柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間は育つが人は育たない

国内政治全般
Re: 円高を見守るだけの菅内閣 2010/ 8/14 13:00 [ No.96113
in_black83

>最も具体的な対策は「日本政府が円を売ってドルを買いまくるぞ」と宣言し政府、日銀がそのように動けばいい。、G7などの、協議開催を呼びかけ、投機資金の牽制に動くべしである。

日本が単独で為替介入しても効果はない。
米国は、輸出倍増計画を発表しており、米国との協調介入は難しい。
また、欧州も介入を歓迎しないと発言している。
君の頭は金融危機後の変化に対応出来ていないんだよ。
金融緩和とてドル安の原因は米国にあり、日銀が緩和に動いたとしても根本的な解決には至らない。


>具体策のアナウンスもなく行動もない。「注視」しているでは、投機筋になめられるだけ。


米国も欧州もドル安を容認している。
つまり、欧米が円高是正に消極的である為に日本は単独では動けない状況に置かれている。
従って静観するしかない。

>今の円高は投機資金の動きが主たる要因だろ?


円が買われやすい状況に原因がある。
米国の景気が回復しない限り、避難場所としての円は買われ続ける。


>では具体的にどんな方向性でその法案の内容は?


産業構造ビジョン2010が発表されたと教えてあげたのだから自分で調べろよ。
法案としては、エネルギー環境事業の促進と発展を促す為の法案が前回の常会で成立している。


1・・・円高に耐え得る体力を付けなければ生き残れない。
追い込まれれば、円高でも売れる商品開発や技術開発や為替戦略などの真の力が試される。
また、その力を新たな成長産業へと移転して行こうとする努力を怠れば、その企業に未来はないだろう。
お金も人も新たな産業に移動しなければ、停滞からは抜け出せませんよ。
政府に円高を是正してもらおうと期待しているだけの企業は、その時点で終わっているよ。


柳 四郎
円高でも売れる商品開発や技術開発や・・・新たな成長産業へと移転・・・
残念ながら無意味でしょう・・商品開発や技術開発しても・・中国で作ることができるなら中国・低賃金国で作りますから。

日本でしか作れなし製品・・と言うことは・・地場産業・・農・水産・手工業製品・・マンガや芸術・文化製品・お茶お花お香・・でしかない。
とても日本の人口を養える事業などにはならない。

日本国民が低賃金で生活する・・これ以外に方法はない。

今日の朝日か?・・結婚の話が出ていた・・当然日本国民が低賃金で生活する・・結婚せず子供を産まず・・家庭を持たず・・と成る。

青年男女がすべて結婚して家庭を持っなどと言う常識が非常識だと言うことです。

家もないホームレスが結婚して子供を産む・とんでもない非常識ですよね。

だが家を持たないで部屋を借りて所帯を持つ=ホームレスが多すぎる・・家賃を払えなければ即ホームレスだ。

持家でもローンを払う・・払えなければ追い出される=ホームレス。

必死でローンを払い続けて夫婦が家を放り出して・・子供が”人”として育たない・・ただの人間だけが育つ。

人ではない・・人間の群れ・・人でなしの社会が作られる。

家庭を持ち子供を育てるにはそれなりの資格が必要だ・・家があり子育てに十分な収入がありある・・だがほとんどの人がこの条件を持たない。

家も持たず夫婦が必死で働く・・子育ての条件など全く持たずに子供を作る!!

とんでもない非常識だ。

人間は育つが人は育たない。




スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2691-4f9152a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。