柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2007/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパの片隅に閉塞
トップ > 政治 > 軍事 > 大日本帝国神話


cosmo0298 No.96
国連とは国際連合であり(当然に中国は直訳している)戦勝国の軍事組織ですね。


柳 四郎
戦勝国の軍事組織であっても・・任意団体ですから・・いつでも脱退できるのですよ。

日本が新しく敗戦連合でも作りますか?

現在は世界組織として国際連合しかなくしかも194カ国が加盟しているのでこのなかで動く以外には無いでしょう・・・でどのように改革するか?

米ロ中の勝手にされる国際連合に常備軍を作ると言うことですべて解決できると思いますよ。

国連軍設立!!
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html

5兆円の予算をつけて日本軍を国連軍として編入する提案を・・・国連加盟国の全体会議、総会構成国の3分の2の多数で決定することは容易だと僕は考えます!!

これで・・・9理事国は無視できるのです!!

国連は目下アメリカの影響が強いので・・という迷信をまず捨てることです。

ほとんどの人がこのような・・・常識という迷信にとらわれている。

さて国連予算の20倍もの予算を日本が国連に提供することに・・・いったいどこの国が反対できますか?

米国が反対しても・・・3分の2の国は確実に賛成するでしょう・・・となると単に頑強な迷信を信じている日本国民をどう説得するかということです。

小沢・江田・・その他の議員からの同意見を持つというメールをもらっています・・・時は動き出しました!!
ぜひ強力に進めるように国民の・・・協力をいただきたいものです。


cosmo0298 No.96
空極的には西欧文明と儒教イスラム連合の対決となると結ばれ、


柳 四郎
ブツシュ大統領自身が十字軍だと公言しています・・他の解説など不要です。

イスラエル建国・・第14回目の十字軍です・・レコンキスタ・聖地奪回です。

しかし歴史的敗北の十字軍が成功する可能性はありません・・イラク・パキスタンでの敗北が明確です。

それ以上に恐れるのがイランの核開発・・・これができるとイラクは崩壊です・・・朝鮮の核を停止させるのに必死なのは・・これがイランに渡ることを恐れてのことですが・・既にパキスタンが保有・・まもなく反米政権が出来て・・・核がイスラム陣営の手に渡るでしょう・・・イランでもいずれ実験に成功するでしょう。

このときがブッシュの言うところの光と闇の戦いの終末戦争・・・多分イスラエルの崩壊で決着が付くでしょう。

この週末戦争に日本は巻き込まれないことです・・・。

米国が中国儒教に擦り寄った意味はそこにあるのでしょう・・・日本も儒教の国家です・・・財界は既に中国側です・・・日本政府国民も中国に擦り寄ることです・・・歴史的にはそれが日本の生きる道でもあります。

米国が擦り寄った以上日本も堂々と擦り寄るべきです。

中国はキリスト・イスラム・・どちれをとるか既に明確です・・・イスラム圏こそ資源の宝庫ですから。

歴史を見てもイスラムが強大である事は明確です・・キリストの世界はこの300年だけです世界を牛耳ったにすぎません。

日本人は世界史をキリスト史としか見ていませんが・・とんでもない間違いです・・・世界史は中国・インド・ペルシャ(イスラム)の世界です・・キリスト教はヨーロッパの片隅に閉塞した世界でしかありません。

ヘロドトスのペルシャ戦争ではインドもペルシャ軍として参戦しています・・・170万の大軍がギリシャに押し寄せたのです・・マラソンの戦いで・・・負けたのはペルシャ軍ですが。




スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

貴方とほとんど同じ問題を提示していますが・
トップ > 政治 > 軍事 > 大日本帝国神話


cosmo0298  No.94
アラブが国益を重視し民俗主義によりエルルギー価格を高勝させれば、
米国中心の西側社会の国益を損ない国際主義、秩序と対立するものとなります。



柳 四郎
アラブのオイルマネーが米国に流れ込み・・フアンドとなって石油に投機・・エルルギー価格を高勝させている。

誰が悪いのか・・・すべて自分に帰ってくるだけのこと・・・水戸黄門のごとき印籠など何処にも無いということでしょう・・・しかしそんなことはどうでも良い・・・誰か悪者が必要だ!!

と探し回っても・・自分の影を追い回してるのだから・・捕まえようが無い。


cosmo0298
そもそも、冷戦後に多発する地域紛争も謎が多く、原因がどこにあり。なぜ戦っているのかも不明な事が多い、、。


柳 四郎
明確ですよ・・・ブッシュが言うように光(善)と闇(悪)の戦いです・・・ハルマゲドン・・キリストの根本教義での戦いです。

http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-entry-573.html
昔統幕議長を退官した人がすぐに本を出して・・国は概念だ・・概念は軍隊では守れないと書いた・・・では軍隊で何を守るのか?・・・判らない・・・と彼は書いてる。

ケネデーが大統領時にやはり・・軍隊で一体何を守るのか?・・と委員会を作って諮問した・・議論は分かれて収拾が付かず・・結論はわからない!!

判らないことに50兆円もの予算を使い続ける以上・・何かしなければいけない・・・何をするか・・・敵を作る以外にない・・・でやたら敵を作って戦争を仕掛けては・・・ぼろ負けするが・・・反省してるうちにまたどうしても敵が必要で・・・敵を作って戦争を始める・・・世界の平和と安定を破壊し続けるための・・・50兆円の軍事予算となっている。

・・・ブッシュが言うように光(善)と闇(悪)の↑戦い・・・十字軍です。


cosmo0298
又、民主主義ですが、それは欧米価値感であり東洋では古来から独裁君主制であっても、
名君であり善政ほ施せば国家は栄えるものであり、徳川ジャパンの大平は世界でも賞賛されていますね。

柳 四郎
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-entry-574.html
結論
公務員・教員・政治家・・その他の公務・重要な国家資格として・・儒教を学び単位をとること。

科挙制度の再現だが・・・必要だと僕は思う。



cosmo0298
国家は国民の生命財産を保護する義務があり、
それを平和憲法により日本国家が軍隊を放棄し日本の安全保障を一貫一任し米国に委ねていると言うなれば、
それは異常な事であり、一刻の猶予なく正さねばいけませんね。



柳 四郎
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html
国連軍設立!!
 
国際連合憲章 第1章 目的及び原則 第1条  付則 国連軍 を加え。

5兆円の軍事費をそのままにして日本軍の指揮権を国連に渡します。
同じ様に各国の軍隊も国連軍として受け入れる。

実に単純です・・これで国連軍は発足です。

イラクも米国の侵攻以前にこの国際連合憲章第1章 目的及び原則 第1条  付則 国連軍に加盟することが出来たら・・米国の侵攻を許さずに済みました。
193カ国の軍隊をもてない多くのくには・・其のわずかな軍隊を国連軍にすれば他国の侵攻を防げます。

朝鮮の軍隊もそのまま国連に指揮権を渡せばそのまま国連軍となり・・米国は手も足も出ません・・核開発の必要も全くなくなります。
朝鮮軍が国連軍となると韓国侵攻の心配は全くありませんので・・韓国軍は不要となります・・韓国軍がなくなれば朝鮮軍も不要となりま・・この連鎖反応で世界の軍隊は消えてなくなります。

国連軍は軽装備で済みます・・イージス艦も戦闘機も戦車・空母も当然核ミサイルも不要です。

日本の出す5兆円で世界中に1000万の軽装備軍を配置できます・・それにそれぞれの国の軍が加算されて2000万ほどの国連軍が2~3年で出来上がります。

アフリカや低開発国の紛争はこれで防げます・・どこの反政府組織も国連軍と対峙することはありませんから。
当然軍事独裁は無くなります・・頼るべき軍隊を持たない軍事独裁者など存在できませんから。

紛争の消えた地域の国連軍はそのまま地域開発軍となり地域発展に貢献できます。

*******
さて貴方とほとんど同じ問題を提示していますが・・結論が違うので提示します。

荒らしが貴方の書き込みで静まったようなので・・少し論展します・・面白く展開できたら幸いです。


僕のブログに貼ります



テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

科挙制度の再現だが・
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?


: 「国民主権」の実体は 2007/10/26 23:41 [ No.26969 / 27385 ]
投稿者 : choco22tan
きちんと読ませてもらいました。「倫理観や責任感や義務感の喪失した日本人」が、拡大中のように思えます、日々のニュースを見てると、そう思ってしまいます。ありがとう。



柳 四郎
きちんと読ませてもらって・・何のコメントもなし?

「倫理観や責任感や義務感の喪失した日本人」・・基本的に無道徳国家である以上必然だ。

:新渡戸 稲造が武士道 を書いた原因は・・・米国で宗教を聞かれて・・無宗教だと答えて・・・

お前は道徳を持たないのか?と詰問されたことだという。

道徳を持たないと言うことは・・・人間失格・・犬畜生の類となる・・・。

新渡戸は・・・道徳を持たないはずが無いと・・・書き上げたのが武士道だ・・・

さて武士が持つ道徳はなにか?・・儒教だ・・・しかし既に新渡戸は儒教の徒ではない・・だから彼の書いた武士道は彼の武士道に過ぎない。

山本常朝が書いた「葉隠」に武士道という用語があるが・・・単なる奉公人心得・・何の道徳も書かれてはいない・・・本人が後世に残すな・・焼き捨てろ・・・と言った・・当然のことだろう。
********
『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93
前者の武士道は個人的戦闘者の生存術としての武士道であり、武名を高めることにより自己および一族郎党の発展を有利にすることを主眼に置いている。「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」という藤堂高虎の遺した家訓に表れているように、自己を高く評価してくれる主君を探して浪人することも肯定している。また、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つことこそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。
**********

山本常朝が書いた「葉隠」と同じで武士道など↑到底道徳と言えるものではない。

では日本人の心ともなる道徳は何か?

新渡戸と同じジレンマに陥って書かれたのが・・。

賀茂真淵・本居宣長の国学の系列だ
『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AD%A6

儒教・仏教・キリストに対峙できる道徳として・・・苦心して書き上げたのが本居宣長の「古事記伝」。

しかし本居宣長が書くように・・古来日本に道は無い・・・あるのは人が歩く道・・獣が歩く道・・・道路だけだ・・。

儒教・仏教が入ってきて始めて・・・道などと言う面倒くさいことを考えるようになった・・・とぼやきつつ・・・日本人の心・・・を説いたのが彼の書・・・国学・・神道。

これは・・でっち上げ・・捏造の類だが・・明治以降この国学に衣をたくさん貼り付けて・・・天皇を神として包みこみ・・・揚げたてんぷらが・・・国家神道・・・敗戦でいち早く天皇は・・神の座を降りてただの人に戻ってしまったが・・あるはずの神が不在の国家神道をいまだに振り回してる馬鹿もいる。

しかし敗戦で儒教を基盤として・・・国家神道の冠をかぶった大日本国憲法が放棄され・・・キリスト教を基盤と考えた新憲法が制定され・・たが・・・キリスト教で安メッキされた新憲法もメッキが剥げ落ちて・・・無宗教・無道徳憲法になってしまった。

とはいえ・・憲法は何処までも法に過ぎない・・道徳ではない・・・「倫理観や責任感や義務感の喪失した日本人」・・これは法で規制できない問題だ・・・倫理観や責任感や義務感は・・・道徳でしか維持できない。

赤福の法違反・・誰にも被害を与えない30年来の手法だ・・御福餅・・やはり違法だが30年来の誰にも被害を与えない手法だ。

倫理観や責任感や義務感は法では守れない・・道徳律だ。


しかし日本には元来道徳など無い・・本居宣長がぼやいたように日本にある道は・・単なる道路で・・・人を導くべき道などは無いのだ。

古事記を読めば一目瞭然だ・・何の道徳律も教えも無い・・いわんや道など全く無い。

聖徳太子が日本を導く道として仏教にすがったのは当然のことだろう・・・

仏教にすがった天皇家を神と仰ぐ国家神道・・滑稽さを・・笑うのは僕だけだろうか?

天皇が国政の場から去って・・・武家が政治をとる・・・使い古した仏教は使えないから・・儒教を基本にすえた。

しかし武家以外は仏教徒・・・日本には二つの道徳が混在してきたのだ。

違う道徳律を持つ武家と庶民・・当然融合不可能だから・・・武家は庶民に不干渉だ・・・町や村の出来事はそれぞれの町や村で処理させて・・武士は干渉せず・・・時に干渉すると大変な抵抗を受ける。

町や村で解決できないときにだけ・・・武家に判断を依頼する・・2重構造の道徳で日本は来たのだ。

こんなこと書いてる学者がいるだろうか?ま~~僕が読まない領域の学術書には当然あるだろうが。

明治以降日本が海外侵略を始めたのは・・既に幕末の↓思想家の本に書かれてる・・と僕は書いたが・・幕末思想史の研究などには当然同じことが書かれていた・・・にもかかわらず・・日本はやむ終えず国防のための海外進出だなどという・・嘘が大手を振って書かれている・・・事実などどうでもいいのだろう。
「大日本帝国に戦争をさせた張本人は?」
http://blogs.yahoo.co.jp/riyushirou3987/481615.html


結論
公務員・教員・政治家・・その他の公務・重要な国家資格として・・儒教を学び単位をとること。

科挙制度の再現だが・・・必要だと僕は思う。



福田・小沢・ブッシュ・・・すべて素人だ・
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?


Re: alas_and_alack_2007 集団安全保障 2007/10/30 18:26 [ No.27331 / 27383 ]
投稿者 : choco22tan

193カ国中、ちっこくても軍隊持ってる国何ぼじゃ?日本は、G7だか8の大国じゃ、みんなで渡れば怖くない、体制順応で軍隊くらい自主的に持つのが良い智慧じゃの。alas poor to-siro----,alack a to-siro----



柳 四郎
 世界各国の軍事力  1 資料は、「ミリタリー・バランス(2006) 」などによる。
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/5220.html


150ほどの国が5万~0の軍隊で国として何の支障もなく存在しているよ・・・。

日本も普通の国として5万~0の軍隊で何の支障もなく存在できるということだよ。

日本は、G7だか8の大国だから大軍が必要だと言う理由にはならないだろう?

戦争はオリンピックと違い・・重量別に戦うのではない・・無差別だ・・勘違いしないことだよ。

護憲改憲も同じことだ・・・軍隊を持とうと持つまいと国の存在には全く無関係だ。

イラクが米軍に蹂躙されて滅びたか?

他国に攻め込まれようとどうしょうと・・・国は滅びることはない・・滅びない国は軍隊では守れない・・。

軍隊では守れない国に改憲護憲の議論に意味はない・・・。

昔統幕議長を退官した人がすぐに本を出して・・国は概念だ・・概念は軍隊では守れないと書いた・・・では軍隊で何を守るのか?・・・判らない・・・と彼は書いてる。

ケネデーが大統領時にやはり・・軍隊で一体何を守るのか?・・と委員会を作って諮問した・・議論は分かれて収拾が付かず・・結論はわからない!!

判らないことに50兆円もの予算を使い続ける以上・・何かしなければいけない・・・何をするか・・・敵を作る以外にない・・・でやたら敵を作って戦争を仕掛けては・・・ぼろ負けするが・・・反省してるうちにまたどうしても敵が必要で・・・敵を作って戦争を始める・・・世界の平和と安定を破壊し続けるための・・・50兆円の軍事予算となっている。

これをどうしても停止させないと世界中が酷い目にあう・・・どうしてこれを止めさせるか?

それが僕の言う国連軍だ。

国連軍設立!!
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html


小沢氏の言う国連軍は日本軍のまま戦場に放り込むという乱暴な案だが・・僕の案は日本軍ではなく国連軍だから・・・日本国民には直接無関係だ。

君は僕を素人と言うが・・・何処に軍事のプロがいる?

福田・小沢・ブッシュ・・・すべて素人だ・・・防大出が軍事のぷろか?・・・とんでもない・・彼らは単なる戦争のプロだ・・・敵と戦うと言うことは・・・軍事・政治・経済・文化・歴史を・・総合しての技術だ・・誰一人プロなどはいない・・・特に民主主義は素人の集団だ・・ブッシュの親父がイラク戦争で勝ったが・・・歴史的事実として敗北だ・・馬鹿息子が・・恥をそそごうとして・・名を後世まで汚した。






日本の主張を読んでみてもその根拠の脆弱性は否定できない
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?

