柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由信奉をこそ考え直すべきだと言う・
国内政治全般
Re: metamon199 さん 2010/ 8/24 12:03 [ No.96529
metamon199

ただ、彼はコピペしているだけですよ。

内容理解は殆ど絶望的だと思いますよ。
だから頓珍漢な解釈を披露するだけとなります。
知識はあることは認めますが、言っていることがあまりに
頓珍漢です。最初に結論ありきだからでしょうか?
主張と論拠がかみ合わないのです。

会計の専門家が、取引(勘定)の二面性を知らない???
増刷って、紙幣を刷るだけを意味しているのではありません。
【狭義】ですね。
乗数理論を知らないのか?と言いながら、増刷=マネーサプ
ライの増加=乗数理論【広義】を含んでいることも知らない。

日本は円安という輸出上のメリットを享受する代償として、
金利差を日米が協調して【低め政策、高め政策】をして
マネーを還流させていたのです。

増刷(紙幣を刷らなくても)しなくても、マネーサプライを増やす
ことはできます。だから増刷とは紙幣を刷る事に限定されず、
マネーサプライを増やす政策を増刷に包含する【広義】ことがあり
ます。一言で言うと、回転数を上げれば良いのです。

それが【乗数効果】です。

話はずれますが、現在の円高・ドル安は日米の金利差縮小に
根拠があります。しかし、無限に円高が進行するわけではあり
ません。そもそも金利差は既になくなりつつあるからです。
一説には84円ですね。

無策もなにも・・・需給によって為替は変動します。


柳 四郎
小林慶一郎かな??朝日一面に金融論・資本主義を論じていた・・何だか訳の判らん論をひねくりまわして・・結論は・・資本主義にも共通の道徳が必要だ・・と言う。

マックスウエーバーの焼きまわし・・「資本主義とはキリスト・プロテスタントが・・自己抑制の道徳とともに発展してきた・・」

だがグローバルスタンダードと成つて世界を蹂躙する資本主義にはキリスト・プロテスタントの自己抑制の道徳が分離して・・・利益を求めて自己増殖する機能だけが・・暴利をむさぼって暴走している。

さて小林慶一郎に聞いてみたいのだが・・・資本主義にも共通の道徳・・とはどのような物で誰が作るのか?

一体道徳をひとが作れるのもなのか?

ま~~儒教の孔子も仏教のシッタルダーもキリスト教ノキリストも人に違いはないが・・すべて原本があっての修正だ。
誰がどのようにして資本主義に必要な道徳を作れるのか・・原本をどれにするのかを。

金融資本資本主義と言う論理と実態とをいかに規制するのか・・小林慶一郎に言わせれば・・規制=自由の束縛で・・束縛が必要だと言う・・自由信奉をこそ考え直すべきだと言う・・これはその通りだろう。

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2765-711b25e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。