柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで日本も歴史を先に進めることができる
国内政治全般
Re: ryushiro3987 へ 2010/ 8/26 0:40 [ No.96633
mitsukuni2008

mr13children13
ま、、バビロンの復活した国家のアメリカは、崩壊するかもしれん。
ソビエト連邦が、崩壊したように。
 で、、陰謀論の本では、、世界は、シナ共産党的な、国家主導的な資本主義が、目標になる、、、と、書かれている。

mitsukuni2008
1・・・●かつて小室直樹が「ソヴィエト帝国の崩壊」という著書で、ソ連の崩壊を実際の崩壊の10年も前に予言(予告)したことがある。
1982年にその本を読んだときは全くノンフィクション的な物語として受け止めていたが、実際その通りになって驚いた記憶がある。

2・・簡単にいうと硬直、肥大化した官僚主義が国を滅ぼすというものであった。

その論で行くと、

3・・・アメリカよりも中国と日本の崩壊のほうが早い?

柳 四郎
誰の言かを明確にしてください。

1・・・●かつて小室直樹が
だれでも崩壊の予測していたのでは?

1912・・・共産党政権が出来て…農奴社会が一挙に近代工業社会へを変貌して・・世界の工業国として米国をも抜く発展を遂げ宇宙開発とミサイルを持った・・国民の餓死を防ぎ・社会整備を終わり教育・医療・福祉を充実・・国民は生きる権利を獲得したが・・・豊かにはなれなかった・・衣食足りても豊かさとは無縁・・豊かさは心の問題だ・・心の問題を国は解決できない。
1991・・・共産党政権崩壊。

2・・簡単にいうと硬直
君は勘違いしてるよ・・ま~~この説はほとんどの学者・評論家・メデアの通説だが・・。

国民は衣食足りて豊かを求めた・・だが豊かさ(心の問題)を国は解決できない・・・日本の現状見ると同じ問題に直面している。

衣食満ち足りて・・豊衣豊食・・国民は豊かではないと・・餓えにさいなまれている。

ものがあふれて・・もの(ゴミ)に埋もれて・・餓えにさいなまれている。

3・・・アメリカよりも
米国は世界中から貧民が流れ込んでできた国だ・・国もとに残った貧困・困窮した生活を絶えず見て恐れてる・・。

米国での自己の貧困など貧困のうちには入らない・・豊かさを知る・・世界で唯一幸せな国民だ。

中国はソ連と同じだ・・・清朝末期・・膨大な国民が餓死を繰り返す停滞した国家を・・毛沢東が政治で解決して・・国民の餓死を防ぎ・社会整備を終わり教育・医療・福祉を充実・・国民は生きる権利を獲得した・・ソ連はここで崩壊したが・・中国は小平が資本主義を取り入れて・・国をさらなる発展へと導いて・・今や有史以来の栄華を誇ろうとしている・・。

6000年の歴史を誇る商人の国・・これが中国だ・・武・暴力は商人の敵・・平和でこそものが動き利益が出る。

鄭 和 1371年 - 1434年中国明代の武将。永楽帝に宦官として仕えるも軍功をあげて重用され、南海への七度の大航海の指揮を委ねられた。
鄭和の船団は東南アジア、インドからアラビア半島、アフリカにまで航海し、最も遠い地点ではアフリカ東海岸のマリンディ(現ケニアのマリンディ)まで到達した。

軍を出してるが平和貿易軍団だ・・ま~~儲からずに中止となった。

日本・・・有史以来の平和国家だ・・だが明治以降欧米の合理主義(不合理)を取り入れて・・近隣諸国を蹂躙したが・・間違いを悟り・・謝罪賠償をしたが・・今だに欧米の合理主義(不合理)を捨てずに・・中東までも武力解決を・・と軍を出す。
壁にぶつかり右往左往してるのが現状だ。

小沢氏がこれを解決してくれるだろうが・・国民はとてもついてはいけない・・国民の理解を逸脱してるから。

ぼくの国連軍同様だ。

鳩山小沢政権で米軍駐留をなくそうとして・・挫折したが・・小沢氏は駐留なき安保を強行するだろう。
中国と親密国家となり・・中国空母の脅威と朝鮮の脅威が消えて・・安保すら不要となる。

これで日本も歴史を先に進めることができる。

現在は冷戦終結で日本の歴史は止まってる。
これを僕の勝手な思い↑込みと皆は見るだろうが事実だ。
自民党の党是は反共・・これが冷戦終結後20年間も日本の政治を停滞させてきたのだ。

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2782-afc5b3b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。