Re: 集団安全保障体制確立の為に 2007/10/30 20:57 [ No.27345 / 27384 ]

投稿者 : alas_and_alack_2007

>あ、それから、私はトピ主でも、ゲーテさんでもないよ。
トピ主は完全護憲のひとで、ゲーテさんはロスチャイルド家陰謀史観の人でしょ。

ここのトピ主は多重人格障害なのか?それとも掲示板上で書簡体の散文小説でも書いてるつもりなのかな?
バレバレだが、ま、面白いからよしとしよう。

ルソー『新エロイーズ』ついでに・・・
サン・プルーやウェルテルのような単純馬鹿では大切な人を守ることが出来ないのは自明。
同じ書簡体小説の例えであっても、ヴァルモン子爵やメルトイユ夫人のような現実を見抜く冷徹な眼力・
いざとなれば相手をねじ伏せる腕力と巧緻さが、これからの日本には必要だと、私は思うのだがね。
東アジアは「危険な関係」に満ち満ちているのだから。

-----------------------------------
以下、危険な関係の一例

★尖閣諸島を守れ!仲間均を支援する会

http://www.youtube.com/watch?v=bCHmLRn8h_M

★尖閣諸島は日本の領土じゃないの!?

http://www.youtube.com/watch?v=hxrXNlJkPh8
http://www.youtube.com/watch?v=_P4A7toUbGU
http://www.youtube.com/watch?v=0sWF-ZSt3bs
http://www.youtube.com/watch?v=5FP_TT_bHeM

★尖閣諸島の位置

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Okinawa_pref3-1.png

>1880年代後半から1940年にかけて日本人が建設した船着場や鰹節工場などがあったが、後に無人島となった。1971年に地下資源の可能性が確認されると、島嶼の領有権をめぐって、中華人民共和国中華民国が領有権を主張。
尖閣諸島は沖縄県石垣市に帰属している。中華人民共和国は台湾省宜蘭県に属すと主張している。
尖閣諸島にはこれまでに、指定暴力団住吉会系右翼団体・日本青年社が1978年に魚釣島に灯台を建設以来、その灯台の保守管理をしてきた。2005年2月、日本政府より「魚釣島灯台を正式に海図に記載し、今後は国が灯台の管理をしていきたい」との申し出がなされ、魚釣島灯台は国に移譲された。また、あまり知られていないことだが魚釣島には尖閣神社が建立されている。また、尖閣諸島防衛協会により、日の丸国旗のプレートが設置された。尚、北小島にも灯台がある。海上保安庁は、かつて魚釣島に仮設ヘリポートを設置していたが、中国政府の抗議により、撤去している。
尖閣諸島防衛協会発行の尖閣諸島写真集には興味深い資料がある。中華人民共和国発行の社会科地図で、地下資源が確認される以前の1970年の南西諸島の部には、はっきりと"尖閣諸島"と記載され、国境線も尖閣諸島と中国との間に引いてある。しかし、地下資源が確認された以後の1971年の南西諸島の部では、尖閣諸島は"釣魚台"と記載され、国境線も日本側に曲げられている。これは中国の東シナ海への覇権確立と、資源の独占、収奪という目論見を如実に表している。 <




******************

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page033.html

尖閣諸島の領有権問題    釣魚台


日本が釣魚台列島を占拠した経過とその主張の論拠

日本は、国際法上の「先占(occupation)」の原則に則って釣魚台列島の主権を有すると主張している。言い換えれ
ば、1895年以前、釣魚台列島は「無主地」であったとみなしているのだが、実際には、清の康煕40(1701)年に
琉球特使、蔡鐸が著した『中山世語』および付図に示された琉球の領土36島の中には、釣魚台は含まれていな
い。康煕58(1719)年、清の琉球冊封副使、徐葆光が琉球の公的文献に基づいて編纂した『中山傳信録』および
その付図でも同様である。このほか、日本が琉球を併合した1879年前後に出版された琉球に関する著作あるいは
地図、例えば明治6(1873)年の「琉球諸島全図」、明治10(1877)年の『沖縄誌』(『琉球志』とも言う。伊地知貞
馨著)、明治19(1886)年の『南島紀事外篇』および付図「琉球三十六島之図」、「内地沖縄支那朝鮮図」(当時の
沖縄県令であった西村捨三著)などにも釣魚台列島は含まれていない。

さらに重要なことは、逆上って1785年(天明5年、清の乾隆50年)に、日本人の林子平が刊行した『三国通覽図
説』の付図「琉球三省併三十六島之図」において、釣魚台列島は明らかに中国の版図に含まれ、色刷りの地図の中
で中国本土と同じ薄紅色で示されており、琉球36島の薄黄色や日本の灰緑色とは異なっている点である。このこと
からも、日本が釣魚台列島を占拠する以前は、同列島は琉球の一部ではなく、また「無主地」でもなかったことがわ
かる。つまり、日本が言うところの「先占」は、「先占は無主地を対象とする」という国際法の原則に合致しないのであ
る。
****************


柳 四郎
上記は台湾の主張であるが・・その他の・・・日本の主張を読んでみてもその根拠の脆弱性は否定できない。

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

国連軍設立!!

Re: 集団安全保障体制確立の為に 2007/10/29 0:43 [ No.27240 / 27322 ]
投稿者 : alas_and_alack_2007

何となくね、言ってることは分かる気がするよ。
しかし貴方の考え方って、趣味で世界40数カ国を巡ってみる前のボンヤリしていた頃の私の考えに若干近いのかもな、と。あくまで若干だがね。

現実にはね、世界は平等ではないんだよ。それは富の配分もそうだし、判断能力すらそうなんだよ。世界の各国・各民族が、各々の長い歴史の中で培ってきた文化的土壌や基礎的な資質は違うのだし、それを無視して、日本の主権に関わる事象を国際機構に委譲する、なんてことは有り得ないことだよ。
そこまで世界の各民族は成熟していないし、今後もしないだろう。
「世界市民」的な発想は、せいぜい福島辺りで研修するJICAの隊員くらいに留めておいて、主権者である国民は、もっと世界の現実を見据えて国の有り方に考えを巡らすべきだと思うけどな。

ちなみに『罪と罰』みたいな長い小説、今時読む者はそう多くないでしょう。「教養を身につけるには、このくらい読んでおかなければ」という気持ちを持つ者だけが、時間の無駄ではないか?という気持ちと闘いながら一週間かけて読む程度だと思うなぁ。(実際、それで自分に教養が身に付いたとは全然思わないし)
まぁ僕は、ロシア小説は結構好きで、それが一つの理由でウラジオからモスクワ・サンクト=ペテルブルクまで行って、ロシアって国を実際体験してきたけれど。もう10年以上前のことだが。
当時は凄いインフレでお札のゼロの数が幾つ有ったのか思い出せない位で、シベリアの停車駅には自家製のじゃが芋料理を持った御婆さんが立ち並び、モスクワの地下鉄駅の出口には、これまた自家製のパンやクッキーを持った御婆さんが沢山いたものだが、今はどうだろう?
モスクワのボリショイ劇場前では、当日のテラス席をダフ屋から僅か20ドルで買えたものだが、原価をみるとたった300円くらいだったよ。
ロシア人は中国人と違って、個人個人では実に感じが良くてね、日本にいたときの情報と違って、それ以来僕はロシアびいきになったな。
逆に中国は、何時行っても感じが悪くて、すっかり中国嫌いになったんだが、でもチベットや新疆ウイグル地区は大好きだよ。これらの地域の人達は少し親しくなると直ぐに「中国から独立するために日本は力を貸して欲しい」と言い出すし。

・・・と、まぁ少し何だな、何を言っても君は考えを変えんのだろう。
個人の信念というのは、その人の出自とか取り巻く環境に相当大きく影響されるから、事実や正当な理屈を幾ら列挙しても通じないところはあるよな。

しかし、それで世界の現実から遊離した判断をされては困るんだがね。
どうしたらいいのかねぇ。

---------
idミス失礼。しかしトピ主もオシエテアゲルやら、ゲーテやら、サトチャンやら、いろいろ使って紛らわしいことだな。一本に統一したら?



柳 四郎
そうですか40カ国・・僕は何カ国だろう・・・15ぐらいだろうか・・・韓国・米国・台湾は重複して何度か。

さて 塩野七生 氏がローマの話だったか・・・キリスト以前の歴史はいいが・・キリスト以降の歴史は信が置けない・・のようなことを書いていた。

最近そう思うのですが・・・日本人が学んだ世界史はキリスト史で・・世界史ではない・・・ヘロドトスやホメロス・・・イブン・バットゥータ・マルコポーロ・・などを読むと・・・キリストの世界は世界史上片隅の歴史に過ぎないとつくづく思うのです。

この偏った歴史観でさらに・・・米国から世界を見ている・・日本人の偏狭さをつくづく感じます。

それに引き換え幕末の思想家のほうがよほど正確に世界を見ていたように感じます。

これでは日本の行く末が全く悲観せざるを得ません・・・護憲改憲などと言う杯のなかの論争・・・もっと世界を見ての論争が出来ないものだろうか・・良い知恵があるなら・・ぜひお書きください。

国連軍設立!!
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html






テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

一体・・・軍隊で何を守るのか?


トーシローちゃん?クン 2007/10/27 18:37 [ No.27036 / 27320 ]
投稿者 : choco22tan
ここでの憲法論議の前に、9条賛成か?反対か?護憲か?改憲か?本当のこと考えたのなら、本当のことを話してくれ。お前が、「同感です!」とレスした相手は、改憲派かもしれんからな。



柳 四郎
護憲か改憲・・僕に取り意味の無いことです・・・ごまめの歯軋りですから。

日本に軍隊は不要だ・・これが僕の基本です。
********************
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html
国連軍設立!!

1945年以前・・国際連盟加盟国は64カ国
1945年以降の・・国際連合加盟国は193カ国
この違いを理解してほしいのです・・・1945年以前は軍事力征服で領土拡大が許されました・・・193カ国が64カ国に領有されていたということです。
1945年以降の・・国際連合となってからは・・・民族自決の原則が確立して・・・武力で他国を征服・領有することができなくなりました。

1945年の敗戦で日本が海外領土を放棄しただけではありません・・・戦勝国も同じく海外領土を放棄したのです・・・・この事実をこそ理解してほしいのです。

ここをほとんどの人が理解せずに軍事論を展開してるのです。
1945年以降も戦争や紛争はありますが。

戦争に勝とうと負けようと国は滅(征服される)びることは無い・・この事実を理解することです。

軍隊で国を守る必要が無い世界が実現してることに気づべきです。

一体・・・軍隊で何を守るのか?

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済


Re:理解力欠如が甚だしい柳へ2 2007/10/27 16:00 [ No.27024 / 27312 ]
投稿者 : sunday_japan39


柳 四郎
多くの戦争がこのような偶発事故から始まっていることを理解すべきだよ・・しかも朝鮮は今も戦争中の国だ!!
日本から飛び立った爆撃機で数百万の朝鮮人が殺傷されてる・・・。
朝鮮がいつミサイルを撃ち込んでもおかしくはない・・。
ありえない妄想をなどと言う極楽トンボの典型だよ!!


sunday_japan39
このような偶発事故…何のことをさして言ってるのかな?
ありえない妄想を抱かずに、もう少し現実を見ろ!!


柳 四郎
日本から飛び立った爆撃機で数百万の朝鮮人が殺傷されてる・・・この事実は知ってるのか?

これで朝鮮国民が日本を恨み骨髄に達してることを君も理解できるだろう?

いいか・・・東京・大阪が二分して戦争を始めたところへ・・朝鮮から飛んできた爆撃機がやたらに爆弾を落とし数百万の日本国民が殺されたら・・朝鮮をうらまないか?

さらに公海上を無害航行していた朝鮮の船を無法にも砲撃撃沈したのだ・・・200基のミサイルをすべて撃ち込んでくるだろう。

ありえない妄想だと誰もが極楽トンボだが・・・数年前朝鮮の若手将軍が東京を日の海にしましょうか?

日本のTVに向かって笑ってた・・いつでもやりますよと言うことだ・・キン委員長が最近ボケ気味だ・・・こんな若手の将軍が取って代わったら・・・平気で200基のミサイルを撃ち込んでくる。

「完全な日本崩壊」という状態を詳しく書こう・・・。
まず原発に200基のミサイルが落ちて日本の4~5箇所の原発が暴走だ・・・半径50km・・・4~5箇で退避・・200万~300万×4~5=800万~1500万が逃げ惑う・・さて何処に逃げるか?
逃げる場所などは無い!!
円暴落・・・ガソリン1L1万円・・・日本中の動きが止まる・・・3ヶ月で3000万餓死・・半年で生き残れるのは3000万・・これが日本崩壊だ・・・だが3000万国民が生きている・・・日本は滅びてはいない!!


sunday_japan39
北朝鮮のトピでも書いたが、200基のミサイルを原発に命中させることは皆無であり、それ以上に200基撃ち切ることもない。
時間・精度・etcなどを考えれば、そうなる可能性は…皆無と言っていいだろう。
まともに答えるのもしんどいな…現実味のある話をしてほしいもんだ。


柳 四郎
時間・精度・etcなどを考えれば、そうなる可能性は…皆無と・・日本国民は洗脳されている!!事実はどうだ?

去年6基ものミサイルを次々に撃ち込んだ・・全く察知不可能だった・・・!!

打ち終わってから大騒ぎだ・・・後の祭りだ。

原発に命中させるのは簡単だよ・・・柏崎刈羽など・・1km範囲に7期もの原発が固まってるんだ・・ほかでも同じことだ3~5基固まってる・・全く安全管理の基本がないのだよ。

ノドンの命中制度は径1km・・10基打ち込まれたら完全に暴走だ・・それだけじゃあない・・・プルトニュウムが飛散する・・半径50km退避ではすまない。

この件は読売がシュミレーションしていたが・・結果の公表はなかった・・恐ろしくて多分公表できないと言うことだろう・・・国民に取り知らせたくないことは知らせない・・これも報道しない自由だ。

9月5日から国交回復交渉が始まってる・・拉致など放り出して・・・まず過去の清算(賠償)を話すとの本政府が言う。
政府は180度方向転換した・・福田さんがやると言うからやるだろう・・張ったり屋じゃあないから・・横田さんも方向転換した・・・ぜひ早急に解決してください・・としか最近は言わなくなった。

http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-0.html
拉致被害者家族連絡会 代表 横田 滋  様
日朝平壌宣言 2002年9月17日で一部拉致被害者が帰ってきましたが・・それ以来何の進展もありません。
拉致被害者救済の方法として・・私は一貫して日朝平壌宣言による正面からの交渉を主張してきました。
しかし多くの論は日朝平壌宣言を無視しての・・・拉致解決なくして国交交渉なし・・・という正道を踏み外しての主張です。


柳 四郎
3隻の工作船が朝鮮を出港したときから・・日本はこれを追いかけてるんだよ!!
ついに発見して・・・12月18日北朝鮮の工作船・・・と認識できてるんだ !!
これを漁をしてるわけでも・・・漁具も持たず・・漁船でもないことを知っての・・漁業法違反・・=違法強制捜査・・・
全く国際法違反だ・・日本には理がない・・初めから工作船を捜索してるんだから・・法の基本だよ。


sunday_japan39
また得意の捏造か…あきれたやつだな。
そういうのなら、早くその証拠を出せよ。
3隻の工作船が朝鮮を出港したときから、日本がその船を追跡している証拠を。
勝手に事実を改ざんするなよ。
まぁ、おまえのような事実の改ざんしかしない馬鹿に、示せる証拠なんてないがなw


柳 四郎
君ように無知な人には・・・真綿で首を絞めるのが面白い!!

しかし何も知らずに・・ま~~知りたくもない・・・洗脳されて喜んでなさい。

http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/news/h14/fushinsen/
※平成14年10月4日、政府は、このたびの不審船を北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の「工作船」と特定したことから 以後、事案名については「九州南西海域不審船事案」とし、この事案における不審船を「工作船」と表記します。
なお、過去の広報文については修正していません。

このように漁船ではないとはじめから政府は断定してるんだ・・・矛盾を承知で砲撃してるのは海保の詳細を読めば理解できるだろう?だから・・海保は支離滅裂な文章を書いてる。

報道しない自由があるから・・また読まない・・聞かない自由があるから・・君のように知らずに洗脳された殆どの国民が・・日本の正義を振り回す・・。
戦争とは・・善良な国民と・・善良な国民が・・間違って戦争を始める・・・事だと言う・・・間違わないためには本当の事を知ることが必要だ。


sunday_japan39
まずは、お前が事実を知るべきだな。
説得力皆無のお前の話を鵜呑みにするような馬鹿はいない。


柳 四郎
僕は事実を知ってこうして君に教えてるんだ・・・鵜呑みにする必要などない・・事実は事実だから。


sunday_japan39
あと、工作船が自爆したことを「撃沈した」と大嘘を言っていたと思うが、それに対する謝罪がまだだぞ。
早く「ごめんなちゃい」したらどうだ?


柳 四郎
海戦で砲撃中・・爆発沈没することことを・・・撃沈・轟沈という・・こんな初歩を知らないのか?

・・・自沈とは決して言わない。

艦長の命で起爆装置を作動して沈んでも・・・自沈ではない・・・記録には撃沈・轟沈と書く。

砲撃されて・・・爆発沈没したことに何の変わりもないから。

こう冷静に書くと如何に日本の行為が非常識かが理解できるだろう?

無害航行中の船舶に対して・・・どこかの無法な艦船(海保)が急追してきて・・・やにわに停船を命じ・・

停船命令を受ける理由がない以上・・停戦命令を無視して航行。

漁船ではない船がどうして漁業方違反で停戦命令を受けると考えるのか?

無視して逃走する・・理由のない・・・停戦命令を無視したからといって250発も砲撃の末に・・撃沈。

キン委員長の腹の虫の居所が悪かったら・・・200基のミサイルを撃ち込むこともありうる。

14年10月・・・・工作船撃沈
15年9月・・・小泉総理・・朝鮮を訪問

この極楽トンボには驚きました・・・朝鮮の船を国際法無視して撃沈して・・・のこのこと敵国朝鮮に乗り込むことの出来る・・・無知。

空港で降り立ったとたんに銃殺されてもおかしくない・・これが戦争の常識だ。

キン委員長・ブッシュ大統領は絶えず殺されることを警戒して行動している・・日本の総理も・・当然狙われている・・ま~~朝鮮のキン委員長は工作船で15名が死んだことなどより・・・日本の総理大臣の始めての訪朝のほうが大事だったのだろう。

だからすぐ5名の拉致者を帰して・・5トンのマツタケを土産にくれた。

一国の総理の謝罪の重みはその程度のものだと言うことだろう。

しかし日本国民にとり・・・200基のミサイルの恐怖からの開放が大きい。

いつ指導者が異常になりミサイルを発射するかわからない恐怖から・・・とにかく逃れるべきだ。



テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

現在戦争中の国を仮想敵国
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?



Re:まともでないsunday_japan39 2 2007/10/27 12:32 [ No.27012 / 27310 ]
投稿者 : dkd47542
おいおいアンタの説明だと日本《滅亡》してんじゃねぇか
要は元日本人と言う人種が3000万人程度《生き残るだけ》だろ?
政府が無いのだからもはや日本としての国体は成さない
政府が例え残ろうがどの道経済力が無いのだから
政府を継続させる事など不可能



柳 四郎
3000万の日本人でどうして国体は成さないの?

シンガポールなど500万・・・クーイト70万・・・トンガ500人だぞ

さて徳川末3000万の日本国民だった・・・政府が無かったか?

全く無知だ!!・・話にもならない。な~~




Re:まともでないsunday_japan39 2 2007/10/27 13:14 [ No.27019 / 27310 ]
投稿者 : skkmfuji

横レス失礼
やれやれ北朝鮮脅威論のお出ましだ。

北朝鮮からミサイルが飛んでくるから日本壊滅だ。
防衛のため憲法改正して先制攻撃だとなる。

改憲派がよく使う、「万が一あほたら論」のお出ましだ。
台湾有事論・中国脅威論・北朝鮮脅威論、しかしながら米国脅威論は絶対に出てこないね。

米中味方論(友好論)が成立する現在、米中が気になる裏取引を行っている。
台湾を平和的方法(武力方法回避)にて、中国に統合させる。
見返りとして、北朝鮮を平和的方法(武力方法回避)にて韓国に統合させる。

北朝鮮が無くなる可能性があり、北朝鮮脅威論がなくなる。



柳 四郎
残念ながら米国脅威論はやったよ・・・!

