柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かの書いた本の丸写しだ
国内政治全般
Re: 民主党のデタラメ政策=5.44子供手当 2010/ 7/ 5 13:11 [ No.94513
sliverstranger

mitsukuni2008
100歩譲ってお前の言うように家族制度の破壊につながるというのであれば、それは夫婦別姓の結果ではなく、もともと家族というものに重きを置いていない女性の意識の結果であって、その結果が別姓というような主張になっておるのではないのかね?

sliverstranger
これまでの私の経験からいうと、日本人の女性は、そのほとんどが、自分の「実家」にアイデンティティを持っており、結婚することの意味は、「実家」から「嫁ぐこと」「嫁に行く」という意識で捕らえているwだから、夫婦間に問題が起きると「実家に帰らせてもらいます」といって、「嫁ぎ先」から「実家」へ「戻る」ことになる・・・

要するに、彼女たちにとっての「結婚」とは、自分の本来の本拠である「実家」から「嫁ぐ」=相手の家へ「転居」することであり、ある意味で「仮定」「かりそめの関係」といった意識が潜在していると考えられるw

すなわち、彼女たちにとっては、「嫁ぎ先」での「家族」は、あくまでも「血のつながりのない赤の他人」であって、「血縁関係のある実家」こそが、本来の「家族」という意識が強いのは事実であるw
最近、私の周辺にも、夫の死後、数年して、元の籍に戻った女性がいるが、そのことも、この説明を裏付ける事実ということができよう・・・w

柳 四郎
事実だ↑うちの娘も別れてすぐ元の姓に戻してる。

日本も元来・・実家と婚家が明確だ・・・家紋は実家の紋で通す、女紋と男紋がはっきり分かれる。

即ち婦夫別姓が基本だ。

mitsukuni2008
つまり夫婦別姓が家族制度の崩壊という結果をもたらすのではなくて、家族と言うものより、個を重要視する意識が結果として別姓を生み出すのだよ。
順番があべこべなのだよ。

sliverstranger
ほとんどの日本人女性が「個の意識」が高いわけではないwそれは、「社会風潮」として創られたものに過ぎず、彼女たちの意識にあるのは、あくまでも、「血縁関係の有無」であり、それが「家族」という意識の根源となっているw

その証拠に、離婚の際、夫婦間で生まれた子どもの養育権の主張は、女性側に強く、社会(家庭裁判所)も、女性側に養育権を認めるケースが多いw
しかし、その「実家」すらも、そうした前提で成り立っていることも事実であるw

平安時代に遡ると「通い婚」が普通であった時代もあり、もともと
、日本人は「母系制」社会であり、長子を中心とした「家督」を前提とする「家父長制」となったのは、武家社会になってからとする指摘もあるw武家社会から明治になって欽定憲法が施行され、その家督相続制による家族制度が法制化されたが、戦後の新憲法体制により、家父長制たる家督相続制は廃止され、「夫婦の本質的平等」が保障され、家族の平等が「相続」においても認められるようになったw

この中で特筆すべきは、「父系制」中心社会なのか、「母系制」中心社会なのかは、戦争と平和によって大きく左右されていることだw

武家社会や軍国主義の時代のように戦争を前提とする社会では、肉体的に力の強い男性が中心の社会となるが、平安時代や今日のように平和が続く社会では、むしろ、「母親」を中心とした母系制社会の傾向が強まるw

その意味でも、今の時代は、戦後の平和な社会が長く続いているため、父親の権威は希薄となり、母親を中心とした母系制社会となってきているw

と同時に、農耕社会から都市中心社会と社会自体が変化したため、核家族化が進行し、さらに戦後の平等主義の普及もあって、女性を中心とした家族形成の素地ができあがってきている・・・w
****************
そうした中での夫婦別姓の主張ではあるが、オマエの指摘にもあるように、特に日本女性というよりも、在日による要請が強く反映しているとも考えられるw事実、昨年、当方が人材募集をしたところ、最初は、夫の姓を名乗っていたが、仕事を始めるに当たり、旧姓を使いたいとする女性が現れ、なんとその名が「キム」だったからだw^^;

だが、それにもまして、戦後のウーマンリブ、フェミニズムの台頭は、そうした社会背景もあって、男女雇用機会均等法の施行を機に、ますます、顕著となりつつある・・・wその意味では、米国社会の強い影響、戦後日本に入ってきた「平等思想」特に共産主義思想の影響が強くあるといえるw

いずれにしても、そのことが、これまで続いてきた「家」を中心とした「家族制度」そのものを崩壊の危機に追いやって来ていることに変わりはないw

しかも、矛盾したことに結婚式で白無垢やらウェディングドレスを最も重視するのも女性なのである・・・w^^;(苦笑)

白無垢、角隠し、純白のドレスに込められた意味は、いうまでもなく、「心を白紙にして他者との共同生活を共にする家庭を築くこと」であるにも関わらずである・・・w^^;

その意味でも、先に示した韓流スターのオッカケオバサンたちは、その意識と同一線上にある・・・といってもよいw^^;

まさに「平和ボケ日本」の象徴ともいえようw(爆笑)


柳 四郎
君の↑この論は途中まで****同意だがあとは支離滅裂だ。

そか~~判った~「家族制度」の崩壊の理由を・・・君は理解できずに・・支離滅裂になってるんだ。

未だ別姓ではない日本で「家族制度」が既に崩壊してるんだよ・・理由は別なところにある。

資本主義だよ・・個の確立を居求めたのは資本主義だ・・個の労働力が必要なのだ・・資本主義に有用な労働力は族単位では役に立たない・・・個の労働力だ・・派遣を見たらわかる通り全くの個だ・・親兄弟親族家族全く崩壊してる。

最も安い労働力が個だ・・家族なし・・親兄弟親族家族全く不要だ。

これは誰かの書いた本の丸写しだ。が理解できる論だ。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2656-27b06207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。