柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re: yajiuma2006 さん 自衛隊は国連軍に 2010/ 7/ 3 8:18 [ No.77383
yajiuma2006

柳 四郎
国連軍相手に米国は戦うことはできないから。

yajiuma2006
ですから“ちからの対比”から云えばそれは逆でしょう。
国連軍は安保理の承認のもとに組織されます。

柳 四郎
違います・・僕の言うところの国連軍ができた・・と言う仮定の上に僕は話しています

yajiuma2006
こと紛争に関しては超大国(常任理事国)の思惑が
一致しないことの多い安保理において
国連軍が組織された例はあまりないのです。
例えば米国に不利になるような目的の国連軍は
米国が反対するから組織されません。
イラク戦争はその逆で国連は何らかの実力行使の
必要性は認めたものの
国連軍の組織までは認めませんでした。
だから米は多国籍軍を組織したわけです。

柳 四郎
過去の事実はその通り・・だから僕の言う国連軍が作れないという理由にはなりません。

yajiuma2006
仮に国連軍が組織されたとしても派遣費用は
その国の持ち出しで尻込みする国が多いのです。
国連軍なんてのは名ばかりの存在なのです。

柳 四郎
国連軍を組織して派兵するという馬鹿な考えはしていません。
自国の軍隊を国連軍に編入すると僕は書いてます。

君の考える国連軍と僕の言う国連軍とはまるで中身が異なります。

自国軍を国連軍として編入する・・これが基本です・・理解できますね。

世界中の弱小国150カ国が自国軍を国連軍として編入してくるのです。

世界いたるところの国連軍がいるのいるのです・・費用は全く掛かりません・・現状ですから。

これが名ばかりの国連軍ですか?

http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html
国連軍設立!! 

国際連合憲章 第1章 目的及び原則 第1条  付則 国連軍 を加え。

5兆円の軍事費をそのままにして日本軍の指揮権を国連に渡します。
同じ様に各国の軍隊も国連軍として受け入れる。

実に単純です・・これで国連軍は発足です。

イラクも米国の侵攻以前にこの国際連合憲章第1章 目的及び原則 第1条  付則 国連軍に加盟することが出来たら・・米国の侵攻を許さずに済みました。
193カ国の軍隊をもてない多くのくには・・其のわずかな軍隊を国連軍にすれば他国の侵攻を防げます。

朝鮮の軍隊もそのまま国連に指揮権を渡せばそのまま国連軍となり・・米国は手も足も出ません・・核開発の必要も全くなくなります。
朝鮮軍が国連軍となると韓国侵攻の心配は全くありませんので・・韓国軍は不要となります・・韓国軍がなくなれば朝鮮軍も不要となりま・・この連鎖反応で世界の軍隊は消えてなくなります。

国連軍は軽装備で済みます・・イージス艦も戦闘機も戦車・空母も当然核ミサイルも不要です。

日本の出す5兆円で世界中に1000万の軽装備軍を配置できます・・それにそれぞれの国の軍が加算されて2000万ほどの国連軍が2~3年で出来上がります。


スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2617-c4de5a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。