米国相手には戦うことが出来ない・・・これが結論だ・・・60年前に原爆2発・・日本中破壊した国だ。

確率から言えばもっとも危険な国だ・・・だから友好国として脅威はない・・・同じく

中国も友好国だから脅威はない・台湾・・カナダ・ロシアすべて友好国だから・・何の心配もない・・

残るのは敵国朝鮮・・・現在日本と戦争中の国家・・・これは9月5日交渉回復特使を出して交渉中だ・・福田総理が最後の決断をするだろう・・・数兆円の賠償金を払って解決だ。

北朝鮮を平和的方法(武力方法回避)にて韓国に統合させる・・こんな馬鹿なことはしないよ・・・韓国こんな金はないよ・・・なし崩しに経済が合同して・・・シヤム双生児・・・の如く一体不可分になるだろう。

キン委員長のボケで・・すべてはおしまいだ・・・いつかわからんうちに併合だろう。

ここで重要なのは日本国防衛不要に日本国民が気が付く・・・軍解体だ・・残る基礎軍を国連軍に編入して・・憲法論もなくなる・・軍隊がないのだから・・改正不要だ。



Re:まともでないsunday_japan39 2 2007/10/27 17:48 [ No.27027 / 27311 ]
投稿者 : dkd47542
特亜脅威論が出て米脅威論が出ないのは
敵性国家と仮想敵国の差だな


柳 四郎
残念ながら脅威論・・敵国論=主観論は基本的にやらない・・・・・主観論=結論がない論・・水掛け論だから。




Re:まともでないsunday_japan39 2 2007/10/27 19:32 [ No.27043 / 27311 ]
投稿者 : skkmfuji

ところで、「敵性国家と仮想敵国の差」は誰が決めてるのかな。

自衛隊は、「北朝鮮は仮想敵国」としてるが「敵性国家」とはしてないが?



柳 四郎
「北朝鮮は仮想敵国」・・・現在戦争中の国を仮想敵国とはおかしいよ!!

日本から飛び立った爆撃機が数百万もの朝鮮人を殺傷してるんだ・・・日本が仮想敵国だなどと馬鹿言っても

朝鮮にとっては真正敵国だよ・・・だからいつ200基のミサイルを原発に撃ち込んでもおかしくない・・何の防衛体制も持たぬ日本は裸の王様だ。





テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

ぜひ批判、反論を加えて下さい。


柳四郎様    7

柳 四郎
1.「大変有意義な論と考えますので・・コメントではなくて・・表の論争として・貼り付けます・了承ください。」

藤田裕行 
私の主張が間違っているように思われる方は、ぜひ反論して欲しいと思います。 いろいろな見方、立場からの見解・意見を目にすることは有意義です。その意味で、私の主張は「公開」して頂いてかまいません。

柳 四郎
2.「なぜこのような傲慢なことを僕が話すか・・・僕自身神徒だからです・・・父が死の床で・・・家は・・ひこほほでみの尊の末裔だ・・とはなしました・・・父の生家は宮崎・・・今の継体天皇=国津神の末裔と血筋が違い天津神(天孫降臨)の末裔です・・貴方が帰依する天皇=国津神の末裔とは根本が違う神の系列です。」

藤田裕行 
そのよう血脈のゆかりにある方と、認識の相違をお話できることは光栄です。 私の曽祖父のお一方は戊辰戦争で官軍側にありました。藤田家は南部藩士の家柄で、その意味では「朝敵」とされているので、まあ先祖のことを思うと時に複雑な思いを感じたりすることもあります。

柳 四郎
古事記を読むと山を歩いていた神の一行が向こうの山を歩く神に出会い・・・お~~いお前は何処の神だ??

私は国津神だ・・・と答えています・・すべて神の世界で・・日本人はすべて神の末裔だと言うことです。

父が死の床で・・・・正気でか、うわごとでか・・・わかりません・・・いづれ・・たわごとでしょう・・・宮崎の父の実家は既に人手に渡り・・・家系図も・・・それほどさかのぼれる物は有りませんから・・たとえ系図が有るとしても・・とても神話の世界まではさかのぼれません・・・現在の天皇の系図も継体天皇までですから。

その意味では「朝敵」とされている・・・僕の父も西郷嫌いでした・・・理由は秋月藩・・宮崎の小藩で・・漢学と算和算の塾を開き・造り酒屋・・ま~~当時の学問はすべて豪商・豪農の遊びであり・・維新時には・・薩摩藩にいじめられたのだろうと思います。

時間が有ればさらに反論ください・・・期待してお待ちしています。

柳 四郎 拝


柳様
6・・・・・・・・・・・・
私なりの考えを提示しますので、ぜひ批判、反論を加えて下さい。

藤田 裕行 
100%の「絶対正義」というのは、神ならぬ人間の欲望と利益の相克する国際政治の世界では、大前提としてはないと思います。

柳 四郎
であるならば・・・自己の正義を主張するなどと言う・・馬鹿げたことをするべきでは在りません。

世界に対して「日本には、日本の正義がある!!」・・・がしかし「絶対正義ではない」!!・・それは単なる「相対的正義である」!!

こんな馬鹿な主張はありません。

藤田裕行
裁判でも、議論でもそうでしょうが、それぞれの「立場」で「正義、人の道にかなって正しいと思うことを貫く」ことが大切です。ところが、往々にしてその「日本の立場」を主張することなく、相手の立場に擦り寄って、同情や相手側の慈悲や配慮に期待するのでは「国益」を損ねます。正しいと信ずる「義」を、日本は貫くべきだと信じます。日本は日本の正義を貫けということです。


せい‐ぎ【正義】 大辞泉 
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」2 正しい意義。また、正しい解釈。

言葉の使い方が間違っている・・・と僕は考えるのです。

ー>藤田裕行
私は、そうは思いません。


なぜこんなことを言うか・・・最近の言論を見ていて実に情けなく感じるからです・・・平気で嘘をついて次々に嘘が暴かれて・・・頭を下げる・・・うそに対する麻痺・・道徳の欠如です。

どうか貴方のように影響力のある方は・・・道徳に対して厳しく言をただしていただきたいのです。

謝れば良い・・こんないい加減な言動はぜひ慎んでいただきたい・・と思うからです。

ーー>藤田裕行
まったくもって同感です。


藤田 裕行 
しかしながら、私は、大東亜戦争には「聖戦」と呼ぶに相応しい「日本の正義」があったと思います。これは、矛盾ではありません。

それぞれの国なり民族なりが、「正義」を主張する中で、その正義の相克が起こります。

柳 四郎


正義とか善悪とか関係のない歴史の流れです・・・その歴史の流れを・・・善悪で判断することが間違いです。

1945年以降は・・・民族自決の原則が確立して・・・弱小国を併合して海外領土を拡大することは悪・・となりました。

1945年・・敗戦で負けた日本だけが海外領土を放棄しただけではありません・・・戦勝国もほとんどの海外領土を放棄しました。

1945年以降の正義感で・・1945年以前を価値判断することが間違いです。
ここをほとんどの方が理解せず一貫して現在の価値判断で過去を裁こうと考える・・・この間違いに気が付くべきです。

ー>藤田裕行
なにが「正しいか」の価値判断は、時代によってことなるので、今の時代の価値判断で、大東亜戦争当時の価値判断を「悪」と決め付けるのは、誤りだとかねてより一貫して訴えております。

大東亜戦争を日本が米英に対し開戦するまで、世界では欧米諸国による亜細亜、阿弗利加等の植民地支配(搾取)が行われておりました。
日本が大東亜戦争を戦ったことにより、民族自決の精神がこれら欧米諸国に植民地とされた国々に広がり、数多くの独立国が世界に誕生したのは歴史の事実です。

日本は、亜細亜を侵略していない。 亜細亜を欧米の植民地支配から開放し、独立国家として亜細亜各国が立ち上がることを支えた、それが大東亜戦争の「大義」です。



藤田 裕行 
そこに、大いに国際道義に反するような「正義」の主張もあるでしょうし、時局の体制を保つ「正義」もあるでしょうし、その時点では受け容れられないものであっても、長い歴史のスパンで「正義」と主張することの正当性が認められていくこともあるでしょう。

私の言う「正義」は、100%正しい「絶対価値」としての「正義」ということではありません。

100%正しい「正論」=すべての人が正しいと受け入れられる「正論」 というものは、なかなか国益の相克する国際政治の世界では、在り得ざることだと思います。

柳 四郎
「聖戦」「正義」「正論」 全く異なる言葉をあたかも同義に用いることはするべきではありません。

ー>私は、「聖戦」「正義」「正論」は、定義が違うため、同義に用いてはおりません。柳さんには、そのようにご理解頂きたい。

靖国神社の靖国会館で、同志の四宮正貴氏が「聖戦」について講演をされ、その内容は私も同感でしたが、ひとつ欠けている観点があったので、指摘しました。
私は、大東亜戦争は、「聖戦」であるとする理由は、先帝陛下がその開戦の詔書で「皇祖皇宗ノ神霊上ニ在リ」と闡明されておられるからであります。 皇祖=天照皇大神様、皇宗=歴代天皇霊 を 頂いていると天皇陛下が詔(みことのり)されておられるのですから、私は、このことをもって大東亜戦争は「聖戦」と述べるのです。

「正義」とは、「義」のあり方であります。 そこに「大いなるもの」があれば「大義」、また「正しいと信ずるもの」があれば「正義」となりましょう。大義と正義では、どちらが上かということは、その個々の内容をもって判断せねば、一概には決められぬと思います。

「正論」は、その主張する者なり、その認知する者が、「正しい」と考える論でありましょう。

尚、これらの定義は、辞書による定義ということではなく、私がある程度の人生経験なり学習なりで考え使っている定義です。

尚、正義の相克ということは、歴史的に宗教対立、民族対立をみると理解できるでしょう。 どちらも「正義」を主張しています。 私は私の立場で、「どちらがより正しい」、あるいは「 どっちもどっちだ」あるいは「どちらも正しくない」と思うこともあります。 正義というものには、立場の違いが常につきまといます。

たとえば、米国は大統領には誰でもが(米国市民なら)なれる権利を有するデモクラシーの国 であるとその「正義」を主張します。 私は、誰もがなることができない、血脈として国家の長を神代の時代より連綿と継承してこられた「万世一系の天皇」を戴く皇国こそ、世界に比類なき国体の理想 とそう皇国日本の存在の「正義」を主張するものです。


せい‐せん【聖戦】
1 神聖な目的のための戦争。

神聖・・宗教に立脚した概念です・・天皇を神と信じての【聖戦】です・・日清日露の戦争を【聖戦】とは言いません。
天皇がまだ神としては信じられていなかったので・・当然【聖戦】の概念はでてきません。

明治政府を支えていたのは武士階級儒教の徒です・・・天皇を神だなどとは誰も信じていません・・しかし明治政府は天皇を神として国家神道を後ろ盾として成り立っていましたから・・・天皇を神として国家神道を国民に信じさせたのです・・自分の信じていない国家神道(荒唐無稽・横井談)を宣伝しました・・・昭和の軍人は天皇を神として国家神道を持って戦い惨敗したのです。

せい‐ろん【正論】
道理にかなった正しい意見や議論。

意見や議論が道理にかなっているかどうかを検証することで初めて正論となりうるのです。

せい‐ぎ【正義】 大辞泉 
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」2 正しい意義。また、正しい解釈。

ー>藤田裕行
ディベートにおいては、辞書の定義は、最も基本的な定義ですが、それは絶対のものではありません。 ですから、最近「せいろん談話室」にも書きましたが、定義についてのディベートは大切です。 ディベートは、28年ほどやっております。官庁、大手企業で研修講師もしております。 補足すると definition [「定義」 は、affirmative side 「肯定側」が原則します。肯定側が policy debate 「政策ディベート」では、提案側となるので、resolution「論題」の用語を定義することを求められます。そこではじめてディベートとなります。否定側は肯定側の定義した主張に、反対の立場の constructive speech「立論」 cross-examination「反対尋問」 rebuttal 「反駁」を行います。勿論肯定側も negative side「否定側」のconstructive speech「立論」に対して cross-examination「反対尋問」 rebuttal 「反駁」を行います。ちなみに、28年前に英語ディベートをやっていた仲間には、オウムの上祐の彼女を洗脳から開放して一躍有名となった国際脳機能学者の苫米地君がいます。彼は「洗脳原論」とか最近ではスピリチュアル関連の動向に反論を試みているようです。

藤田 裕行 
日本の伝統的思想の良い点は、「神でなくば悪魔、悪魔でなければ神」という、「論理ゲーム」の二者択一の立場を取らないところにもあります。
ディベートは、YESかNOかの勝負です。そして勝ち負けを決めます。

では、その勝ったほうが正しいのか? そんなことは、日本人的思想では、まったくもってないのです。

柳 四郎
ディベートは・・・【正論】は検証して成り立ちます・・・日本の伝統的思想はディベートは・・・【正論】の類ではありません・・混同されませんように。

ー>藤田裕行
ディベートも定義が必要です。 例えば、英語で debatable と言えば「議論の余地がある」という意味になる。一般の日常会話で I'd like to debate on that. と言えば「その件については、議論したい」となります。 
正式なディベートは、いくつかのフォーマットがあります。 リンカーン・ダグラスディベートフォーマットとか全米大学ディベートリーグのフォーマットとか、日本のESSなどが昔からやっている英語ディベートのフォーマットなどです。
これは、時間配分、発言順序、発言手法まで厳しく決められている「ゲーム」です。 ですからジャッジが「勝敗」を決定します。 ジャッジのいない「ディベート」は、正式にはディベートと言えないかもしれません。狭義ではです。
米国大統領ディベートなどは、選挙の結果やそのディベートについてのマスコミなどの批評が、ある意味ジャッジの代わりの機能を務めているのでしょうが、国際政治、国内政治の別を問わずに、主張には「陣営の利害得失」が大きく影響します。
この場合は、「正義」として主張されるものが、国益よりも党益を優先しているかのようなことがしばしま伺えます、もし常にでなかったにしても。

宣長が日本の伝統的思想の拠って立つ・・・古事記を検証して・・・儒教・聖書・その他の思想を凌駕しようと苦戦して・・荒唐無稽な国学を真淵の指導で作り上げました・・日本の伝統的思想・・・は真淵・宣長の言うようななさ情けない伝統的思想・・・ではありません。
 
古事記・・八百万の神々・・自然を崇め敬う・・他を排除するような情けない思想ではないということです。

ー>藤田裕行
私は、日本の神代の時代からの「万世一系・君民一体」国体は、世界に誇れる「国のあり方の理想」と思います。また八百万の神の共存を寛容に受け入れ、万物に神が宿るという「神ながら」の世界観は、一神教のユダヤ、キリスト、イスラム世界も学ぶ寛容さに期待したいものだと思うのです。 「神の信者でない異教徒は、虐殺すべき存在」という教義を、全てを受け容れる神道の思想と比べると、私は後者により希望を感じます。


藤田 裕行 
そもそも、大東亜戦争は、日本が勝った。 勝利したのです。

戦争目的の達成ということでは、そのようになります。 日本は、仁を為して、国として敗戦を迎えましたが、そのことで勝った=それ以降、亜細亜各国はじめ阿弗利加でも、国の独立が相次ぎ、欧米の植民地支配は終焉しました。

そういう見方もできるのではないですか。 これは日本の「正義」の主張です。 欧米の正義は、また異なるでしょう。 コミュンテルンのテーゼという「正義」も、また異なります。

日本の「正義」は、欧米にとっては「反正義」ともなります。 また自由主義世界からは、コミュンテルンのテーゼという「正義」も、悪魔の思想ともなることでしょう。

そうした「正義」の相克の中で、では、「私」はいかなることを「正義」と思い、その正義に生き、その正義を貫けるかではないでしょうか?

究極的に、人間に 「絶対的に正しい正義」という判断は、現実世界では見出せないのかもしれません。 私自身は、その程度の謙虚さも踏まえて「正義」を主張しております。


柳 四郎
どうもこの辺は真淵・宣長の国学と儒教との混合思想で・・・マルクスと聖書に対峙するような・・変な話で・・・

パッチワークのような論・・・評しようもありません。

ー>藤田裕行
パッチワークでない思想をひとつ挙げてみてくださいな。 どの思想も先人の思索なりをベースにしているし、思想の発展も、それまでの思想とまったく無縁に突如出ることはないと思います。 キリスト教もそう。仏教もそう。あっ、日本の古神道は、もしかしたら「 固有 」かもしれませんね。 あるいは「日本思想」は、あらゆる民族、宗教の影響も包含している」ともいえます。 


藤田 裕行 
柳さんは、神の如く「100%時空を超えて正しい価値判断」ができる、とそうご自身をお思いですか? 

もしNOであるなら、神の如く「100%時空を超えて正しい価値判断」ができる人をご存知ですか? 

もし、柳さん 或いは 地上のどこかの誰かが、神の如く「100%時空を超えて正しい価値判断」ができる人 であったら教えて下さい。

私は、一国のいかなる神にも似たる政治指導者も、或いは民主主義の決定も、「100%の正義」を内包し、現実化し得るものではないと思います。 私は、その程度の「現実」を見ております。 机上の空論を述べたくはないからです。

各国の正義は、それぞれの国の立場と局面に於ける「正義」 となるのではないでしょうか。  その意味で、「日本の正義」と述べたのです。

「日本が正義である」と、そういう絶対的な立場で述べてはおりません。 


柳 四郎
「日本が正義である」と、そういう絶対的な立場で述べてはおりません・・であるならば・・・「日本が正義である」と断言するべきではありません。 

ー> 藤田裕行
私は、私の信じるところの「正義」は、絶対正義ではないでしょうが、少なくとも私は「正義」と信じて主張します。 そのような主張をすべきでないと、そう主張される柳さんの論拠、「正論」、「正義」をお尋ねしてみたい。
もし柳さんの主張を英訳すると(意訳かな・・) You just shut up. となりますね。 問答無用の独裁者のような発言ではないでしょうかね。それを立場ある方がすれば「言論封殺」と呼ばれるかもしれない。


藤田 裕行 
そもそも、八紘一宇、 世界は一家、親兄弟の意見の違いがあれども、世界各国がそれぞれの立場、意見も考慮しながら共栄共存の道を見出すのが、「大和心」というものではないかとも思うのです。 しかし、その中で、日本は日本の国益の立場から、正々堂々と、その「日本の正義」を世界に訴えていくべきであろうかと思うのです。 私の考え方は、世を惑わせ、人を惑わすものでしょうか?

