柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の安全は中国以外に保証してくれません
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re: 軍法 Skkmさん 2010/ 6/25 23:41 [ No.77222
mysk14
嘘は言いません。

「自衛隊法(上官の命令に服従する義務)
第五十七条  隊員は、その職務の遂行に当つては、上官の職務上の命令に忠実に従わなければならない。」

これって何処にでもある規則と同じです。
一般法では、罪の軽重はあっても違法行為を命じた者も命令に従って実行した者も双方が罰せられます。

>馬鹿たれ、沖縄が外敵の手に渡るとは、海自・空自が壊滅し「制空権・制海権」は敵の手に渡ったを意味する。
「シーレーンの確保」はできなくなったを意味する。

近代の軍事概念には制海権制空権などということはありません。今では死語です。
今では航空優勢とか海上優勢とか言います。
それは近代の戦闘では、相応の戦力を持つ軍隊の空域、海域の絶対的な支配出来ないからです。
航空決戦、艦隊決戦みたいな大時代的な前提で、航空、海上兵力が壊滅した状況を勝手に想定しても無意味です。

柳 四郎
ICBMが飛び交う時代に制海権制空権など死語・・当然ですね・・であるなら抑止力も・シーレーン防衛も死語・・。

mysk14
貴方の言っていることは最初から敗北主義です。
フォークランド紛争では遠隔地の英国でさえアルゼンチン軍の上陸を許し完全制圧されたのちに多くの犠牲を払い奪回しています。
逆に奪還を許したアルゼンチンの海、空軍は壊滅してません。

まして沖縄は日本の要衝です、日本本土に近い島ですから
沖縄に上陸を許しても本土からの反撃により奪還は可能です。
日本は何のために揚陸艦大隅を持っていると思いますか、他国を侵略するためではありません、離島防衛のためです。

とはいえ一度先制攻撃を許せば防衛には多大の犠牲を払わねば自衛はできません。
それ故に軍事力の行使を相手に決断させないための抑止力が必要です。
それは単に高い兵器と兵士の数を持つということではありません。
相手の発進基地を攻撃する装備と政策がなければなりません。
専守防衛政策ではたとえ立派な兵器を持っていても抑止力にはなりません。
軍法を持たないような軍隊ではたとえ兵士の練度が高くても相手からは見くびられます。

日本は決して侵略行為はしないが、侵略に対しては如何なる手段を使っても防衛すると言う強い意思を示さなければ抑止力にはなりえません。

1・・・負けたらを想定する前に、どうしたら日本の軍事的安全が得られるかを考えるべきです。
警察並みの行動規範しかない自衛隊が軍隊としての行動規範、軍法を持つこともその一つです。

柳 四郎
1・・・負けたらを想定せず
何を作戦目標にするの?・・作戦すら不要だということ?

さて日本は米軍に負けたが滅びてはいません!!
イラクも米軍の攻撃で1週間で負けました・・滅びていません!!
アフガンも米軍の攻撃の前に崩壊しましたが滅びていません!!

何のための国防ですか?

滅びることのない国の何を守るのですか?
世界には204もの国がありほとんど国防軍すら持たない国が・・多数です・・これは国を軍隊で守る必要がないことを証明しています。

日本は世界有数の軍隊を持ち・・それでも国を守れないと・・米軍に守ってもってもらっています!!
一体何をまもつてもらってるのですか?
これですべて迷信・空論でしかないことが証明されています。

mysk14
一つだけ学習したと褒めておきます。
確かに沖縄を失うことは日本のシーレーン防衛上致命的です。
前に台湾が中国の支配下になったら日本のシーレーン防衛上致命的だと教えてあげたことから学習したのでしょう。

柳 四郎
アジアの平和と安全は中国抜きでは語れません・・国際社会に力を持中国にアジアの平和と安全確保を頼ることでしか・・・安全は保障されません。
とくに緊急な朝鮮の核・250基のミサイルからの日本の安全は中国以外に保証してくれません。



スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2571-b3db4747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。