柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の狂気・恐怖はいずれ限界に達するだろう
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re:軍隊の要・不要論ではなく合憲・違憲 2010/ 7/ 3 20:28 [ No.77432
yajiuma2006
貴方は大事な事を忘れている。

それは9.11。

世界最強の軍隊と最大規模の核ミサイルを持つアメリカが
世界に生中継で真昼間、堂々とで攻撃された。
その間、アメリカは全くの無防備。なすすべがなかった。

テロに対する無防備は日本とて同じ。
数箇所の送電線を切断したら首都の半分が停電。
数箇所の地下ケーブルを切断したら地下鉄はストップ。
テロ攻撃にはイージス艦もなすすべがない。

つまりMD防衛網もカネ喰い虫というわけだ。


柳 四郎
非常に重要なことを論じてるので・・・コメントします。

冷戦後米軍は対テロ戦争に対峙するべく軍の再編制を実行してる・・だが君の書いたとおり・・現在米軍が持つ軍事編成(兵器)では全く対テロ作戦に用をなさない。

役に立たない無用の兵器ばかりだ。

だがテロの脅威は米国がイラク・アフガン・パレスチナで戦う限り増加してきてる・・しかも現実に勝つことなど不可能な事実が明白になって来ている。

恐ろしいのはテロ陣営=ビンラデン・イラク・アフガン・・イスラム社会の核だ・・核が渡ることだ。

米軍はテロを撲滅することはできないが…テロ側は米国に核攻撃することは可能だ!!

米国は現在一方的に核の脅威にさらされているということだ。
しかも防御方法がない!!

朝鮮・パキスタンが核を提供できる!!

米国の狂気・恐怖はいずれ限界に達するだろう。

沖縄基地はすでに米国に取り無用の長物だ・・テロ戦争で無用だ。

対朝鮮恫喝の意味しかない・・だがすでに朝鮮は核保有国・・米国には手も足も出ない国と成ってる。

朝鮮はミサイルごと核を売ることが可能になりつつある・・米国に取り恐怖だ。

スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2631-9919819b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。