「国益」と「正義」は、イコールではないとしても、また対立概念でもありません。 そこにも重なりがあります。 私は、「国益」は、その国の「正義」に、立脚すべきであろうかと思います。 私の考えは混乱しておりますかね?

柳 四郎
貴方の言うとおり

ディベートは、YESかNOかの勝負です。そして勝ち負けを決めます。では、その勝ったほうが正しいのか? そんなことは、日本人的思想では、まったくもってないのです。

このような曖昧模糊とした論を展開して国際社会を説得することが間違いだと言うことです。

国際社会で通用するのは論証です・・負けたほうが降りる・・これが当然です・・・負けても自己を主張を通す・・これが武力行使です。

このように国際社会で通用すべき国民を作り上げる・・それが貴方の使命ではありませんか?

北方領土・竹島・尖閣は日本固有の領土である・・この論にもなら論んを振り回す馬鹿な国民を見て情けない限りでした。

中国・韓国・ロシアが北方領土・竹島・尖閣はわが国の固有の領土である・・と主張したら反論できません。

*********
ー>藤田裕行
何をもって「国益」と考えるかについても、それぞれ人によって考えに違いがあるのが自然です。 その議論を封殺することこそ恐ろしい。 各国が「正義」を主張するというのは当然で、日本は、その「主張」すら回避して、問題を先送りしたり場当たり的な対応をするようなケースがしばしば見受けられる。 私は、日本は堂々と「日本の立場」、日本が正しいと考える「義」を、国際社会で主張すべきだと、そう私は訴えているのです。日本よ、日本の正義を国際社会で主張せよ!と、そういう立場です。 そして、私は「北方領土・竹島・尖閣は日本固有の領土である」と、そう堂々と各国に対しても主張すべきであると考えます。そしてその解決の方法論は、まず主張があって始めて交渉のテーブルに乗るということでしょう。その堂々と相手国に主張できないようでは、それこそ情けないと私は思うのです。


追加ですが・・。
http://saitob.iza.ne.jp/blog/entry/126345/wtcmt/#wrtCmt斎藤勉のウオツカ酔夢譚

斎藤勉のウオツカ酔夢譚   斎藤 勉 さん

柳 四郎
1・・・「歯舞・色丹の二島返還」をうたった日ソ共同宣言に両国国会も批准が済んでいるのに・・勝手に4島返還に切り替えた理由は何だとお考えですか?
ロシアに対してその理由をどのように説明しているのでしょうか?

オフィシャル解説
2・・・ソ連は第二次大戦時の1945年8月9日、締結していた「日ソ中立条約」を破って対日参戦し
日独伊三国防共協定  1936年11月 
日ソ中立条約調印    1941/04/13 
独ソ戦開始          1941/06/22 
ソ連対日参戦       1945/8/9  
この↑事実を見ると理解できるが。

独ソ戦開始 1941/06/22 ・・このとき日本は「日独伊三国防共協定」により独伊ともに対ソ戦を開始してると考えますが。
この矛盾をどのように説明されますか?

*********

正論はとうとう答えずに僕の投稿を削除しました・・・削除しても斎藤 勉 さん のオフィシャル解説 の間違いは消えないと言うことです。

ブログに貼ります
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-entry-33.html

柳 四郎 拝



柳様

時間がなくて後半へのフィードバックができませんでした。

以下、私の所感を述べますので、また批判、反論して下さい。

藤田裕行 拝
----- Original Message -----
From: 株力学
To: 藤田裕行
Sent: Saturday, October 27, 2007 6:02 PM
Subject: Re: 正論


柳 四郎
1・・・「歯舞・色丹の二島返還」をうたった日ソ共同宣言に両国国会も批准が済んでいるのに・・勝手に4島返還に切り替えた理由は何だとお考えですか?
ロシアに対してその理由をどのように説明しているのでしょうか?

ー>藤田裕行
率直なところ、「「歯舞・色丹の二島返還」をうたった日ソ共同宣言に両国国会も批准が済んでいるのに・・勝手に4島返還に切り替えた理由 」は、私は知りません。
私は、日本は、その固有の領土を不当に占拠した旧ソ連、現ロシアに対しては、明確に4島返還を、まず訴えて、譲歩・妥協するべきではない、とそう思います。


オフィシャル解説
2・・・ソ連は第二次大戦時の1945年8月9日、締結していた「日ソ中立条約」を破って対日参戦し
日独伊三国防共協定  1936年11月 
日ソ中立条約調印    1941/04/13 
独ソ戦開始          1941/06/22 
ソ連対日参戦       1945/8/9  
この↑事実を見ると理解できるが。

独ソ戦開始 1941/06/22 ・・このとき日本は「日独伊三国防共協定」により独伊ともに対ソ戦を開始してると考えますが。
この矛盾をどのように説明されますか?

日独伊三国防共協定と日ソ中立条約を矛盾と見るというのは、国際政治の重層性への認識問題と言えます。
大東亜戦争開戦前に、シナと「支那事変」はありましたが、正式に「戦争」はしていません。 日本が開戦したのは米英に対してです。
しかし、米中間の緊密なる利害の一致があり、支那は「連合国」側に位置づけられておりますが、日本は支那と「開戦」はしていない、というのが私の立場です。朝鮮とも同様です。日本は朝鮮と「戦争」はしていない。

しかし、支那は、「連合国側」として、日本を敗戦国、支那を戦勝国と位置づけるでしょうが、「戦争」をしていない支那とは、戦勝も敗戦もない、そう私は思います。

そのように、国際政治というフィールドでの各国の「国益」は、重層的なものであります。

さすれば、日独伊三国防共協定と日ソ中立条約を矛盾と見るというのは、あまりにも「非重層的」過ぎるきものではないでしょうか。

端的に、ソ連は日ソ不可侵条約を破って、日本に侵略した、そう見るのが正鵠を射ている「観点」であると、そう私は思います。


藤田裕行 拝


-------------------------------------------------
7・・・・・・・・・・・・・


藤田 裕 様

藤田 裕 
裁判でも、議論でもそうでしょうが、それぞれの「立場」で「正義、人の道にかなって正しいと思うことを貫く」ことが大切です。ところが、往々にしてその「日本の立場」を主張することなく、相手の立場に擦り寄って、同情や相手側の慈悲や配慮に期待するのでは「国益」を損ねます。正しいと信ずる「義」を、日本は貫くべきだと信じます。日本は日本の正義を貫けということです。

柳 四郎
正義、人の道にそれぞれの「立場」があるなどと言う考え方は変ですよ・・・正義はすべてにとって変わらないからこそ正義です。
立場・立場で変わる正義・・それは正義ではありません・・ここを間違えていると僕は考えます

また裁判で正義を論ずることはありません・・・法に正義は書かれてないからです・・法には法しか書かれていません・裁判で論ずるのは・・どちらが正しいかどちらが間違いであるかで・・正否であって義ではありません。


藤田 裕 
私は、そうは思いません。

柳 四郎
そうは思はない・・理由根拠が必要です。

立場立場で変わらないからこそ正義なのです・・・どちらの正義が正しいか論ずる必要がないからこそ正義なのです。

「国益」を主張する・・・これは何処までも国益の中身を提示しての主張です・・領土・貿易・いろいろな国益があり・・中身を言わずに国益だ!!とは言いません。

何処までも・・国益と正義と同じではありません。

藤田裕行
なにが「正しいか」の価値判断は、時代によってことなるので、今の時代の価値判断で、大東亜戦争当時の価値判断を「悪」と決め付けるのは、誤りだとかねてより一貫して訴えております。

柳 四郎
同感です・・1945年民族自決の原則が確立する以前(国際連盟)と以降(国際連合)とで価値基準が変わったのです。

藤田裕行
大東亜戦争を日本が米英に対し開戦するまで、世界では欧米諸国による亜細亜、阿弗利加等の植民地支配(搾取)が行われておりました。
日本が大東亜戦争を戦ったことにより、民族自決の精神がこれら欧米諸国に植民地とされた国々に広がり、数多くの独立国が世界に誕生したのは歴史の事実です。

『ウィキペディア(Wikipedia)』民族自決の原則
1・・・・第一次世界大戦末期に、アメリカ大統領ウィルソンが十四か条の平和原則で提唱し、ヴェルサイユ条約での原則となり、その後の民族独立の指導原理になった。

柳 四郎
歴史を・・・学んでください・・・基本的な間違いの上に・・論を展開されませんように・・・
民族自決の精神は大東亜戦争にまったく無関係です。

藤田裕行
日本は、亜細亜を侵略していない。 亜細亜を欧米の植民地支配から開放し、独立国家として亜細亜各国が立ち上がることを支えた、それが大東亜戦争の「大義」です。

柳 四郎
1・・・・第一次世界大戦末期に、アメリカ大統領ウィルソンが「『ウィキペディア(Wikipedia)』民族自決の原則」

それが大東亜戦争の「大義」ではありません・・歴史を学ばないと・・間違った結論に達しますよ。

http://blogs.yahoo.co.jp/riyushirou3987/481615.html
幕末の思想家の発言は勤王佐幕とその内容は変わりますが、結論として中央集権の富国強兵策へとまとまり、その強兵をもって韓国・台湾を打って一丸となってアジア横行することに決定します。

このように・・日本が亜細亜を侵略する↑意思は既に幕末の思想家の書いた本に明確にか書かれています。

英国など世界を征服して日の沈まぬ国と豪語しました・・・力のある国が弱小国を併合して海外領土を拡大する歴史の流れに日本も乗って・・・朝鮮・台湾・満州そしてベトナム・マーレシア・フイリッピンへと領土を拡大していきました。

日本の侵略戦争は明治以の領土拡大戦争に始まり・・日米対決の最後の決戦・・真珠湾攻撃で終焉を迎えたに過ぎません。

大東亜戦争の「大義」などというのは歴史上全く無意味な・・たわごとだということです。

柳 四郎
「聖戦」「正義」「正論」 全く異なる言葉をあたかも同義に用いることはするべきではありません。

藤田裕行
私は、「聖戦」「正義」「正論」は、定義が違うため、同義に用いてはおりません。柳さんには、そのようにご理解頂きたい。

靖国神社の靖国会館で、同志の四宮正貴氏が「聖戦」について講演をされ、その内容は私も同感でしたが、ひとつ欠けている観点があったので、指摘しました。
私は、大東亜戦争は、「聖戦」であるとする理由は、先帝陛下がその開戦の詔書で「皇祖皇宗ノ神霊上ニ在リ」と闡明されておられるからであります。 皇祖=天照皇大神様、皇宗=歴代天皇霊 を 頂いていると天皇陛下が詔(みことのり)されておられるのですから、私は、このことをもって大東亜戦争は「聖戦」と述べるのです。

せい‐せん【聖戦】大辞泉 
1 神聖な目的のための戦争。

柳 四郎
神聖・・宗教に立脚した概念です・・天皇を神と信じての【聖戦】です・・日清日露の戦争を【聖戦】とは言いません。
天皇がまだ神としては信じられていなかったので・・当然【聖戦】の概念はでてきません。
日清日露を戦ったのは武士です儒教の徒です・・・国家神道など信じてはいません・・・当然天皇を神と頂く国家神道を荒唐無稽だと唾棄していますから・・・【聖戦】などという馬鹿な発想はしていません。

敗戦で天皇はただの人であると断言して既に神の座を降りています・・・貴方はこのように神が不在の・・崩壊した国家神道をいまだに信じている・・・ということですね・・・・・・いまだに天皇を神と頂く・・・・荒唐無稽な信仰はぜひ放棄されることを望みます。

ましてや聖徳太子以来・・天皇家は仏に帰依してるのですよ!!

仏にすがりつく神??こんな神様を貴方は信じるのですか?


せい‐ぎ【正義】 大辞泉 
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」2 正しい意義。また、正しい解釈。

藤田裕行1
「正義」とは、「義」のあり方であります。 そこに「大いなるもの」があれば「大義」、また「正しいと信ずるもの」があれば「正義」となりましょう。大義と正義では、どちらが上かということは、その個々の内容をもって判断せねば、一概には決められぬと思います。

「正論」は、その主張する者なり、その認知する者が、「正しい」と考える論でありましょう。

尚、これらの定義は、辞書による定義ということではなく、私がある程度の人生経験なり学習なりで考え使っている定義です。

藤田裕行
尚、正義の相克ということは、歴史的に宗教対立、民族対立をみると理解できるでしょう。 どちらも「正義」を主張しています。 私は私の立場で、「どちらがより正しい」、あるいは「 どっちもどっちだ」あるいは「どちらも正しくない」と思うこともあります。 正義というものには、立場の違いが常につきまといます。

たとえば、米国は大統領には誰でもが(米国市民なら)なれる権利を有するデモクラシーの国 であるとその「正義」を主張します。 私は、誰もがなることができない、血脈として国家の長を神代の時代より連綿と継承してこられた「万世一系の天皇」を戴く皇国こそ、世界に比類なき国体の理想 とそう皇国日本の存在の「正義」を主張するものです。

柳 四郎
ここは歴史的事実を論じています・・貴方の信仰は論じません・・論じても無意味ですから。

また・・仏にすがりつく「万世一系の天皇」を戴く皇国などというたわごとを僕は聴く耳を持ちません。

なぜこのような傲慢なことを僕が話すか・・・僕自身神徒だからです・・・父が死の床で・・・家は日子ほほでみの尊の末裔だ・・とはなしました・・・父の生家は宮崎・・・今の継体天皇=国津神の末裔と血筋が違い天津神(天孫降臨)の末裔です・・貴方が帰依する天皇=国津神の末裔とは根本が違う神の系列です。

さて聖徳太子がなぜ仏にすがったのか・・・継体天皇=国津神の末裔だからです・・自己の正当性がないから・・仏のすがったのです。

継体天皇・・・天皇家の体を継いだに過ぎません・・・体=形のことです・・中身は継いでいないということです。

中身がない以上聖徳太子が仏にすがったの・・当然のことです。

明治政府は薩長土肥の下級武士が作り上げた政府です・・・何の正当性も根拠も拠り所もありません。

下級武士がすがりついたのが・・有りもしない天皇の権威です・・・その存在しない天皇の権威を作り出すのに用いたのが・・賀茂真淵・本居宣長の国学です・・・国学を国家神道として厚い衣を着けててんぷらの如く・・・華々しく散らし上げて見せたのですが・・・何処までもてんぷらはてんぷらに過ぎません・・・敗戦と同時に・・天皇が逃げ出して・・・国家神道は消滅しました。

せい‐ろん【正論】
道理にかなった正しい意見や議論。

意見や議論が道理にかなっているかどうかを検証することで初めて正論となりうるのです。

せい‐ぎ【正義】 大辞泉 
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」2 正しい意義。また、正しい解釈。

藤田裕行
ディベートにおいては、辞書の定義は、最も基本的な定義ですが、それは絶対のものではありません。 ですから、最近「せいろん談話室」にも書きましたが、定義についてのディベートは大切です。 

柳 四郎
辞書の定義が絶えず揺れ動く・・・当然のことです・・・言葉は移り行きます・・・さようなら・・これは別れの挨拶ではありません・・・左様であるならばこれにてごめん・・・これにてごめん・・これが別れの言葉です・・しかし現在の論争は現在の定義でする以外出来ません。

藤田 裕行 
日本の伝統的思想の良い点は、「神でなくば悪魔、悪魔でなければ神」という、「論理ゲーム」の二者択一の立場を取らないところにもあります。
ディベートは、YESかNOかの勝負です。そして勝ち負けを決めます。

では、その勝ったほうが正しいのか? そんなことは、日本人的思想では、まったくもってないのです。

柳 四郎
ディベートは・・・【正論】は検証して成り立ちます・・・日本の伝統的思想はディベートは・・・【正論】の類ではありません・・混同されませんように。

藤田裕行
ディベートも定義が必要です。 例えば、英語で debatable と言えば「議論の余地がある」という意味になる。一般の日常会話で I'd like to debate on that. と言えば「その件については、議論したい」となります。 


柳 四郎
あくまでも・・国益を正義と主張することの間違いを理解ください・・国益を正義で裏打ちする必要は有りません。

宣長が日本の伝統的思想の拠って立つ・・・古事記を検証して・・・儒教・聖書・その他の思想を凌駕しようと苦戦して・・荒唐無稽な国学を真淵の指導で作り上げました・・日本の伝統的思想・・・は真淵・宣長の言うようななさ情けない伝統的思想・・・ではありません。
 
古事記・・八百万の神々・・自然を崇め敬う・・他を排除するような情けない思想ではないということです。

藤田裕行
私は、日本の神代の時代からの「万世一系・君民一体」国体は、世界に誇れる「国のあり方の理想」と思います。また八百万の神の共存を寛容に受け入れ、万物に神が宿るという「神ながら」の世界観は、一神教のユダヤ、キリスト、イスラム世界も学ぶ寛容さに期待したいものだと思うのです。 「神の信者でない異教徒は、虐殺すべき存在」という教義を、全てを受け容れる神道の思想と比べると、私は後者により希望を感じます。

柳 四郎
ここでも貴方の論は破綻していますよ・・・国家神道・・天皇を絶対神として、一神教の教理を主張しています。

聖戦の思想は一神教の世界でしか生まれません・・唯一の神の命に従うことでしか・・・聖戦は起こりえません。

ホメロス・イリアス・オデッセ・・・ギリシャ神話のキリスト以前の世界で聖戦は有りません・・当然儒教の世界でも聖戦は有りません。

柳 四郎
どうもこの辺は真淵・宣長の国学と儒教との混合思想で・・・マルクスと聖書に対峙するような・・変な話で・・・

パッチワークのような論・・・評しようもありません。

藤田裕行
パッチワークでない思想をひとつ挙げてみてくださいな。 どの思想も先人の思索なりをベースにしているし、思想の発展も、それまでの思想とまったく無縁に突如出ることはないと思います。 キリスト教もそう。仏教もそう。あっ、日本の古神道は、もしかしたら「 固有 」かもしれませんね。 あるいは「日本思想」は、あらゆる民族、宗教の影響も包含している」ともいえます。 

柳 四郎
キリスト教はユダヤ旧約の上に成り立ちます・・イスラムは旧約・新約の上に成立します。

仏教はバラモン教を母体として成立します・・・いずれもパッチワークの世界では有りません。

日本の古神道??何を持って古神道と言われるのですか?

