柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20~30の核がイスラエルに落ちたら消滅する
   
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re: >しかしプロパーさんなんかいい線 2010/ 2/ 3 22:30 [ No.74609
areyouhearingwhatihear

>プロパー氏がタリバン支持に回ったのは彼らが反アメリカだからでしょう。それ以外に理由なんかありませんよ。

取っ掛かりはそうでしょうけど、テロ行為を正当な戦略として見る姿勢は異常ですよ。
アメリカへの反発だけでは、こうはならない。
彼の中にはタリバンへの純粋な共感も存在すると見ています。
反米感情7割、タリバンLOVE3割といった感じ。
おそらくペシャワール会の中村医師の思想に当てられたんでしょう。

>イスラム文化は認めるが「石打の刑」は認めないなんて、「俺の許容する限りでは異文化を認めてやる」と言っているのと同じでしょ。どんな抑圧的な侵略者でも、そのていどの寛大さは持っているに決まってますよ。笑い。

そもそも何の罪もない一般市民を無差別に殺傷するテロを、対アメリカというだけで正当化しながら、
罪人の処罰の方法に口出ししてる時点でどうかしてるんですが。

>「他者の視点にたって自己の考えを見る能力」が社会性だそうですが、そうですね。しかしそれなら他者の悪意や利己的な狡知の方も”見る能力”が必要でしょうに。

北朝鮮の核実験が「火遊び」にしか見えない人に高いハードル突きつけすぎ


柳 四郎
宗教戦争を批判しても無意味だよ!!

ブッシュが言うところの十字軍であり・・レーガンが言うところの光と闇の戦いであることに間違いがない。

日本人がのこのこ出かけるような馬鹿な真似はしないことだ。

鳩山政権がインド洋の給油から手を引き・・駐留なき安保論が正しい。

東アジア機構での中国とともにアジアの平和と安全をい守ることがまともだろう。

光と闇の戦いで3000万もの人々を殺しまくる狂気の米国とは共調することは止めることだ。

イスラエル問題はいずれ原爆の業火の元ソロモン王国の消滅で終わる。

イランの核・朝鮮の核・パキスタンの核がそろい踏みして終わりだろう。

20~30の核がイスラムの砂漠に落ちても・・・イスラムは消えることは無い。

20~30の核がイスラエルに落ちたら消滅する。

日本がキリスト教徒と共に戦うかイスラムと共に戦うのか選択する必要などない・・・。

部外者に徹することだ。
スポンサーサイト

テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2402-efe2b122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。