柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山総理のもとに地検特捜部はつぶすことです
   
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E9%83%A8#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

東京・大阪・名古屋の各地方検察庁に設置されている地検特捜部

東京地検特捜部に批判的な立場からは、東京地検特捜部が連合国軍による占領下で、旧日本軍が貯蔵していた隠退蔵物資を摘発してGHQの管理下に置くことを目的に設置された「隠匿退蔵物資事件捜査部」としてスタートした経緯や特捜部エリートに在米日本大使館の一等書記官経験者が多いことから、「米国の影響力を受けている」とする見方がある[2]。また、捜査対象が田中派系列(田中派―竹下派―橋本派)の政治家のみに集中し、清和会系列(福田派―安倍派―森派)の政治家は捜査を免れているという指摘がある[3](ただし、清和会系列の政治家も中島洋次郎が特捜部の捜査によって収賄罪で立件され有罪判決を受けた例がある)。
*************
http://www.akashic-record.com/y2003/prosec.html
東京地検特捜部
~米保守本流の別働隊~
ジェームズ・ウルジー元米CIA長官は「北朝鮮の残虐な金正日独裁体制を終わらせるために、米国は(CIAなどを使って)クーデターなどの政権転覆工作をすべきではないか」と聞かれた際、「米国人のいない北朝鮮で、米国のできることは限られている」と否定的見解を示した(03年9月21日放送のテレビ東京『日高義樹ワシントンリポート』)。

ということは、裏を返せば、米国人が大勢常駐している日本では、米国のできることは限られていないのだ。
もちろん、米国籍の工作員が直接日本の政府高官を暗殺して政権を転覆するのは容易でない。日本のような治安のいい民主主義国家で要人が殺されれば、たとえ「病死」と発表しても、与野党やマスコミが疑うので、そう簡単に米国の都合のいい人物に権力を握らせることはできない。

が、常駐している大勢の米国人に手懐けられた日本の指導的人物を多数操れば、何も暗殺などしなくても、たとえばスキャンダルの暴露による失脚などの形で「反米的な」人物を政界から追放することは「平和的」「民主的」に実現可能だし、現に過去に行われている。
----------------
●ロッキード事件●
その典型は、田中角栄元首相を「金権政治家」として失脚させた「ロッキード事件」(ロ事件)という名のスキャンダル工作だ。

これは何もおどろおどろしい(マニアックな)陰謀論ではない。少なからぬ識者もそう思っており、たとえば毎日新聞記者の岩見隆夫は「田中角栄の『無罪』論」を述べ、国際謀略の可能性を示唆している(毎日新聞Web版00年10月8日)。
**************
共同通信 2006/5/26 18:29
「ジャップは裏切り者」 72年にキッシンジャー氏
 【ワシントン26日共同】ニクソン米大統領の中国訪問など1970年代の米外交政策を主導したキッシンジャー大統領補佐官(後に国務長官)が72年夏、田中角栄首相が訪中して日中国交正常化を図る計画を知り「ジャップ(日本人への蔑称(べっしょう))」との表現を使って日本を「最悪の裏切り者」と非難していたことが、26日までに解禁された米公文書で分かった。
****************


柳 四郎
鳩山総理・小沢幹事長・秘書逮捕・・・・CAI日本特捜部の暴走の感がありますね。

チベットの動乱もCAIの謀略が失敗して、ダライラマが国から追い出された以上米国は黙ってダライラマの要求に応じる以外には無い、オバマ大統領も嫌々会ってる。

本家のCAIが反共を捨てたのに・・出先のCAI日本地検特捜部がいまだに反共で日本の政権に刃向かう。

地検特捜部は大きな事件で多くの無罪判決を出してるが・・特捜は裁判などどうでもいい・・裁判にかけることで相手を断罪・失脚できるのだから・・仙台の佐藤知事も無実で失脚させてる。

鳩山総理のもとに地検特捜部はつぶすことです。

米CIAのスパイは日本から追い出すことはできないが、CAI日本地検特捜部は消せるのだから。



スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2527-0839c749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。