真淵・宣長の国学はすべて古事記によるものです。

宣長はこう書いています神道などといわれる道は日本には古来存在しないと・・有るのは人が歩いた道・・・獣が歩いた道・・単なる道路だけだと・・・仏教や儒教が入ってきて道などと言うややこしいものが出来たと。

古事記を僕は4~5回読みました・・・宣長の書くとおり・・・道・・・教えなどどこにも書かれてはいません。

日本の古神道「 固有 」「日本思想」など何処にもないのです。

ましてや国学・国家神道など何処にもありません・・・真淵・宣長の国学だということです・・・さらに衣をべたべたに着けて花を咲かせててんぷらにしたのが・・・国家神道だということで・・・中見はすでに逃げ出して・・・神の座を降りたと言うことです。


藤田 裕行 
各国の正義は、それぞれの国の立場と局面に於ける「正義」 となるのではないでしょうか。  その意味で、「日本の正義」と述べたのです。

「日本が正義である」と、そういう絶対的な立場で述べてはおりません。 


柳 四郎
「日本が正義である」と、そういう絶対的な立場で述べてはおりません・・であるならば・・・「日本が正義である」と断言するべきではありません。 

藤田裕行
私は、私の信じるところの「正義」は、絶対正義ではないでしょうが、少なくとも私は「正義」と信じて主張します。 そのような主張をすべきでないと、そう主張される柳さんの論拠、「正論」、「正義」をお尋ねしてみたい。
もし柳さんの主張を英訳すると(意訳かな・・) You just shut up. となりますね。 問答無用の独裁者のような発言ではないでしょうかね。それを立場ある方がすれば「言論封殺」と呼ばれるかもしれない。

柳 四郎
僕は神の末裔だと話しました・・・一神教の徒では有りません・・と同時に正義も主張しません・・・正義をまるで
バナナの叩き売りの如く振り回す・・・香具師のようなまねは・・少なくとも心ある日本人なら・・大和心を持つのなら・・止めてほしいというのです。

shut up・・黙れ!!とは  言っていません・・懇々と説いているだけです。

藤田 裕行 
そもそも、八紘一宇、 世界は一家、親兄弟の意見の違いがあれども、世界各国がそれぞれの立場、意見も考慮しながら共栄共存の道を見出すのが、「大和心」というものではないかとも思うのです。 しかし、その中で、日本は日本の国益の立場から、正々堂々と、その「日本の正義」を世界に訴えていくべきであろうかと思うのです。 私の考え方は、世を惑わせ、人を惑わすものでしょうか?

柳 四郎
明治以来一貫して領土拡大・・侵略の最終章でわれた・・・ロゴ=八紘一宇・東亜の新秩序・五族協和・・・を使う無神経さを僕は好まないと言うことです。

あくまでも国益は国益として主張すべきです・・・それが正義だと主張することですべては崩壊すると言うことです。

藤田 裕行 
「国益」と「正義」は、イコールではないとしても、また対立概念でもありません。 そこにも重なりがあります。 私は、「国益」は、その国の「正義」に、立脚すべきであろうかと思います。 私の考えは混乱しておりますかね?

柳 四郎
貴方の言うとおり

「国益」は私利私欲に集積に過ぎません・・・「正義」とは全く異質だと言うことです。

ディベートは、YESかNOかの勝負です。そして勝ち負けを決めます。では、その勝ったほうが正しいのか? そんなことは、日本人的思想では、まったくもってないのです。

このような曖昧模糊とした論を展開して国際社会を説得することが間違いだと言うことです。

国際社会で通用するのは論証です・・負けたほうが降りる・・これが当然です・・・負けても自己を主張を通す・・これが武力行使です。

このように国際社会で通用すべき国民を作り上げる・・それが貴方の使命ではありませんか?

北方領土・竹島・尖閣は日本固有の領土である・・この論にもなら論んを振り回す馬鹿な国民を見て情けない限りでした。

中国・韓国・ロシアが北方領土・竹島・尖閣はわが国の固有の領土である・・と主張したら反論できません。


藤田裕行
何をもって「国益」と考えるかについても、それぞれ人によって考えに違いがあるのが自然です。 その議論を封殺することこそ恐ろしい。 各国が「正義」を主張するというのは当然で、日本は、その「主張」すら回避して、問題を先送りしたり場当たり的な対応をするようなケースがしばしば見受けられる。 私は、日本は堂々と「日本の立場」、日本が正しいと考える「義」を、国際社会で主張すべきだと、そう私は訴えているのです。日本よ、日本の正義を国際社会で主張せよ!と、そういう立場です。 そして、私は「北方領土・竹島・尖閣は日本固有の領土である」と、そう堂々と各国に対しても主張すべきであると考えます。そしてその解決の方法論は、まず主張があって始めて交渉のテーブルに乗るということでしょう。その堂々と相手国に主張できないようでは、それこそ情けないと私は思うのです。

柳 四郎
誰も「国益」の主張封殺しませんよ・・言論自由ですから・・・米国に追従する・・これが最大の国益だった以上・・米国に追従の主張だけが多きかったのです・・共産主義者の言う如く対米追従せずに日本の国益をはっきりと主張してきたらここまで安易に・・今日の繁栄・金儲けは出来なかったでしょう。

共産党の主張に従えば・・まず米国と対峙すべき強固な軍隊が必要となり・・・国家予算の2~3割の軍事費が消えたでしょう。

現在の豊かさはとても実現してはいなかったでしょう。

しかし世界は変わり・・米国は中国べったりです・・・日本を単なる落ち目の金持ち・・・日の没する日本の落日・・これをどうして輝く日本にするか?

貴方はこれに対して・・正義などと言う中身のないことを主張して・・何が得られるのですか?

ぜひお聞かせください。


柳 四郎
1・・・「歯舞・色丹の二島返還」をうたった日ソ共同宣言に両国国会も批准が済んでいるのに・・勝手に4島返還に切り替えた理由は何だとお考えですか?
ロシアに対してその理由をどのように説明しているのでしょうか?

藤田裕行
率直なところ、「「歯舞・色丹の二島返還」をうたった日ソ共同宣言に両国国会も批准が済んでいるのに・・勝手に4島返還に切り替えた理由 」は、私は知りません。
私は、日本は、その固有の領土を不当に占拠した旧ソ連、現ロシアに対しては、明確に4島返還を、まず訴えて、譲歩・妥協するべきではない、とそう思います。

柳 四郎
さて両国が正式に国のも批准済んだものを理由もなく・・・不当・・だと言う理由を説明せずに・・譲歩・妥協するべきではない、・・・こんな主張が通用すると思いますか?

日本は、その根拠の「主張」すら回避して、問題を先送りしたり場当たり的な対応をするようなケースがしばしば見受けられる・・・これこそ・・典型的な例です・・・何の主張もせずに・・・場当たり的に・・・4島返還を、まず訴えて、譲歩・妥協するべきではない・・・全く支離滅裂なのです。

これが今日までの日本の主張の典型だと言うことです・・・主張する以上その根拠を明確にせずに何で相手を説得できますか?


オフィシャル解説
2・・・ソ連は第二次大戦時の1945年8月9日、締結していた「日ソ中立条約」を破って対日参戦し
日独伊三国防共協定  1936年11月 
日ソ中立条約調印    1941/04/13 
独ソ戦開始          1941/06/22 
ソ連対日参戦       1945/8/9  
この↑事実を見ると理解できるが。

独ソ戦開始 1941/06/22 ・・このとき日本は「日独伊三国防共協定」により独伊ともに対ソ戦を開始してると考えますが。
この矛盾をどのように説明されますか?

藤田裕行
日独伊三国防共協定と日ソ中立条約を矛盾と見るというのは、国際政治の重層性への認識問題と言えます。

柳 四郎
この矛盾を無視して・・・日ソ中立条約を破ったとソ連の行為を非難する斎藤 勉 さん および産経の正論のいい加減さを僕は許せないのです・・・こんないい加減なことで世界を相手に国益の主張など不可能だと僕は言いたいのです。

藤田裕行
大東亜戦争開戦前に、シナと「支那事変」はありましたが、正式に「戦争」はしていません。 日本が開戦したのは米英に対してです。
しかし、米中間の緊密なる利害の一致があり、支那は「連合国」側に位置づけられておりますが、日本は支那と「開戦」はしていない、というのが私の立場です。朝鮮とも同様です。日本は朝鮮と「戦争」はしていない。

しかし、支那は、「連合国側」として、日本を敗戦国、支那を戦勝国と位置づけるでしょうが、「戦争」をしていない支那とは、戦勝も敗戦もない、そう私は思います。

そのように、国際政治というフィールドでの各国の「国益」は、重層的なものであります。

さすれば、日独伊三国防共協定と日ソ中立条約を矛盾と見るというのは、あまりにも「非重層的」過ぎるきものではないでしょうか。

端的に、ソ連は日ソ不可侵条約を破って、日本に侵略した、そう見るのが正鵠を射ている「観点」であると、そう私は思います。

柳 四郎
国益の主張は・・相互矛盾と妥協との繰り返しですが・・・事実に基づかない主張は反論されれば通らないことをまず理解すべきです。

まず事実を元にして・・・如何に自己に有利にそれを解釈するかの争いです。

ところが日本はどうしても正義だとか情で主張します・・・これを理解することです。

大東亜戦争開戦前に日清戦争で遼東半島・・旅順・台湾をとっています・・侵略開始はその時点からです・・・真珠湾から戦争が始まったと言う解釈は通用しないと言うことを理解すべきです。

柳 四郎 拝


----------------------------------------------------

1・・・・
皇国再興への出撃!
「南京事件を検証する会」の特別専門委員となりました。
12月6日午後5時30分より、九段会館大ホールにて、南京戦に参加された将兵の方々に(阿羅健一先生、東中野修道先生、チャンネル桜が八方あたって、九段に参集していただける方は7名しかいないことが判明。その全ての参戦勇士に、語って頂く「一期一会」の機会に)参集していただきます。 広報担当は高山正之先生、宮崎正弘先生、「WiLL]の花田編集長などです。ぜひ、ご来臨賜れれば光栄です。

また、15日(月)参議院第一議員会館第一会議室で、先般の「沖縄戦」の教科書記述の削除への抗議集会を催します。渡部昇一先生、藤岡信勝先生、田久保忠衛先生などが、国会議員に「正論」を開陳します。ぜひ、ご参加下さい。

藤田裕行 拝
【2007/10/13 20:47】 URL | 藤田裕行 #- [ 編集]

--------------------------------------------------------------------------------

2・・・・・
間違った主張をされませんようにお
藤田裕行 様
上記↑ぜひコメントいただければ幸いです。
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-entry-33.html#comment
僕のブログにコメント頂きありがとうございます・・僕は正論 ではほとんど投稿禁止状態で投稿できません。

貴方がしてるとは思いませんが・・・貴方の書き込み時に・・・すごい荒らしの投稿があります!!
貴方の近くにいる人だとお思いますが・・お気づきになられたら・・どうか注意ください。
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-entry-33.html#comment246
柳 四郎 拝

--------------------------------------------

3・・・・・・・・・・・・・・・

柳 四郎 様
ご連絡有難うございます。そのようなことは、まったく知りませんでした。
父が家永教科書裁判の国側証人で、「教育正常化の国民運動を起こした方」(三輪和雄氏)というので、私も「攻撃対象」になっているかもしれません。
正論のネットサイトでの実名での書き込みやチャンネル桜の告知など「皇国再興」と主張して論陣を展開していることが遠因かもしれません。
或いは、小田村先生、小堀先生、展転社の相澤会長、藤本社長はじめ憂国の諸先生と同志として、あちこちに顔をだしているからかもしれません。
或いは、「史実を世界に発信する会の委員」「南京の真実を検証する会の特別専門委員」であるためかもしれません。
私自身は、どのような背景で、そのようなことが発生しているのかは、正直不明です。
藤田裕行 拝


柳 四郎 様
本日は、標題の会合に、出席しておりお返事がおくれてスミマセン。
湯澤靖国神社前宮司、板垣正(いわゆる「A級戦犯」、昭和殉難者の板垣征四郎の命のご子息)、チャンネル桜の小山和伸先生、「史実を世界に発信する会」茂木事務局長などと、飲んでいました。

さて、「正義」については、米国には、強烈な正義があります。 つまり、大統領という国家元首は、出自の差別なく誰でもなれる機会平等がある「民主主義」、また世界の全ての民族の血を受け継ぐ誰でもが、移民し、また米国市民となれば、国家元首にでもなれるという「正義」です。

それもひとつの「正義」でありましょう。 但し、そのような「正義」には、ヨーロッパは遺憾の意を示します。いまでも英国民は、貴族階級の人には、民草の国民が、話しかけることすら許されない「正義」があります。つまり、民主主義は、下院でのことがらであり、上院は別なる見識をもって、下院の民主主義に物申すというあり方です。 戦前は、日本でも、参議院は「選挙」などありませんでした。なぜなら、その「選良」は、衆愚政治たる「選挙」などの民意の愚かしさに対し、それを糺すという役割があったからです。 

このように「正義」とは、立場により、様々なものがあり、「絶対正義」を唯一の価値観として、(すくなくとも今の人類や、世界の諸民族は) 確立など為しえていないのであります。

故に、私は、それぞれの「背景( 利害、国益、国柄、 文化、宗教上の価値観・伝統、etdc について、各国が、それぞれに「国益」を主張することは、是と考えるのです。

その国益の相克が、どのような展開で調整できるのかは、また様々でしょう。

話し合いもある。 外交的な手法もある。 また、場合によっては、「力」の行使ということも、いまの時代の国際政治の現実を見ても、起こっていることです。

そのような「現実」を直視する時に、日本が「日本の立場」(私は、「日本の正義」という表現をあえて使いましたが・・・)を主張することは、大切なことで。それなくしては、国際社会では、折衝が成立しないのです。

外務省、経済産業省(通産省)、防衛庁などの「講師」として、四半世紀、官僚を指導してきて、現状は、講師として不甲斐ない思いもあります。

例えば、家庭内の家族でも、同じ町内の人間でも、利害の対立はあるでしょう。 同じ政党内でも、利害対立がある。 日本国内にも、対立がある。

そもそも、「利害対立」は、常に、存在するのだと、そう思います。 これは、「現実」です。

で、あれば、対外的( 日本として外国諸国と対峙する )には、日本の立場を、主張することは「 必要不可欠 」であります。

世界は、ローコンテクストの世界です。 考え方も、文化習慣も、歴史伝統も、異なるのです。  「暗黙の了解」は、通用しません。

で、あれば、と、あえて言います。 「日本は、日本の立場を、明確に表明すべきである!!」と。

そのことを、私も、外務省、経済産業省、防衛庁、また日本の大手商社など、東京電力などで 訴えていますが、自らの力の不甲斐なさをも、日々感じているのです。

でも、私は、私の通関する「正義」を、訴えていこうと、そう思うのです。 たとえ、私の思いに共感する人が、世界にまったくいないという「孤独」の立場に置かれたとしても。 「票」を取らないとならない「政治家」には、これは難しいでしょう。

私は、そうではないという「利点」もあるので、ガンガンと訴えます。 政治家であれば、また「政策の実現」の上で、大衆の共感と支援が、必要不可欠であるとの理解にも立脚して。


藤田裕行 様丁寧なご返事ありがとうございます。
世界に対して「日本には、日本の正義がある!!」と言う主張は。
「日本には、日本の正義がある!!」「米国には、米国の正義がある!!」「中国には、中国の正義がある!!」    「朝鮮には、朝鮮の正義がある!!」「韓国には、韓国の正義がある!!」
ということですね・・・他国の正義も認める・・・これを前提に自己の正義を主張する・・・と言うのですね。
 
さてそこで問題ですが・・・正義に多様さがある・・・日本の正義とは単なる一つの正義に過ぎない。
こんな正義がどうして正義となりうるのですか?

せい‐ぎ【正義】 大辞泉 
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」2 正しい意義。また、正しい解釈。

日本の行動は・・・・人の道にかなっていて正しい・・・と主張する以上・・・
違う主張をする他国は・・・・・人の道にかなっていていない・・正しくない・・・・・
こうなります・・・・実に不遜な言だということです。
世界に対して「日本には、日本の正義がある!!」と言う主張は・・・
他国の主張には・・・正義がない・・・・となるのですが。

上げ足を取るつもりはありませんが・・・貴方の主張がどれほど日本国民を惑わすか・・・
日本国民は文字通り・・・「日本には、日本の正義がある!!」・・・=「他国は間違っている!!」
と取るでしょう。

ドイツの正義・ゲルマン民族の・・・日本の正義・大和民族の・・・・優秀さ・・・同じ主張で世界を戦争に巻き込みました。
「日本には、日本の正義がある!!」・・・=「他国は間違っている!!」・・全く同じ主張です。
このような言葉を弄しての宣伝・・プロパガンダ・・・を僕は許せないのです。

藤田裕行
「正義」とは、立場により、様々なものがあり、「絶対正義」を唯一の価値観として、(すくなくとも今の人類や、世界の諸民族は) 確立など為しえていないのであります。

貴方はこのように前提をつけて・・・「日本には、日本の正義がある!!」・・といつも・・主張をされているのですか?

