柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争はオリンピックじゃあない戦争に大国も小国も無関係だ
   
◇日本のあるべき外交・安保について◇
軍隊を保有していない国家の一覧 2010/ 1/26 9:03 [ No.59371
bpqcoxbuz

ヨーロッパ [編集]
アイスランド - 軍は保有していないが、北大西洋条約機構に加盟している。アメリカ軍がアイスランド防衛隊として駐留していたが、2006年で撤退している。沿岸警備隊の他、外務省が平和維持目的で国外派遣する危機対応部隊を保有しているが、これらの法的位置づけが政治問題となっている。詳細はアイスランドの軍事を参照。
アンドラ - フランスとスペインの保護国であり、フランスとスペインの両国に防衛を依存。
サン・マリノ - 通常の意味での軍隊は保有していないが、警察・国境警備隊のほか、城塞警備隊、大評議会衛兵憲兵隊及び民兵隊よりなる護衛隊が任務にあたる。
バチカン - 警備のスイス傭兵のみ。
モナコ - フランスの保護国であり、フランスが防衛の責任を持つ。ほかに大公銃騎兵中隊を保有している。
リヒテンシュタイン - コスト面から1868年に軍を解体後は、警察(約100人)のみ。スイスの保護国であり、外交と国防を代行するスイスが防衛の責任を持つ。

中央アメリカ [編集]
グレナダ - 1983年のアメリカ軍の侵攻以降、軍を保有していないが、警備隊(約750人)を編成している。
コスタリカ - 憲法では「恒久的制度としての軍隊を廃止」、つまり常備軍の廃止を規定しているものの、軍の保有そのものは禁止していない。一定の要件があれば一時的に軍を組織することが可能である。市民警備隊の事実上の武装化があったものの、「常備軍」を持たない国であったという事実は否定できない。7,500人規模の、ミサイルやヘリコプターも持つ地方警備隊を常時保有。
セントビンセントおよびグレナディーン諸島 - 独自の軍は保有していないが、王立の警察軍があり、首相が内相、国防相を兼ねる。また、東カリブ諸国機構(OECS)加盟国にバルバドスを加えた7カ国での域内安全保障システムを持っている。
セントルシア - 軍は保有していない。
ドミニカ国 - 軍によるクーデター事件があったため、1981年以降、軍を保有していないが、国家警察(約300人)を編成している。
ハイチ - 1994年の軍事政権退陣後に軍を解体。反政府武装勢力の台頭で国内が混乱するも、軍の再保有は成されてないが、国家警察軍(7,300人規模)を編成。また、近年では食糧危機などから暴動が頻発しており、国連から治安維持のための人員が派遣されている。
パナマ - アメリカ軍のパナマ侵攻により1990年に軍が解体された。1994年改正の憲法で軍の非保有を宣言。警察や沿岸警備隊などの人員は11,800人以下に制限。

太平洋の島国 [編集]
キリバス - 警察と沿岸警備隊のみ。
サモア - ニュージーランドが防衛の責任を持つ。
ソロモン諸島 - 1998年から2001年にかけての民族衝突事件以来、平和維持のため、オーストラリア軍を主力とする近隣諸国が部隊を派遣しているが、軍は保有していない。
ツバル - 警察と海難救助組織のみ。
ナウル - 非公式ではあるが、オーストラリアに防衛を依存。
パラオ - 非核憲法を持つが、アメリカ合衆国が防衛の責任を持つ。
マーシャル諸島 - アメリカ合衆国が防衛の責任を持つ。
ミクロネシア連邦 - アメリカ合衆国が防衛の責任を持つ。

インド洋の島国 [編集]
モルディブ - 長く軍事力を保有しなかったが、1558年にポルトガルに占領された後、抵抗軍が組織され、1573年にはポルトガル軍を撃退する。以降、17世紀中盤の数度の再攻撃もすべて撃退し、19世紀後半には近代軍に移行した。
20世紀中盤以降は治安部隊(国家保安隊)に縮小されていた。この国家保安隊が警察機能を兼任していたため、一国における単一組織の権限が大き過ぎることに対する懸念や、1988年に同国の実業家が傭兵を使ってクーデター未遂事件を起こしたこともあり、2006年より警察機能を分離してモルディブ国防軍として再編成された。なお、全方位外交を旨としていることから、安全保障条約なども締結していない。
モーリシャス - 警察(1,800規模)のみ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


>日本もこれらの国を見習って、軍事力を放棄しろとでもいうのか?
それは世界第2位の経済大国として、余りにも無責任な話である。

*****************
 世界各国の軍事力あるいは
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/5220.html
******************

柳 四郎
世界には204カ↑国あり0~5万の軍隊しか持たない国が150ほどある。

国を守るための軍隊が不要であるということだ。

日本も0~5万の軍隊で良いということだよ。

戦争はオリンピックじゃあない戦争に大国も小国も無関係だ!!

こんな基本ぐらい理解しておきなさい。



スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2329-cf0a1640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。