柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re:nanja3231 さん 2010/ 7/ 4 7:31 [ No.77465
nanja3231

柳 四郎
チベット侵略は1950年←嘘です・・・自国内の治安維持を侵略とは言いません。
まだできたばかりの新生中国を転覆すべく、共産主義撲滅のために米国のCIAが起こした反乱です。

nanja3231
中国の提灯持ちの語る典型的な嘘
チベットは当時外交権も有する独立国
ダライ・ラマは嘘つきだとでも?

***********
ウイキペデア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E5%8B%95%E4%B9%B1
チベット動乱(チベットどうらん)は、中華人民共和国政府のチベット統治、支配に対し、アムド地方、カム地方における「民主改革」「社会主義改造」の強要をきっかけとして1956年に勃発し、1959年に頂点に達したチベット人の抗中独立運動のことである。

1950年:中国人民解放軍がチベットを制圧、全域を自国に併合。

1957年からは東西冷戦構造に組み込まれ、アメリカ合衆国CIAからの訓練や資金、武器の供給を受けるようになる。

中国共産党は、国共内戦に勝利して1949年、中国人民政府を樹立し、1950年までにディチュ河以東の地域にふたたび支配権を確立した。この時期の共産党はすでに「民族自決権」を積極的に掲げることをやめており、この時には、この地をチベット人の民族自治区として位置づけるにとどめ、その結果、西康省全域を領域とする西康省蔵族自治区が発足することとなった。

名義上は西康省に属するが、実際にはガンデンポタンの統治下にあったディチュ河以西の地は、1950年-1951年のいわゆる「西蔵和平解放」により中国の制圧するところとなった。
************

柳 四郎
チベットは当時外交権も有する独立国??
どこのそんな国があるの?


nanja3231
共産主義撲滅のために米国のCIAが起こした反乱です。、
これに至っては完全な妄想、もしアメリカの陰謀なら、これを機に中国に戦争をしかけるなりするが、完全に見捨てている。
むしろ、拒否権を持つ国には国連は無力と示した例
中国の提灯持ちの相手をしても無駄
貴方は愛国無罪を述べていればいい。
もう貴方には回答しない。残すなら、全て残して後は読んだ人にでも判断してもらって。

柳 四郎
君は何の根拠も提示してない・・ただ自説だけを主張する・・無意味だよ。
僕は事実を持って反論するから・・君は反論できない・・
どうぞ撤収してください・・コキブリホイホイ


スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2633-9ddfb65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。