であるならば貴方の「日本の正義」と言う主張は・・・人類や、世界の諸民族に確立していない・・・・正義・・だと言うことになります。
「国益」を主張すること=正義を主張することとは・・・全く次元の違う話です。
「日本は、日本の立場を、明確に表明すべきである!!」=だから「日本には、日本の正義がある!!」・・ともなりません。
このような作為的主張は許せません・・・違いますか?
これでは詐欺ですよ。

藤田裕行
私の痛感する「正義」を、訴えていこうと、そう思うのです・・・

これは正義ではありません・・国益に過ぎません。
どうか今後このような間違いはされませんようにお願いいたします。
言葉は心です・・・間違った言葉は・・間違った心を表します。

戦争の原因は・・善良な国民と・・・善良な国民が・・間違って・・始める・・・と誰かが書いていました。
このような間違いが積み重なって・・・戦争が始まるのです。
戦争の原因である間違った主張をされませんようにお願いいたします。

このメールと文は・・ブログに貼りますが了承ください。
柳 四郎 拝
【2007/10/25 08:56】 URL | 柳 四郎 #- [ 編集]

--------------------------------------------------------------------------------
4・・・・・・・

【正論】は検証して成り立ちます
藤田 裕行 様

藤田 裕行 
100%の「絶対正義」というのは、神ならぬ人間の欲望と利益の相克する国際政治の世界では、大前提としてはないと思います。

柳 四郎
であるならば・・・自己の正義を主張するなどと言う・・馬鹿げたことをするべきでは在りません。

世界に対して「日本には、日本の正義がある!!」・・・がしかし「絶対正義ではない」!!・・それは単なる「相対的正義である」!!

こんな馬鹿な主張はありません。

せい‐ぎ【正義】 大辞泉 
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」2 正しい意義。また、正しい解釈。

言葉の使い方が間違っている・・・と僕は考えるのです。

なぜこんなことを言うか・・・最近の言論を見ていて実に情けなく感じるからです・・・平気で嘘をついて次々に嘘が暴かれて・・・頭を下げる・・・うそに対する麻痺・・道徳の欠如です。

どうか貴方のように影響力のある方は・・・道徳に対して厳しく言をただしていただきたいのです。

謝れば良い・・こんないい加減な言動はぜひ慎んでいただきたい・・と思うからです。


藤田 裕行 
しかしながら、私は、大東亜戦争には「聖戦」と呼ぶに相応しい「日本の正義」があったと思います。これは、矛盾ではありません。

それぞれの国なり民族なりが、「正義」を主張する中で、その正義の相克が起こります。

柳 四郎
1945年以前の戦争は・・・領土拡大という世界の流れのなかのことです。

英国など世界を征服して日の沈まぬ国と豪語しました・・・力のある国が弱小国を併合して海外領土を拡大する。

正義とか善悪とか関係のない歴史の流れです・・・その歴史の流れを・・・善悪で判断することが間違いです。

1945年以降は・・・民族自決の原則が確立して・・・弱小国を併合して海外領土を拡大することは悪・・となりました。

1945年・・敗戦で負けた日本だけが海外領土を放棄しただけではありません・・・戦勝国もほとんどの海外領土を放棄しました。

1945年以降の正義感で・・1945年以前を価値判断することが間違いです。
ここをほとんどの方が理解せず一貫して現在の価値判断で過去を裁こうと考える・・・この間違いに気が付くべきです。

藤田 裕行 
そこに、大いに国際道義に反するような「正義」の主張もあるでしょうし、時局の体制を保つ「正義」もあるでしょうし、その時点では受け容れられないものであっても、長い歴史のスパンで「正義」と主張することの正当性が認められていくこともあるでしょう。

私の言う「正義」は、100%正しい「絶対価値」としての「正義」ということではありません。

100%正しい「正論」=すべての人が正しいと受け入れられる「正論」 というものは、なかなか国益の相克する国際政治の世界では、在り得ざることだと思います。

柳 四郎
「聖戦」「正義」「正論」 全く異なる言葉をあたかも同義に用いることはするべきではありません。

せい‐せん【聖戦】
1 神聖な目的のための戦争。

神聖・・宗教に立脚した概念です・・天皇を神と信じての【聖戦】です・・日清日露の戦争を【聖戦】とは言いません。
天皇がまだ神としては信じられていなかったので・・当然【聖戦】の概念はでてきません。

明治政府を支えていたのは武士階級儒教の徒です・・・天皇を神だなどとは誰も信じていません・・しかし明治政府は天皇を神として国家神道を後ろ盾として成り立っていましたから・・・天皇を神として国家神道を国民に信じさせたのです・・自分の信じていない国家神道(荒唐無稽・横井談)を宣伝しました・・・昭和の軍人は天皇を神として国家神道を持って戦い惨敗したのです。

せい‐ろん【正論】
道理にかなった正しい意見や議論。

意見や議論が道理にかなっているかどうかを検証することで初めて正論となりうるのです。

せい‐ぎ【正義】 大辞泉 
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」2 正しい意義。また、正しい解釈。

藤田 裕行 
日本の伝統的思想の良い点は、「神でなくば悪魔、悪魔でなければ神」という、「論理ゲーム」の二者択一の立場を取らないところにもあります。

ディベートは、YESかNOかの勝負です。そして勝ち負けを決めます。

では、その勝ったほうが正しいのか? そんなことは、日本人的思想では、まったくもってないのです。

柳 四郎
ディベートは・・・【正論】は検証して成り立ちます・・・日本の伝統的思想はディベートは・・・【正論】の類ではありません・・混同されませんように。

宣長が日本の伝統的思想の拠って立つ・・・古事記を検証して・・・儒教・聖書・その他の思想を凌駕しようと苦戦して・・荒唐無稽な国学を真淵の指導で作り上げました・・日本の伝統的思想・・・は真淵・宣長の言うようななさ情けない伝統的思想・・・ではありません。

古事記・・八百万の神々・・自然を崇め敬う・・他を排除するような情けない思想ではないということです。


藤田 裕行 
そもそも、大東亜戦争は、日本が勝った。 勝利したのです。

戦争目的の達成ということでは、そのようになります。 日本は、仁を為して、国として敗戦を迎えましたが、そのことで勝った=それ以降、亜細亜各国はじめ阿弗利加でも、国の独立が相次ぎ、欧米の植民地支配は終焉しました。

そういう見方もできるのではないですか。 これは日本の「正義」の主張です。 欧米の正義は、また異なるでしょう。 コミュンテルンのテーゼという「正義」も、また異なります。

日本の「正義」は、欧米にとっては「反正義」ともなります。 また自由主義世界からは、コミュンテルンのテーゼという「正義」も、悪魔の思想ともなることでしょう。

そうした「正義」の相克の中で、では、「私」はいかなることを「正義」と思い、その正義に生き、その正義を貫けるかではないでしょうか?

究極的に、人間に 「絶対的に正しい正義」という判断は、現実世界では見出せないのかもしれません。 私自身は、その程度の謙虚さも踏まえて「正義」を主張しております。


柳 四郎
どうもこの辺は真淵・宣長の国学と儒教との混合思想で・・・マルクスと聖書に対峙するような・・変な話で・・・

パッチワークのような論・・・評しようもありません。


藤田 裕行 
柳さんは、神の如く「100%時空を超えて正しい価値判断」ができる、とそうご自身をお思いですか? 

もしNOであるなら、神の如く「100%時空を超えて正しい価値判断」ができる人をご存知ですか? 

もし、柳さん 或いは 地上のどこかの誰かが、神の如く「100%時空を超えて正しい価値判断」ができる人 であったら教えて下さい。

私は、一国のいかなる神にも似たる政治指導者も、或いは民主主義の決定も、「100%の正義」を内包し、現実化し得るものではないと思います。 私は、その程度の「現実」を見ております。 机上の空論を述べたくはないからです。

各国の正義は、それぞれの国の立場と局面に於ける「正義」 となるのではないでしょうか。  その意味で、「日本の正義」と述べたのです。

「日本が正義である」と、そういう絶対的な立場で述べてはおりません。 


柳 四郎
「日本が正義である」と、そういう絶対的な立場で述べてはおりません・・であるならば・・・「日本が正義である」と断言するべきではありません。

藤田 裕行 
そもそも、八紘一宇、 世界は一家、親兄弟の意見の違いがあれども、世界各国がそれぞれの立場、意見も考慮しながら共栄共存の道を見出すのが、「大和心」というものではないかとも思うのです。 しかし、その中で、日本は日本の国益の立場から、正々堂々と、その「日本の正義」を世界に訴えていくべきであろうかと思うのです。 私の考え方は、世を惑わせ、人を惑わすものでしょうか?

「国益」と「正義」は、イコールではないとしても、また対立概念でもありません。 そこにも重なりがあります。 私は、「国益」は、その国の「正義」に、立脚すべきであろうかと思います。 私の考えは混乱しておりますかね?

柳 四郎
貴方の言うとおり

ディベートは、YESかNOかの勝負です。そして勝ち負けを決めます。では、その勝ったほうが正しいのか? そんなことは、日本人的思想では、まったくもってないのです。

このような曖昧模糊とした論を展開して国際社会を説得することが間違いだと言うことです。

国際社会で通用するのは論証です・・負けたほうが降りる・・これが当然です・・・負けても自己を主張を通す・・これが武力行使です。

このように国際社会で通用すべき国民を作り上げる・・それが貴方の使命ではありませんか?

北方領土・竹島・尖閣は日本固有の領土である・・この論にもなら論んを振り回す馬鹿な国民を見て情けない限りでした。

中国・韓国・ロシアが北方領土・竹島・尖閣はわが国の固有の領土である・・と主張したら反論できません。
http://saitob.iza.ne.jp/blog/entry/126345/wtcmt/#wrtCmt斎藤勉のウオツカ酔夢譚


追加ですが・・。

斎藤勉のウオツカ酔夢譚   斎藤 勉 さん

柳 四郎
1・・・「歯舞・色丹の二島返還」をうたった日ソ共同宣言に両国国会も批准が済んでいるのに・・勝手に4島返還に切り替えた理由は何だとお考えですか?
ロシアに対してその理由をどのように説明しているのでしょうか?

オフィシャル解説
2・・・ソ連は第二次大戦時の1945年8月9日、締結していた「日ソ中立条約」を破って対日参戦し
日独伊三国防共協定  1936年11月 
日ソ中立条約調印    1941/04/13 
独ソ戦開始          1941/06/22 
ソ連対日参戦       1945/8/9  
この↑事実を見ると理解できるが。

独ソ戦開始 1941/06/22 ・・このとき日本は「日独伊三国防共協定」により独伊ともに対ソ戦を開始してると考えますが。
この矛盾をどのように説明されますか?

正論はとうとう答えずに僕の投稿を削除しました・・・削除しても斎藤 勉 さん のオフィシャル解説 の間違いは消えないと言うことです。

柳 四郎 拝

【2007/10/27 17:52】 URL | 柳 四郎 #- [ 編集]

テーマ:憂国 - ジャンル:政治・経済

憲法論議も同じ立ちすくみの

トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?


「国民主権」の実体は 2007/10/26 22:49 [ No.26957 / 27007 ]
投稿者 : crossocheilus_siamensis

>国は、無責任国家ということか。

まさにその通りだと思います。
このことに気付いていない人があまりにも多いと思います。

十数年前まで、国民主権とは、国民が主となる民主的な政治を実現する基本概念の1つと思っていましたが、現実にはどこにも主のいない無責任体制だということです。
そのことがこの数十年の間に責任転嫁社会やモラルハザードなど多くの問題として現れて来ていると思います。

そもそも、主権の概念は、欧米の唯一絶対神的世界観の中で生まれた概念です。これは、何か問題が起こったときの責任は神に帰することを前提としています。これを知ると、責任はすべて神に背負わせればいいのかと思われるかもしれませんが、ここで重要なのは欧米の「権利」「自由」には宗教的な道徳観に基づく内在的制約とか責任という自己規律の意識が強く働いていることです。

さて、日本に導入された日本国憲法の根本原理にある「権利」思想の背後に大きく関わるべき宗教的な自己規律の意識はまったく導入されなかったために、倫理観や責任感や義務感の喪失した日本人が拡大再生産されるシステムと化してしまったのではないかと考えています。

僕は日本国憲法は100パーセント押し付け憲法ではないと思いますが、欧米の「権利」「自由」「人権」「平等」等の概念の一部の側面のみを導入した過誤があらゆる方面に表出していると思います。

言葉は言葉だけでは存在し得ないと思います。
その言葉が生まれた歴史・文化・民族・伝統も含めて理解する必要があると思います。



柳 四郎
同感です!
明治維新をやった武士は・・儒教道徳を持っていました・・しかし彼らが作った新政府のバックボーンは天皇を神とする国家神道(荒唐無稽・横井談)を用いました・・日清日露戦争は儒教道徳が働いた戦争ですが・・昭和に入るころから・・・天皇を神と信じた国家神道の軍人の悲惨な戦争となりました・・敗戦と同時に天皇は神の座を降りて・・日本国民はバックボーンを失いまいました。

マッカーサーの新憲法は・・当然バックボーンとしてキリスト教を想定しています・・しかしキリスト教徒ではない日本国民に定着するはずもありません・・・安いメッキが剥げ落ちるように・・キリスト教のメッキは剥げ落ちて・・・無宗教・無道徳憲法・・無道徳国家となりました。

不道徳では在りません間違えないように・・・不道徳とは・・・道徳があっての話です。

細木がTVで説く処女道徳・純潔はマッカーサーの持ち込んだキリストの道徳です・・・現代の少女には通じない道徳です・・源氏物語を読むと処女の概念すらありません・・母系社会の道徳で生まれた子どもは間違いなく生んだ母親の子どもです、父親などどうでも良い事です・・細木には理解できない道徳律です。

さて児島譲・日本国憲法・文春文庫と・・会社本位主義は崩れるか・奥村宏・岩波新書を読み直してみました。

新憲法原案制作を命ぜられた近衛・幣原は・・天皇を神と信じた国家神道の徒です・・マッカーサー提示の草案を見て共産党案と同じだと驚いています・・作った少壮学者・経済・弁護士・・ほとんどがマル系の徒ですから当然だと言うことです。

その後の日本の基礎・・農地解放・財閥解体・・に続く計画経済・・すべて共産主義思想です。

本田は日本で車を作ることを禁じられて米国で作り上ました・・米国車です・・計画経済・・資本主義ではありません。

奥村宏の会社本位主義にも書かれていますが・・・財界献金(米国では認めません)・・・民主主義でもないのです・・・。

戦後すべてを失って・・日本・・(無道徳国家)がまい進してきたのが財物の確保・・物資の豊かさ・・で・・それがすべてでした。

しかし豊かさの限界を知ったとき・・・そこに現れたのが・・・無道徳の醜さ・・・民主主義でもなく・資本主義でもなく・・道徳も持たないことにうすうす気が付いた国民が・・・壁にぶつかり・・・行き場を失って目の前の貧困に立ちすくんでいます。

ここでの憲法論議も同じ立ちすくみの一つです・・・どうして本当のことを考え本当のことを話そうとしないのか?

腹立たしく感じています。



テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済

間違って戦争を始める・
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?


Re:まともな解釈もできない、柳へ 2007/10/26 20:41 [ No.26939 / 27002 ]
投稿者 : sunday_japan39

柳 四郎
君がどう解釈しようと勝手だが・・・君と辞書とでは全く解釈が違うと言うことだ。
早く謝罪したらいいだろう・・悪あがきするなよ!!

大辞泉
ほう‐かい【崩壊・崩潰】
くずれてしまうこと。こわれてしまうこと。
ほろ・びる【滅びる・亡びる】
ほろ・ぶ1 なくなる。絶える。滅亡する


sunday_japan39
わざわざ意味を掲載してくれてあるが、「日本が崩壊」している状態を「滅んでいない」と解釈するおまえは、自分の頭がおかしいことを理解できないようだな。
日本と言う国が壊れてしまう(崩壊している)ことは、国と言う存在がなくなることで、それは「日本が滅んでいる」状態にあることだ。
そんな簡単なことすらわからず、女々しく言い訳にすらならない言い逃れをしようとしている柳…人として恥ずかしいな。
まぁ、まともな人としてお前を扱っている人なぞ、いるわけがないがなw


柳 四郎
崩壊・・・滅びる・・・大辞泉にあるとおり全く意味が違う・・まだ理解できないの?

B29の来襲で都市は殆ど崩壊した・・広島・長崎はさらに2発の核で崩壊・・・日本が滅びたとは誰も言わない!!
日本は滅びてはいない!!

日本語教室はノバでやってくれるか?

早く謝罪したらいいだろう・・悪あがきするなよ!!


大辞泉・・いい‐かく【威嚇】[名]スル威力をもっておどすこと
1・・・14:36~ (上空及び海面)・・これが威嚇射撃・・実害がない
2・ ・・16:13~ 威嚇のための船体射撃・・・これは攻撃で・・威嚇ではなくなる
まず日本が最初に攻撃した事実がこれで理解出来たろう?
3・・・17:24 ・・・攻撃されたから同船から出火 ・・威嚇されて・・・出火することはない・・燃料が燃えたようだ
4・・・22:09 ・・・ 同船からの攻撃により・・・これは攻撃ではない・・・反撃という・・・
5・・・22:09・・ 巡視船「み」あまが正当防衛・・・ここまでは・・・不当攻撃・・だと自白してる。
海上保安庁が如何に国民を洗脳しようとしているか・・これでわかる・・しかしあまりにも稚拙な日本語だ!!

sunday_japan39
このお馬鹿さんは肝心なことをあえて書かず、話を捏造としているな。


柳 四郎
日本が先に攻撃した事実を認めるの?認めるも認めないも事実だから・・まず君の言を取り消すことだよ。

sunday_japan39
●ポイント●(海上保安レポートより抜粋)
 (1) 海上保安官による再三の停止命令を無視して逃走を継続 → 立入検査忌避罪(漁業法第141条第2号)が成立
 (2) 乗組員が、自動小銃、ロケットランチャー等複数の武器を用いて海上保安官に向け至近距離から銃撃、3名の海上保安官が負傷
→ 殺人未遂罪(刑法第199条・203条)が成立

(1)のところで、威嚇射撃による警告も無視して逃走を図る不審船に対して、船体に対して威嚇射撃をすることは、違法ではない。なぜなら、その時点で立入検査隠避罪が成立しているためである。
また、威嚇とは人に対して行うものである。
船体に対して威嚇射撃をするということは、人に対して威嚇をしているわけで、人に対して攻撃をしているのではない。
日本語をまともに解釈できずに、よく反論してるな。
まずは日本語の活用を知りなさい。



柳 四郎
公海上を無害航行している船に対して・・・船体攻撃だ・・・!
完全な国際法無視だ!
こんなことは許されない!!

