柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外雄飛・・台湾朝鮮を併合してアジアを横行する・
   
◇日本のあるべき外交・安保について◇
Re: bbs_walker06  君 「恐い国家とは仲 2010/ 1/20 16:01 [ No.59254
bbs_walker06

柳 四郎
戦前のアホな指導者たちの知能・・ではありません・・勝ち進んでいるとき・・アホな指導者など一人もいませんでした!!
だが負けた途端すべての指導者たちは無能・アホな指導者の変身させられたのです。

bbs_walker06
進行中は全員有能、失敗したら全員無能、だったら評価なんて必要無いじゃん。

太平洋戦争中の東條英機は有能で負けたら無能?
俺は最初から無能だと思うね。

柳 四郎
(1941年)10月18日東條英機総理
1941・12月8日未明真珠湾攻撃

各確たる戦火をあげて・・進撃を開始してフイリッピンからマッカーサーと叩き出し!!
東條英機は凄い戦果をあげてるよ!!

bbs_walker06
WW2中のヒトラーは戦時中は有能で負けたからその時点で無能?
語弊のある評価かも知れないが、俺は政治家・軍事家としてのヒトラーは勝敗に関係無く有能だったと思うよ、但しそれ以上に「有害」だけどね。

勝った政治家でもスターリンも毛沢東も有能、それ以上に有害。

まあ、害の有無は置いておいて、本題である有能無能は経緯と結果によって決まるもので、勝ってる時は有能、そのまま勝てば有能、負ければ無能、という時間軸で決まるものではないと思うけどね。


柳 四郎
時間軸で決まるものではないのに・・君は日本軍部が無能だと断定してる。

評論家は晴れてたら天気がいいと言い・・雨が降ると天気が悪いという・・これが評論家の仕事だ。

実に無責任な仕事だ。

真珠湾攻撃=領土拡大・・これは東條英機の決断ではない・・明治以降の領土拡大政策の行きつく先の歴史の流れだ。
幕末の論争で既に決着がついてる・・・海外雄飛・・台湾朝鮮を併合してアジアを横行する・・勝海舟・横井小楠・橋本左内・藤田東湖・坂本竜馬すべて同じ論を書いてる。

さらに新大陸発見以来の領土分割競争の最後の真珠湾攻撃=領土拡大だ。

東郷平八郎~東條英機まですべて歴史の流れに乗って侵略戦争を遂行したのだ。

東郷平八郎~東條英機の違いは・・戦争の目的を理解していたかどうかだ。

東郷平八郎は欧米列強に伍して日本が世界に雄飛すべき目的を持ってた戦ったが。

東條英機は単に現実の困難を打開すべく戦ったにすぎないということだ。


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://riyushirou.blog96.fc2.com/tb.php/2281-472bc65b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。