柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の論は日本政府が否定してるのです
   
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re: rugaruga12 君 北朝鮮との賠償問 2010/ 2/16 12:20 [ No.74923
rugaruga12

柳 四郎
どうして略奪なの?
放棄して逃げてるのだよ!!

rugaruga12
それは世間様ではネコババといって立派な略奪または着服行為ですよ。
ご両親か先生だかに教わらなかったので?

柳 四郎
残念ながら戦争に負けたらすべて勝者のもの・・これが基本だ・戦前学校で徹底的に教えられた。

僕は満洲にいたが敗戦と同にソ連軍が来て発電設備その他の重機はすべて持ち去ってるようだよ。

rugaruga12
立派な略奪行為ですな。

柳 四郎
インドネシア

rugaruga12
インドネシアは独立の際に元宗主国であるオランダに対して今までの投資分をきっちりと払っておりますけど。
そのほか国々も概ね条約などにより資産の所有権の所属を決めております。
日本もサンフランシスコ講和条約や日韓基本条約のような各国との個別の条約で公私問わず日本または日本人の資産の所有権を決めておりますけど。

ちなみにそれを拒否した建国当初のソ連は世界中から袋叩きにあい、飢饉で困っても誰も助けてくれませんでした。

柳 四郎
日本が戦争に勝ち進んで領土を拡大したとき何処の国に対しても資産の所有権の所属など問題にはしていません。勝者の完全な強奪略奪ですよ。
日韓併合時1910~1945年=35年間

rugaruga12
ダウト。朝鮮半島における国家総動員令が適応されたのは1944年の中ごろで労働者の派遣そのものが始まったのは国家総動員令が終わる半年ほど前です。
それまでは(というかそれ以降も)集めるどころかむしろ本土への出稼ぎなどは規制され不法侵入者は朝鮮半島へ送還ですが。

つまり貴方曰くの強制連行とやらは半年で600万人、となりますね。
戦争末期でこの輸送量とは何故大日本帝国は負けたのでしょうか。

柳 四郎
1910年からの600万人の拉致強制連行を朝鮮は問題にしてるのだよ・・日本の考えなどどうでもいいことだ。

賠償外と日本が考えるのは勝手だが・・相手が同じ考えとは限らない・・当然請求してくる。
さて君ならどうするかね?

rugaruga12
条約内容を説明して「条約内容を履行してくださいね」または「お門が違いますので記載されている担当者のほうへどうぞ」といって丁重にお帰りいただきますけど。

仮に条約内容を変更するのであればその前に日韓基本条約で支払われた金の全額返済+援助した技術の使用料金の徴収。朝鮮半島における戦前の邦人資産の全額返済と利息それらにより得られるはずだった遺失利益+その利息を要求する。もちろん時価評価で。

ちなみに日本が放棄した資産+賠償金だけで数年前の韓国の国家予算の三倍弱ですが…それだけで六百億円払ってもお釣がきますなぁ。

柳 四郎
600万人1億円補償で600兆円だよ。
日本がどう考えるかでは無くて・・朝鮮がどう考えるかですよ!!

rugaruga12
考えた末、日韓両国で日韓基本条約=日本の賠償責任は北込みで終わっているが締結されたのだが。

双方納得済みで結ばれすでに履行済みのを貴方だろうが朝鮮だろうが韓国だろうがもちろん私や日本だろうが今になってどう考えようと知ったことではないし、変更するのならばそれ相応のペナルティを払うか条約締結前に復帰のは当然ですね。韓国政府が何回自己破産だか首吊りをするかは知りませんが

柳 四郎
君の論は日本政府が否定してるのです。

rugaruga12
そんな貴方の脳内話は知らんが仮にそうだとするならばそれ以前政府や当時の関係者が日本の法律や国際条約に違反している=無効ですが。

柳 四郎
貴方の脳内話はどうでもいいの。
日朝平壌宣言で謝罪賠償を書いた以上君の論は消えてます。

ごまめの歯ぎしりです。
スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2448-599e8fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。