この前提を無視するなよ!!


sunday_japan39
無害航行している船が、なぜ再三の停止命令に対して止まらないんだ?
その止まらない不審船のほうが、明らかに法律違反であることもわからないのか…
理解力の欠如…社会人としてここまで劣っているやつは、最早日本のお荷物だな。


柳 四郎
まず国際法を無視した日本の行為・・・これがある以上その後の行為は全く成り立たない・・論外だよ!!

この事実を前提に考えるべきだ。
こんなむちゃくちゃされたら・・・戦争開始だ・・朝鮮が反撃してきて・・・200基のミサイルを日本の原発に撃ち込んだら・・完全な日本崩壊だ・・
日本国民は戦争の準備など何もしてない・・・戦争する気概もない・・極楽トンボを決め込んでいるのだよ!!

sunday_japan39
またありえない妄想を言っているな。
というか、おまえの話自体が無茶苦茶なんだよ!!
まずは、「完全な日本崩壊」という状態を詳しく言ってもらおうか。


柳 四郎
多くの戦争がこのような偶発事故から始まっていることを理解すべきだよ・・しかも朝鮮は今も戦争中の国だ!!

日本から飛び立った爆撃機で数百万の朝鮮人が殺傷されてる・・・。

朝鮮がいつミサイルを撃ち込んでもおかしくはない・・。

ありえない妄想をなどと言う極楽トンボの典型だよ!!

「完全な日本崩壊」という状態を詳しく書こう・・・。

まず原発に200基のミサイルが落ちて日本の4~5箇所の原発が暴走だ・・・半径50km・・・4~5箇で退避・・200万~300万×4~5=800万~1500万が逃げ惑う・・さて何処に逃げるか?

逃げる場所などは無い!!
円暴落・・・ガソリン1L1万円・・・日本中の動きが止まる・・・3ヶ月で3000万餓死・・半年で生き残れるのは3000万・・これが日本崩壊だ・・・だが3000万国民が生きている・・・日本は滅びてはいない!!


柳 四郎
12月18日北朝鮮の工作船・・・と認識できてるんだ
12月22日漁船様国籍不明船に対して・・・立入検査
漁船ではなくて北朝鮮の工作船と認識できて・・・漁業法に基づく立入検査・・・
工作船=漁船ではない船に対する・・・・漁業法違反・・=違法強制捜査・・・
理解できましたか?法の基本だよ。


sunday_japan39
12月18日の時点では、「不審船 = 工作船」とはなっていない。あくまでもその疑いがあるだけ。
12月22日の漁船様国籍不明船に対しての立ち入り検査…国籍不明という時点で怪しいわけで、その漁船(?)を立ち入り検査しようとするのは正当である。
まずは、18日に「工作船である」と判明した明確な証拠を提示したまえ。

突っ込みどころが多すぎて、返すのも疲れるw


柳 四郎
3隻の工作船が朝鮮を出港したときから・・日本はこれを追いかけてるんだよ!!

ついに発見して・・・12月18日北朝鮮の工作船・・・と認識できてるんだ !!

これを漁をしてるわけでも・・・漁具も持たず・・漁船でもないことを知っての・・漁業法違反・・=違法強制捜査・・・

全く国際法違反だ・・日本には理がない・・初めから工作船を捜索してるんだから・・法の基本だよ。

報道しない自由があるから・・また読まない・・聞かない自由があるから・・君のように知らずに洗脳された殆どの国民が・・日本の正義を振り回す・・。

戦争とは・・善良な国民と・・善良な国民が・・間違って戦争を始める・・・事だと言う・・・間違わないためには本当の事を知ることが必要だ。



テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

僕の結論は軍隊不要論

Re: 憲法9条に賛成ですか?反対ですか? 2007/10/26 15:39 [ No.26928 / 26999 ]
投稿者 : batsu14649
さて皆さんの議論の前提は護憲でも改憲でも、平和憲法なのにそもそも軍隊を何故持つのでしょうか? 何を守るのですか? 国であれば国とはなんですか? 生意気ですが絶対的な前提がないですね。何のための憲法なんでしょーかねー。この議論がなければ護憲、改憲の議論は何の意味もないですね。戦後の日本は国民一人ひとりの価値観の前提についての議論も教育もしてこなかったのです。いつのまにか腑抜けの国に成り下がってしまいました。



柳 四郎
全く同感です!!

ある統幕議長が退官後すぐに書いた本に・・・軍隊で一体何を守るのか?

国とは概念だ・・・概念は軍隊では守れない・・・一体軍隊で何を守るのか?

判らない。

と書いた・・彼の言うことは正しい。

ケネデーが大統領時だったか・・・軍隊で一体何を守るのか?

委員会を作って・・・有識者に論じさせたが・・・論は混沌として・・結論はわからない・・・だったという。

理由もわからずに50兆円もの巨額な金をつぎ込む・・・全く迷信は恐ろしいことだ。


このトピでもこの基本を論じているのは僕だけだろう・・君はどう答えるのか?

ぜひ書いてほしい。

僕の結論は軍隊不要論・・詳細は↓。

国連軍設立!!
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html



テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

国連の意向で動きます・

トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?

Yahooの掲示板が激しいので - kazuhiro_xenosaga 2007/10/21(Sun) 00:11
要点だけいいますと軍隊を持たない150の国を教えてください。
自分で調べた限りでは他国に防衛を任せるわけでもなく、それでいて領海が広くそれなりに価値がある地域で、友好関係のみで紛争が起きていない国はキリバスでした。


柳 四郎
民族自決の原則 - 柳 四郎 2007/10/24(Wed) 12:20
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/5220.html
世界各国の軍事力・・ミリタリー・バランスによる。
ここで見ると5万以上の軍隊を持つ国が58カ国・・・204-58=146カ国が5万以下の国だということです。


kazuhiro_xenosaga
「他国に防衛を任せるわけでもなく、それでいて領海が広くそれなりに価値がある地域で、友好関係のみで紛争が起きていない国・・」

柳 四郎
どうしてこのように条件を限定する必要があるのですか?
理由を問わず146もの国が5万以下の軍隊で存在していることにか変わりはありません。


kazuhiro_xenosaga
じゃあ、ほとんどの国は軍を持っているんですね。
条件を限定したのは合理的に考えて価値が少なければ侵略の根拠がないからです。
侵略の根拠となる国の価値とは領土や市場や資源です。



柳 四郎
君の論のように「合理的に考えて価値」がある国が・・侵略の根拠となるのであれば1945年以前の64カ国しか国は存在しなくなるのです。

君の思考は1945年以前の思考・・前世紀の思考です・・ここを誰も理解できません。

146もの国が5万以下の軍隊で存在できる理由は・・・1945年以降・・民族自決の原則が確立したからです。

この理由に根拠がなければ・・・1945年以前の64カ国しか存在しない時代の戻ると言うことです。

君の言うところの・・侵略する価値がない国々がすべて・・1945年までに侵略征服されて・・・・・64カ国になっていたのですよ!!

民族自決の原則・・・この理由に根拠がなければ・・・どうして64カ国が204カ国になったのか?・・・説明できますか?


kazuhiro_xenosaga
侵略は出来るけどしないだけです。メリットないから。


柳 四郎
何の反論にもなっていませんよ!


kazuhiro_xenosaga
たくさんの国がありますが以前行ったように他国に防衛任せたり保護国だったりするので独立といえるものはほとんどないですよ。

柳 四郎
意味がわかりません・・・

理由を問わず146もの国が5万以下の軍隊で存在している国は=独立といえるものはほとんどないですよ??と言うことですか?

世界に存在する146もの国が独立とはいえないということですか?意味不明です・・・。

他国(米国)に防衛任せた日本は独立とはいえないということですか?


kazuhiro_xenosaga
チベットやトルキスタンは無視ですか?


柳 四郎
1945年以降64カ国が→204カ国になりました・・・チベットやトルキスタンが独立すれば・・206カ国になるだけです・・。

一体・・・何が言いたいのですか?


kazuhiro_xenosaga
だから価値がないんですよ。


柳 四郎
何の反論にもなっていませんよ!
価値があるから列強に侵略されて64カ国になったのですよ・・・価値がなければ・・・1945年以前からすでに204カ国有るはずです。

朝鮮台湾は価値があるから日本に侵略されて・・日本の属領になったのです・・・その朝鮮台湾に価値がないと??
論になっていません。

君の思考は1945年以前の思考・・前世紀の思考です・・ここを誰も理解できません。


kazuhiro_xenosaga
軍を持っている国は大体人口も多いですが、ほとんどの国の国民は前世紀の思考ですね。


柳 四郎
その通り・・・ほとんどの人が前世紀の思考で・・・国を守るための軍隊が必要だと・・・迷信を信じています。
ほとんど僕一人でしょう・・・日本に軍隊は不要だ!!

と主張しているのは・・・只・・これは僕に主張では有りません・・単なる事実を話してるだけです・・誤解しないでください。

誰も事実を見ようとはしないで・・・・迷信を信じきっている。


kazuhiro_xenosaga
誰もじゃないですよ。少なくとも改憲派や友人、兄の自衛官は理解しています。まあ自分の周りには似た思想の人が集まるもんですからね。


柳 四郎
??突如・・・意味不明の論が出てくる。

民族自決の原則・・・この理由に根拠がなければ・・・どうして64カ国が204カ国になったのか?・・・説明できますか?


kazuhiro_xenosaga
立証責任は「成った」「存在する」「変化した」と主張する側にあります。


柳 四郎
???意味不明だ!!
204カ国になった理由・根拠は民族自決の原則だと立証してるのだよ・・で・・・理由に根拠がなければ・・一体何がその理由ですか?
と聞いてるのだよ・・・。

どうも日本語がおかしくなってきたようですね・・・言葉が理解できないのなら・・・国語からやり直す必要がありますよ。

イラクが戦争に負けて・・・米国になりましたか?


kazuhiro_xenosaga
なりませんでした。米国はイラクを米国にしようとはしていませんね。


柳 四郎
民族自決の原則を守る以上・・・米国はイラクを米国にできないと言うことです!!

米国はイラクを米国にしようとはしない理由を説明できますか?

パナマ・グレナダにも米国は侵攻しましたがパナマ・グレナダは米国になりませんんでした・・・民族自決の原則を守る以上・・・米国はパナマ・グレナダを自国領土には出来ないのです。

しかし1945年以前に・・日本が朝鮮を併合するときに米国はフイリッピンを植民地にしました・・両国は秘密協定で・・・お互いの領土拡大を認めたのです!!民族自決の原則が確立されていないとこうなるのです。

負けても国が滅びないと言うことは・・・軍隊で国は守れない・・・ということです。


kazuhiro_xenosaga
守れないこともあります。


柳 四郎
民族自決の原則を守る以上戦争に勝っても負けても・・国は滅びません・・滅びない国は守れないと言うことです。

国を守ることに軍隊は無関係だということです。


kazuhiro_xenosaga
イラクが超絶に強く、本当に核兵器をもっていたら攻められることはなかったでしょう。


柳 四郎
米国のように・・年間50兆円もの軍事予算を使える国が何処にありますか?
すべての国は・・超絶に強くなれない以上・・米ロ中の侵略を防げないと言うことです。
防げなくても・・国として存在できる以上・・・5~0の軍隊でも全く同じだと言うことです。


kazuhiro_xenosaga
核兵器をもっていたら攻められることはなかったでしょう。


柳 四郎
2万もの核兵器をもっ米国の軍事中枢・ペンタゴンが一撃で吹き飛ばされました・・核には何の意味もないことが証明されています。

さらに米国はイラクでいまや負け戦です・・・核には何の意味もないことが証明されています。


柳 四郎
5万~0の軍隊で米ロ中の侵略を防ぐには自国軍を国連軍に編入することだと僕は言うのです・・・国連軍が守る国を侵略する国があれば・・・すべての軍隊は無意味だと言うことですから。

国連軍編入です。


kazuhiro_xenosaga
みてて思ったんですけど、日本が金を出す以上の日本の意向が強く出ますね。公平ではないです。
日本が恨まれる可能性もありますしね。


柳 四郎
国連軍である以上・・・国連の意向で動きます・・それが日本の意向であろうとなかろうと・・・国連の意向ですから・・・現在の米ロ中の意向でかって気ままに・・世界を牛耳られるより・・・公平ですよ。




テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

防戦するイラク軍を打ち
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?

Re:頭大丈夫かな、柳よ。 2007/10/17 22:21 [ No.26047 / 26914 ]
投稿者 : sunday_japan39


柳 四郎
君がどう解釈するか・・などどうでもいいことだ・・・
1・・・の何処に・・・日本が滅ぶと・・・書かれているか?・・早く提示しなさい・・出来ないなら謝罪したらいいだろう・・悪あがきするなよ!! いつまで捏造し続けるの?


sunday_japan39
頭の悪い解答だな。
君がどう解釈しようと…おまえはどう解釈してるんだ?
「崩壊」している日本は「滅び」ていないのか?
ちょっと頭が悪いのか、こいつw
悪あがきせず、謝罪しろよ!!


大辞泉
ほう‐かい【崩壊・崩潰】
くずれてしまうこと。こわれてしまうこと。

ほろ・びる【滅びる・亡びる】
ほろ・ぶ1 なくなる。絶える。滅亡する。


柳 四郎
君がどう解釈しようと勝手だが・・・君と辞書とでは全く解釈が違うと言うことだ。

早く謝罪したらいいだろう・・悪あがきするなよ!!

柳 四郎
何処に「向こうが攻撃を仕けてきて」・・↑と書かれてかるんだ?
仕掛けたのは 「14時36分からRFS付20mm機関砲による不審船上空への威嚇射撃と海面への威嚇射撃を行う」
日本だぞ!! 相変わらず何処までも・・・捏造とでっち上げだ!!


sunday_japan39
威嚇射撃は「威嚇」であって、攻撃ではない。
それなのに、向こうがこちらへ攻撃を仕掛けてきた…
こんな簡単なこともわからんとは…
おまえは、日本語理解力が極端に低い。
お子様レベルだな、ホントw


海上保安庁
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/report2003/special01/01_01.html
1・・・14:36~ 巡視船「いなさ」が20ミリ機関砲による威嚇射撃(上空及び海面)を実施
2・・・16:13~ 巡視船「いなさ」が20ミリ機関砲による威嚇のための船体射撃を実施
3・・・17:24 同船から出火
4・・・22:09 同船からの攻撃により、
5・・・22:09 巡視船「あまみ」が正当防衛のため、同船に対して射撃を実施


柳 四郎
大辞泉・・いい‐かく【威嚇】[名]スル威力をもっておどすこと

1・・・14:36~ (上空及び海面)・・これが威嚇射撃・・実害がない

2・ ・・16:13~ 威嚇のための船体射撃・・・これは攻撃で・・威嚇ではなくなる

まず日本が最初に攻撃した事実がこれで理解出来たろう?

3・・・17:24 ・・・攻撃されたから同船から出火 ・・威嚇されて・・・出火することはない・・燃料が燃えたようだ

4・・・22:09 ・・・ 同船からの攻撃により・・・これは攻撃ではない・・・反撃という・・・

5・・・22:09・・ 巡視船「み」あまが正当防衛・・・ここまでは・・・不当攻撃・・だと自白してる。

海上保安庁が如何に国民を洗脳しようとしているか・・これでわかる・・しかしあまりにも稚拙な日本語だ!!


公海上を無害航行している船に対して・・・船体攻撃だ・・・!
完全な国際法無視だ!
こんなことは許されない!!

この事実を前提に考えるべきだ。

こんなむちゃくちゃされたら・・・戦争開始だ・・朝鮮が反撃してきて・・・200基のミサイルを日本の原発に撃ち込んだら・・完全な日本崩壊だ・・

日本国民は戦争の準備など何もしてない・・・戦争する気概もない・・極楽トンボを決め込んでいるのだよ!!

僕はこのときにこう話したのだ・・不審船・・・のトピで。


柳 四郎
12月18日北朝鮮の工作船・・・と認識できてるんだ
12月22日漁船様国籍不明船に対して・・・立入検査
漁船ではなくて北朝鮮の工作船と認識できて・・・漁業法に基づく立入検査・・・
工作船=漁船ではない船に対する・・・・漁業法違反・・=違法強制捜査・・・
理解できましたか?


sunday_japan39
理解力の欠如がはなはだしいな。


(Wikipedia)
2001年(平成13年)12月18日頃に米軍から不審船に関する情報が防衛庁(当時)に提供され
対象船舶は北朝鮮の工作船の可能性が高いと判断


sunday_japan39
あくまで、18日に段階では「工作船の可能性が高い」というだけで、断定まで至っていない。
だから、漁船様国籍不明船に対して立入検査をしようとしたんだよ。
その事実を故意に捻じ曲げようとしているのが、見え見えだな。
どうして、こうも認知力がないんだ。
相手にもならんな。


柳 四郎
漁業法違反は現場確認だ・・・漁をしてない・・漁具も持たない・・・当時は写真で工作船と確認してるんだよ。

不審船に対して度重なる停船命令、警告を行った後、機関砲による威嚇射撃を行った。不審船は弾が船首の燃料に命中 ・・・出火

日本がこのような違法強制捜査で引き起こされた結果だ!!
   しかも海底に散らばった遺留品に・・・自沈用爆発物の痕跡すらないのに・・・自爆・・と断定してる!!


sunday_japan39
不審船の船首の燃料に命(中?)したということはどこにも記載されていない。
これこそまさに捏造だ!!


海上保安庁
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/news/h14/fushinsen/021212/index.html
(7) 左右の船体外板には、合計100箇所以上の弾痕が確認されたが、巡視船いなさ、みずきが20ミリRFS機関砲による船体威嚇射撃において照準した、船首・船尾部に集中していた。

朝鮮日報記事
http://www.jca.apc.org/~p-news/YUUJI/FUSINSEN.htm


柳 四郎
不審船の船首の燃料に命してないと何処に書かれてるの?

