柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義の壁を解決するのが・・イスラム法じゃないだろうか・
国内政治全般
Re: またデタラメのホラ吹きブラック 2010/ 8/18 17:02 [ No.96351
sliverstranger

>有限の世界から無限の利益を生み出し、無限の蓄積をする事など不可能だという結論に至るわけ。

だから、

投機マネーは、イナゴの大群のように投資市場を巡ってなだれ込み、価格高騰を招いては、利益をあげ移動しているw

しかし、それらの市場は、+-=0のゼロサムゲームの市場だから、そこであげられる利益も実体経済からのものではなく、他の投資家からのものだw

実体経済における市場と投機市場とは、乖離しており、唯一連動しているのは、そこでの商品価格であるw

しかし、価格の高騰も、実体経済が対応不可能なレベルとなれば、需給メカニズムを通じて、需給関係が逼迫し、需要が抑制されることで、やがては、供給も抑制されることとなる・・・w

したがって、「成長の強制」は、結果として、市場メカニズムを通じて調整されることになるw

その結果が、リーマンショックであり、金融危機による世界同時不況とも解されるw

「成長の強制」とは、資本主義システムを銀行が貸し出す際に作り出すお金とその利息によって動かされるシステムと限定的に解釈し、

>有限の世界から無限の利益を生み出し、無限の蓄積をする事など不可能だという結論に至るわけ。

と結論づけてはいるが、市場メカニズムこそが、資本主義経済システムの最大のメカニズムであり、そうした現実を看過した陳腐な論理ということであるw

しかし、その根源は、アメリカの過剰な消費システムに問題があったということだw

人々が住宅ローンや、消費者ローン、カードローンなどを行い、身の丈をこえた消費活動を行っていた。貯蓄率がマイナスになるほどの消費を促したのは、消費社会に依存したアメリカの社会システムだった・・・w

サブプライムローンやホームエクイティーローンはその典型だろう。このアメリカの消費社会に世界が依存して世界経済を牽引していくシステムができてしまったw現在の金融危機と経済不況は、そのシステムが潜在的に持っていた歪みの崩壊であるw

金融バブルの崩壊は、極端なアメリカ型消費社会に依存した世界経済の成長システムにも変更を強いるだろうw

チミの指摘にもあるように、地球の資源は有限であり、富も有限である。それを無限であることを前提に消費しつくすことを前提としたシステムがいつまでも続くわけが無いw

しかし、このことを「成長の強制」として「資本主義とは企業は銀行からの利息を返済するために利益を出さなければならならず、銀行が貸し出す際に作り出すお金とその利息によって動かされるシステムである。」と定義づけし、「資本主義の限界」の根拠とするのは、節足といわざるを得ないw^^;

それは、あくまでも、アメリカの過剰な消費システムを前提として成り立っていたこの数年間での経済現象のメカニズムにすぎないからだw

そして、資本主義の最大の機能は、市場経済メカニズムによる「価格調整機能」であり、それは、「成長の強制」圧力をも調整する自浄作用をも包含しているからだw^^;


柳 四郎
資本主義の壁を解決するのが・・イスラム法じゃないだろうか・・僕はそう考える・・金利否定の銀行システム金融システムだ。

ドバイはイスラム金融ではない・・資本主義金融で崩壊したようだし。

だがイスラム教徒でない人には無理だろう。

となると世界で生き残るのはイスラム教徒・・となる・・強い宗教だ・・現にキリストは歴史上敗北続きだ・・イスラムが世界に敷衍してる時・・キリスト教は世界の僻地ヨーロッパに閉塞していた。

マルコポーロが長安にたどり着くまでの苦労がそれを教えてくれる・・その時イスラム人は世界を闊歩していた。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2729-d52e17ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。