入れました・・この文章が無意味なので。

平和条約締結後にソ連が歯舞群島と色丹島を引き渡す・・事が両国会で批准されました。

平和条約締結してないので・・・歯舞群島と色丹島・・はいまだに返還されていません。

平和条約を締結したら・・・歯舞群島と色丹島・・2島だけが返還されます。

良いですか・・・日ロ間で既に歯舞群島と色丹島返還が確定してるのです・・それ以外は日本は放棄しています!!

ところが日本政府はこの・・両国会で批准された日ソ共同宣言を無視して…4島返還を迫りました!!

当然ロシアも日本の要求を無視しています。

このように日本国政府の傍若無人な行動は交渉相手を無視する酷いものですよ!!

君のような識者がこのような基本知らずに国を動かしてるのです・・日本が道を間違うことも無理はありません。

日本の迷走は国民の無知から来ています。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2830-1866607b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。