柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は現状がいつまでも変らないと
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re: rugaruga12 さん 2010/ 7/ 4 12:36 [ No.77492
rugaruga12

rugaruga12 NO77420
その中核である五大国特に米ソ(ロ)あたりは現在進行形で他国を侵略して領土や利権拡大、内政干渉しまくっておりますけど。

柳 四郎
日本が集中豪雨のごとく米国に製品を輸出して(中略)

rugaruga12
この事例を持っていったい何が言いたいのかさっぱりわかりません。と言うか見当違いな事例をあげて誤魔化すのをやめてください。

柳 四郎
日本が集中豪雨のごとく米国に製品を輸出して・・米国の産業を壊滅労働者の職を奪う=利権拡大、内政干渉・・・そのものですよ!!

この利権拡大、内政干渉を軍隊で防げますか?

rugaruga12
前記したようにアメリカの中南米対策やソ連(ロシア)の東欧や中央アジアにおける軍事進攻、中国のチベットや中越戦争などもっとわかりやすい事例を挙げてください。

柳 四郎
軍隊での軍事干渉など無意味だと話してるのです。
日本が集中豪雨のごとく米国に製品を輸出・・・これほど判り易い例がありますか?
米ロは軍事力で自国の利権拡大、内政干渉を求めるが・・ほとんど成功してないのです。

だが中国はすでに世界中で経済を持って権益確保・内政干渉を確保してる。


領土拡大した事実を提示ください。

rugaruga12
すでに1945年以降の成功例失敗例とも上がっておりますが。返信する際にはよく読んでからにしてください。

柳 四郎
良く読んだが・・他国軍が進行して領土を拡大して滅びた国はありませんよ・君も中身を読まずに張り付けたのでしょう?

rugaruga12
例:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/syometsu/karat.html

カラート藩王国
1948年3月31日 藩王がパキスタンへの併合に署名し、パキスタン軍が侵攻
いったいあなたは何を読んだのですか?

柳 四郎
カラート藩王国 ・・・
1876年 イギリス保護国のカラート藩王国となる
1947年8月12日 イギリスからインドとパキスタンの独立(15日)を前に、カラート藩王国が独立を宣言

カラート藩王国が独立を宣言 =独立国ではありません独立を宣言をしたにすぎません。
英国は植民地インドを多くのマハラジャ藩王国として分割統治しました・・藩王国これは国ではありません。

日本には340程の藩がありそれぞれが国と称していました・・これと同じだよ。

柳 四郎
数度の中東戦争でどこの国が滅びたの?
アルゼンチンが滅びましたか?

rugaruga12
領土拡大の戦争があるか否かのお話をしているのになぜ国が滅んだかどうかが出て来るのか意味が不明ですな。しかもアルゼンチンのケースは侵略したのがアルゼンチンですのでここではイギリスが滅んだかどうかをあげるべきではないかと
それとも、これは貴方が国際情勢や関係史も理解していないということですかな。

柳 四郎
僕は初めから領土拡大の戦争で国は滅びないと書いています・・領土拡大の戦争=君が書いてるのは・・未確定領土の確定戦争です・・この違いを理解ください。

イラクは・・クエイトを認めてない自国領だと主張だよ

rugaruga12
その主張がまかり通るのならば1945年以前から古今東西にあなた曰く領土拡大を目的とした戦争は存在せず、ましてやそれによって滅んだ国は存在しませんけど。

そもそもクェートは列記とした国連加盟国(1965年)でありそれに対しての武力進攻はあきらかな国連憲章に違反=国際連合をないがしろにしているということですが。
国連や国連軍を賛美している輩が国連憲章を無視するとは自分の主義主張の全面否定か何かですかな。これこそ「あほ~~」の発言でしょう。
***********
現イラクの国土は、歴史上のメソポタミア文明が栄えた地とほとんど同一である。
1921年に前述の3州をあわせてイギリス委任統治領の
1932年にはイラク王国として独立
クウェートは、大戦以前の1899年に既にイギリスの保護国となっていたことから、新たに形作られたイラク国から切り離され、1961年に別の国として独立する。この経緯がイラクのクウェート侵攻の理由となる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%88
***********

柳 四郎
歴史上クウェートは国家として存在していません・・・
イギリス委任統治領クウェートを石油資源権益確保のために、イラクから英米が分離独立させた新植民地です・・当然これをイラクは認めていません、歴史的イラク領土です。

ブルネイと同じでマーレシアが独立するときに米英が石油資源確保のために独立させた新植民地です。
マーレシアもこれを認めてはいません、歴史的マーレシア領土です。

他国軍が進行して領土を拡大し・・滅びた国はありませんよ。

rugaruga12
残念ながら前記の通り滅んでいる国々は1945年以降もありますし、イギリスのように軍隊で防衛できたからこそ侵略を防げたというケースもありますが。

柳 四郎
何度同じ事を書くの?
侵略侵攻の話はしていません・・侵略侵攻して他国を滅ぼした国の話をしています、アルゼンチンもイギリスも滅びてはいません。

rugaruga12
貴方が新聞レベルの国際情勢を何度言っても理解できないから

柳 四郎
米軍がアフガン・イラク侵略してアフガン・イラクが滅びましたか?
新聞レベルの国際情勢の話です。

日本は日露戦争でこれを破り領土を拡大したのだよ・・典型的領土拡大戦争だ

rugaruga12
貴方のイラク流の主張を採用するのであればもともと樺太は日本領であるのにロシアが武力によって全土を制圧した。しかし日露戦争によりその南半分だけでも奪回した。となりますけど。

柳 四郎
すでにイラク流の主張の正しさを書きました。

柳 四郎
なぜなら国連軍だから・・どこも攻めてこない。

rugaruga12
だから朝鮮戦争で北朝鮮とや中国が攻め込んできましたけど。そして現在でも紛争地域の治安維持にあたっている国連軍は現地の武装勢力の標的になっておりますが。貴方が下記した脳内国連軍はどうかは知りませんが。もっとも現実に存在していない以上攻めようがないが。

柳 四郎
現実に存在していない以上攻めようがないが・・・その通りで・・現実に出来上がっても攻めようがないのです。
なぜなら当事国の軍隊が国連軍となるのですから。

僕の国連軍は派遣されませんだから僕の国連軍は現地の武装勢力の標的にはなりません。

rugaruga12
それ以前に「僕の国連軍」は「僕」の頭の中”だけ”にしか存在しませんから現実にある現地の武装勢力の標的のなりようがないだけですが。

申し訳ございませんがここは空想上の組織ではなく存在している組織のお話をしていますので、脳内架空戦記はどうか余所でやってください。

もっとも国際秩序に全く寄与しない国連軍の存在価値なんぞどのあたりにあるのか不明ですが。

柳 四郎
今国会で議論してることは現状をどう変えるか・・未来の姿を論じてるのだよ・・米軍基地の現状を変えて・・県外・国外に移す・未来の話だ・現状など論じていない・・現在の消費税を増税・・未来のことだ・・現状をどう変えるかだ。

君は現状がいつまでも変らないと??

1945年以降軍隊で他国を侵略して滅ぼし・・自国領土とすることができなくなった事実すら理解できないのだから・・常設国連軍の設立など君の思考範囲外・・当然だろう・・だが僕は現状を変える事を話してる。

僕の国連軍は国際秩序を全く変えてしまうのだよ・・米ロの軍隊を全く無用の長物にする。

日本軍を国連軍に編入したら日本国連軍に誰も敵対する必要がない。

スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2639-50977bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。