柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儒教=現世論です・
国内政治全般
Re: noga13391jp さん 父親を馬鹿にする 2010/ 8/18 7:11 [ No.96333
noga13391jp
riyushiro3987さん、今日は。

柳 四郎
ではどうするべきかです・・・当然儒教を基本にするべきです・・国家を動かすもの・・役人政治家・・すべて儒教の基本を学ぶべきです。

noga13391jp
日本語・中国語・韓国語 (朝鮮語) には、時制がない。
だから、彼らの語る内容は、全て現実の中にあると言ってよい。
非現実の内容も発せられるが重みがない。必ず、奇麗ごとになる。ああ、空しい。
http://sns2.sasayama.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=69580&y=2010&m=1

柳 四郎
時制がない・・これはどこかで論じましたね・・で反論したら・・支離滅裂な答えが戻ってきた・・。

noga13391jp
孔子は、中国人である。
だから、論語に記録されている内容も現世のものに限られる。
'子、怪・力・乱・神を語らず' である。(孔子は、奇怪なこと、勇力のこと、乱倫のこと、神秘なことを口に乗せて主張することがなかった)。
だが、非現実の内容の大切さも理解する必要があります。
http://sns2.sasayama.jp/modules/topic/topic_view.phtml?id=70269&grpcd=112695

中国語には、階称 (言葉づかい) はないが、日本語・韓国語 (朝鮮語) にはそれがある。
階称は、「上とみるか、下とみるか」の判断を表すために使用される。
だから、儒教は日本人・韓国人 (朝鮮人) に受け入れられやすい教えである。中国人のような「批孔」は日本人には、難しい。
中国でも、「下におれ、下におれ」の掛け声で仕事をする役人には、都合のよい教えであった。
http://sns2.sasayama.jp/c.phtml?g=112695

柳 四郎
ではどうしたらいいのかを提示ください・・批判なら誰にでもできる・・あほ~~カラスにもできる。

さて儒教を論じたいのですか?

儒教=現世論です・・・いかに現世を生きるか・・空理空論を排します。

仏教も聖書も未来を語り現世を耐えろ・・と教えます・・この違いですね。

実に簡単だ。

いかに現世を生きるか・・役人・政治家が悪いことしたら罰せられる・・役人・政治家は悪いことしない・・これだけです。




スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2725-4738cd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。