燃えてるのに見てみぬ振りしてるんだ海保は・・普通漁船なら消火活動を助ける。

当時の僕に主張と同じ事を・・・朝鮮日報記事にあるようだ。
当時中国も同じような主張をしていた・・・国際的には日本に分が悪い。


sunday_japan39
しかも、自爆スイッチまで発見されているのに、その痕跡がないとは…嘘だらけで話にもならん。
違法でもないものさえ違法だと言い張る頭だ、理解不能だな。


柳 四郎
自爆スイッチ??何を持って決め付けるの・・・すべての重火器には起爆装置雷管が付いてる。

柳 四郎
陸自先遣隊約30名がイラクへ出発・・丸腰だとでも言うのか?
その後続々と武装して兵を送り込んでる・・・侵略とは「他国や他の領地に攻め込むこと」である・・
この通りに武装して攻め込んだ=侵略!!
君も完全に洗脳されてる。


sunday_japan39
再三言っているが、日本が攻め込んだ証拠を提示しろと言っている。
武装しているからと言って「攻め込んだ」とは自明の理。
それゆえに、攻め込んだ証拠を提示する必要がある。
それもできないのに、何が侵略だよ。
どうも、こいつは理解力の欠如が甚だしいな。


柳 四郎
イラクのフセインの要請で派兵したとでも言うのか?

防戦するイラク軍を打ち破っての侵略したのだぞ。

支離滅裂だな言葉になっていない。

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

「日本国憲法」

takagawa_to

takagawa_to
入院中に読んだ本で一番面白かったのが本書です。この本は日本国憲法(現行憲法)の成立の事情を書いた本で、この本を読むと、高名?な女性評論家である桜井よしこさんの批判がいかに的外れであるかがよく分かります。
日本政府が用意した新?憲法案は、大日本帝国憲法とほとんど変らない代物、家で言えば単にペンキを塗り直した程度のもの、間取りや構造(基本的な思想)はそのままだったわけです。
 新憲法は確かにアメリカの意向が強く出たものですが、近代憲法の蓄積を調べ、その成果の上に立って作られたもので、その質が高いものであることは間違いありません(まあ、余りに理想主義的な面はあるでしょうが・・)。
 よしこさんの言う「正当性」がないという批判もありますが、この憲法は国会の審議を得て、天皇が公布したもので大日本帝国憲法の改正として成立したものですね。貴族院でさえこの憲法に反対していない・・・正当性を否定する根拠はないのですね。そもそも大日本帝国憲法では女性の権利は極めて制限されていましたね。古い体制が好きなよしこさんは、まず家庭に引きこもっておさんどんでもやったほうが良いのでは。まあ、この本をよんでみて下さい。



柳 四郎
僕は児島譲の文春文庫「日本国憲法」1986・・を読みなおしました・
今読むと当たり前なことですが・・GHQが提示したものを見て当時の政治家は仰天したようですね・・これではまるで共産党の主張だと・・・。

その後の財閥解体・・・農地解放・・・すべて資本主義の否定・・当然のことですが・・マッカーサーのつれてきた少壮学士者はマル経学者だとの事。

その後の計画経済・・・資本主義ではありません・・だからこそ廃土と化した日本が戦勝国以上の経済復興を遂げて・・・戦勝国はとっちだ??・・と言わせたほどの経済発展の基礎を作ったのでしょう。

さて現在中国の非常な発展・・・当然ながら計画経済の上に乗せての自由経済・・・日本と同じ方式をとることの有利さの証明でしょう。

ところが日本はどうですか?

計画経済を放棄しての自由化・・・グローバルスタンダード・・・・世界に存在しない基準・・無基準に従うと言う!!

奥村宏・会社本位主義は崩れるか・岩波新書・・・を再度読んだのですが・・・日本は民主主義ではなく会社本位主義だという・・・民主主義の基本がない・・・財界の政治献金など米国では許されない・・・人にしか許されていない政治活動を・・・財界・会社が金で動かすことなど全く考えられないと言う・・・その通りだろう。

財界・会社の意向ですべてが動く・・・法律も財界・会社のために作り・・・裁判も会社のために動く・・昨日今日の薬害もすべて財界・会社のために政治が動いてきた結果だろう。

だが財界の政治献金がなくなり・・・世界経済に飲み込まれた日本の経済は・・財界の意向が支離滅裂となり分裂状態・・・国内だけの企業と・・・世界を相手の企業と・・・当然利益が異なる。

財界の政治献金を受けてまとまっていた政治家は・・・政治献金が無くなり・・勝手な方向に動き出し・・分裂状態・・・政治の分裂で・・・官僚も支離滅裂状態・・・今まで政・官・財が一体で動いていた日本が・・支離滅裂に動き出した。

国民の前には決して出なかった悪事がぼろぼろと白日の下にさらされてきた。

しかも米国のキリスト教の道徳基盤に乗る民主主義と異なり・・日本には道徳基盤となる基本的宗教がない・・・ということは無宗教=無道徳・・・勘違いされると困るのですが・・・不道徳と無道徳とは意味が違うと言うことです。

一つの道徳があっての不道徳ですが・・・基本宗教を持たない国民は基本道徳を持たない・・・無道徳国民だと言うことです。

資本主義もプロテスタントの道徳に裏打ちされての資本主義(マックスウエーバー)・・無道徳の日本での資本主義とは恐ろしい怪物です・・・利益だけを追い求めることを正義とする怪物。

明治維新をやった若者は・・武士・儒教の道徳を持っていました・・・無制限の国益など追わず正義を求めた。

しかし大正・・昭和と・・儒教は消えて国家神道に取って代わった・・・国家神道・・荒唐無稽な道(横井小楠言)だが少なくともそれを信じた。

敗戦で神・天皇が降りてしまった・・儒教は復活せず・・・仏教も力なく・・・無道徳国家は財物を求めて邁進して・・成功した・・・財物に埋もれて今国民は途方にくれている。

中国が同じだが・・・いまや儒教の復活を期しているという・・共産党独裁の無道徳は腐敗で崩壊寸前だ・・共産主義思想も毛語録も道徳基準ではない・・・宗教ではないと言うことだ。

資本主義の経済を持ち込むと無道徳が財物を求めて腐敗する・・・市町村の土地を官僚が売り飛ばして巨富を得る・・中国中今や崩壊の危機が訪れている。

一体国土は誰のものか?・・今までは国のものだったが・・切り売りして金になる以上・・地方の官僚が売り飛ばす・・企業も同じだ・・国営企業を売り飛ばして地方の官僚が巨富を得る。

ソ連崩壊時と同じだ・・・国営企業をわずかな金で売り飛ばして・・・買ったやつがすべてを得て巨富を築く。

無道徳国家ソ連崩壊時と同じことが今中国で起きている・・・中央政府が崩壊してないから未だ管理ができるが・・・中国と言う巨大国家など・・誰にも管理できない・・となるとどうしても個人の道徳が必要になる。

日本も同じことだ・・・政府が道徳教育を言うが・・基本となる宗教がない以上・・道徳など持つことは出来ない。


一体どうしたらいいのか?

国民すべてを統一する宗教・・・とても無理だろう・・であるならば・・・徳川時代にさかのぼって・・・官は儒教を持つのが最上の方法だろう・・国民すべてを儒教で統一できない以上・・・少なくとも役人の基本として儒教を学ぶことだと僕は思う。

国家試験のなかに儒教を入れるのだ・・当然政治家も儒教道徳を持たないものは資格無し。

徳川時の武士がストイックだったのは儒教を守ったからだろう。

只単に世継ぎだから主君になれたのではない・儒教を学んで身を律することが出来たもののみ・・跡を継ぐことが許された~平時だから・・だめな殿様は家老が藩を動かしたようだが。

当然町人でも馬鹿息子は放擲・・優秀な番頭に跡を継がせた・・百姓も跡継ぎに馬鹿息子はさせなかった。

だからと言ってすべてがうまくいくはずもないが・・・無道徳より良い・・なぜなら基本道徳がある・・無道徳は恐ろしい・・基本がないから。

海外で日本人が宗教を持たないと知ると・・驚くと同時に人間か?・・と見られるのはこのためだろう。

無道徳な人間は恐ろしい・・・たとえ宗教が違っていても宗教・道徳を持つ人ならば安心できる・・と言うことだろう。

言葉が違っていても通訳すれば通じるが・・・言葉(道徳)を持たない人間は・・・話しようがない・・と言うことだろう。



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

日本が神の国だと信じる軍人
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/blog-entry-83.html#comment
日本考(仮)
反日から日本を守る。時事ネタから歴史まで幅広くお送りします。
nakayama802

世界の感動を呼んだ佐久間艇の悲劇 10/20/2007
1910年(明治43年)4月15日、広島湾沖で潜水訓練中の潜水艦が遭難する事故が起きました。海水が潜水艦の内部に入り込み、後ろに大きく傾き海底に沈んでしまったのです。艇長の佐久間勉と乗組員13人は、艇を浮上させようと排水などの手段を尽くしましたが、成功しません。やがて、乗組員全員が呼吸困難のため窒息死するという痛ましい事故でした。 日本海軍が初めて潜水艇を保有したのは、日露戦争が終わった1905年(明治38年)秋の事でした。潜水艇とは潜水艦の小さなものでした。六号艇とも呼ばれていた佐久間艇は全長22mで、世界最小のものでした。この頃の潜水艇は、構造的にも不備なところが多く、技術においても未熟な点があったのでしょう。

 数日後、佐久間艇は引き上げられました。潜水艇の遭難事故はヨーロッパでも度々起きていました。そのとき、引き揚げられた艇の扉を開けると、そこに多くの乗組員の遺体が群がり、乱闘のあとさえあったということです。何とかして助からんために、水明かりのするハッチに殺到していたのでしょうか。 ですから、関係者たちの間では佐久間艇もそのような状況かもしれないと、思われていました。 


参考・引用
『教科書が教えない歴史』藤岡信勝 自由主義史観研究会 

・遺書(全文引用)
http://www.hokuriku.ne.jp/montanyu/sakuma100.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦前の美談ときくと、嫌悪を抱く人もいるかもしれません。「けしからん!戦争を賛美するのか!」とかね。

ここから何を学ぶのかは、人それぞれだと思います。

読んでくださった方々は何を感じましたか?




柳 四郎
明治期の軍人と昭和の軍人との違いを理解すべきです。

司馬遼太郎が「坂の上の雲」で書いた尊敬すべき軍人の人物像。

ここに書かれてる人々はすべて武士の末裔・・儒教の徒です・・昭和の軍人と道徳律が違うのです。

明治維新で政権を取った薩長の武士は・・新政府のよってたつ権威を天皇・・国家神道に求め・・天皇を神とした荒唐無稽な国家神道を道徳教育の柱としたのです。

昭和の軍人は天皇を神とした荒唐無稽な国家神道の道徳教育を受けて育った人々です。

天皇が神であると信じた人々です・・・・。

儒教道徳を持つ明治の軍人・・武士の末裔と・・・

国家神道の道徳教育を受けて育った昭和の軍人を同じように扱うことは間違いです。

鬼畜米英を叫び・・・日本が神の国だと信じる軍人・・・当然行動の違いが在って当然でしょう。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

どうか間違いを犯さないでほしいと・
http://blogs.yahoo.co.jp/park090623/folder/1197522.html
park090623

人は学習能力がある。
だから教わったことはできる。
でもそれ以外のことはなかなかできない。
それゆえに。どの先生につくか
どの友人と交わればいいかは
非常に大切になってくる。
だから。
教わったものを乗り越えてくるならこれはすごいこと。




柳 四郎

人は一生かけて学び続ける・・・・たくさんのことを学んで・・・終わる。

学んだ知識は消えてなくなる・・・・誰も引き継いではくれない・・実にもったいないことだ!!

だから・・・子どもにそれを教える・・・知識を引き継ぐ・・・本にして・・・歌にして・・・絵にして・・あらものにして・・その知識を・・渡そうと考える・・・

しかしとてもすべてを受け渡すことなど出来ない。

知らずに・・・同じ間違いを繰り返す・・・・一番酷い間違いが・・戦争・・・

善良な国民と国民が・・間違えて・・戦争をする・・・

どうか間違いを犯さないでほしいと・・願って・・

間違ってるよ!!

といくら叫んでも・・聞いてくれる人は少ない・・悲しいことだ。

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

嘘・嘘・嘘の世界です・
http://motomotojiii.blog121.fc2.com/blog-entry-19.html
赤福問題
腐っていなきゃいいんじゃん。

って思った。

私は、かつて、ラーメン屋で、チャシューにあたったことがある。

時間が経つほどに気持ちが悪くなり、インフルエンザよりも苦しかった事を覚えている。

それから、私は、賞味期限も気にして買い物したり、賞味期限内でもまずかったら食べないし、飲まない。

今では、防腐剤なんてのもたっぷり使っているはずだから、賞味期限が切れたから腐っているということはない。

だからと言って、許すわけではない。

やはり、ルールは守らなければならない。

良くはないけど、あまり責めるものでもないだろう。

そんなに食品に不満があるなら、自給自足してください。

肉だって国産は、外国産に比べると高い、けど、高いからおいしいというわけでは、なかろう。

食品業界は、廃棄にするもので頭を抱えているはずだ。

原価だけでもという思いは、絶対にあると思う。

スーパーだって怪しいものだ。

でも、多くの人は、ラベルを信じて買う。

いざ、食べると割とおいしい。

となると、文句は出ないだろう。

それが、腐る手前のものであっても。。。


これこそ、自己責任。

自分で食べて、おかしいと思えば食べるな。

まずかったら吐き出せ。指を入れるんだ。

ほんと、俺は、まずいと感じていたのに、食べてしまったから、、、

そろそろ、カキの季節だね。

生ガキには、気をつけよう。

私は、焼いて、スダチをちょこっとかけるのが好き(*^_^*)

皆さん、食当たりは、ほんと辛いので気をつけましょう。


柳 四郎

訪問頂き覗きに来ました。

赤福・・・貴方の言うとおり・・腐っていなければ良いのです・・・腐ってるものを売ったら当然赤福の責任です。

赤福・・・もったいないの言葉・・・資源の無駄を省くために・・・再利用する・・・当然のことをしてると考えるべきでしょう。

腐ってるのなら別にして・・・赤福の責任でどのように売ろうと・・捨てるよりは良い事だと考えるべきです!!

食べられるのに・・食べてなんら問題がないものを・・・平気で捨てるなどという・・実に馬鹿げたことをする!!

日本国民の驕りだということです。

マグロなど・・・数年前に漁獲・・・冷凍して・・解凍して売ってるのですよ!!

そのための冷凍です・・・赤福が冷凍解凍して販売・・何の問題もないことです・・・。

法で如何に異常な規制をしてるかを・・問題にするべきです。

また如何に物流が発達したからとはいえ・・・製造日にすべてを消費するなどという虚構を作り上げた赤福・・またそれを信じた馬鹿な消費者こそ問題です。

どうしてこのような正論がマスコミにでないのかこそ・・異常だというべきです。

嘘・嘘・嘘の世界です・・・軍艦の給油・・・国民保険年金・・・うそだらけの世界です。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?


Re: : 超キモすぎの柳へ2 2007/10/ 2 15:36 [ No.24374 / 26022 ]

投稿者 : sunday_japan39 No.22955
へぇ、北朝鮮トピで「日本は滅びる」と散々言っておいて、こちらでは手のひらを返したような発言をしてるんだな。
相手によってコロコロ意見を変えるなんて、最低なやつだ。


柳四郎
1・・・の何処に・・・日本が滅ぶと・・・書かれているか?・・早く提示しなさい・・出来ないなら謝罪したらいいだろう・・悪あがきするなよ!!


sunday_japan39
オレが言ったこと、理解してるよな。
『「日本が崩壊」してるのに、(日本が)滅んでないと言うのなら、謝罪しよう。』
これを見事にスルーしている以上、おまえは明らかに嘘を言っていることが容易にわかる。
まぁ結局、肝心の北朝鮮と戦争すれば日本が崩壊すると豪語していたのに、ここでは戦争しても国は滅びないなんて矛盾することを平気で言うんだな。
意見をコロコロ変える…人間として最低なやつだ。
矛盾することを平気で言う嘘つき爺さんってことで、納得しておく。


柳四郎
君がどう解釈するか・・などどうでもいいことだ・・・
1・・・の何処に・・・日本が滅ぶと・・・書かれているか?・・早く提示しなさい・・出来ないなら謝罪したらいいだろう・・悪あがきするなよ!!

いつまで捏造し続けるの?

柳四郎
何処に「向こうが攻撃を仕けてきて」・・と書かれてかるんだ?
読んでから答えろよ!!


sunday_japan39
お前が載せた「wikipedia」の記事に、

『不審船の複数の乗組員が対空機関銃ZPU-2、PK系軽機関銃及び自動小銃AKS-74により巡視船に対する攻撃を開始。
これに対して巡視船も応戦し、20mm機関砲で正当防衛射撃を実施した。』

とある。
自分が提示しといて、全く読めていないんだな。
馬鹿丸出しだよ、全く。


(Wikipedia)
12時48分に現場に到着した巡視船「いなさ」は、不審船に対して度重なる停船命令、警告を行った後、14時36分からRFS付20mm機関砲による不審船上空への威嚇射撃と海面への威嚇射撃を行う

16時13分から「いなさ」と「みずき」が船体に対して機関砲による威嚇射撃を行った。

22時00分、「いなさ」が距離を取って監視し、「あまみ」と「きりしま」が不審船を挟撃、強行接舷を試みた。

すると不審船の複数の乗組員が対空機関銃ZPU-2、PK系軽機関銃及び自動小銃AKS-74により巡視船に対する攻撃を開始。これに対して巡視船も応戦し、20mm機関砲で正当防衛射撃を実施した。


柳四郎
何処に「向こうが攻撃を仕けてきて」・・↑と書かれてかるんだ?

仕掛けたのは
「14時36分からRFS付20mm機関砲による不審船上空への威嚇射撃と海面への威嚇射撃を行う」

日本だぞ!!

相変わらず何処までも・・・捏造とでっち上げだ!!

柳四郎
「違法強制捜査」と言っているが、その証拠」→工作船=漁船ではない船に対する・・・・漁業法違反・・=違法強制捜査
どうも日本語が読めないらしい。



sunday_japan39
”2001年(平成13年)12月22日・・↓日時をわざと消すな!!”

漁船様国籍不明船に対して、日本国漁業法に基づく立入検査を実施しようとしたところ、逃走をはかり、漁業法違反(立入検査忌避)容疑で強制捜査…どこが違法なんだ!!
どうも日本語を理解できない大馬鹿野郎だな、全く!!



(Wikipedia)
2001年(平成13年)12月18日頃に米軍から不審船に関する情報が防衛庁(当時)に提供され
対象船舶は北朝鮮の工作船の可能性が高いと判断、


柳四郎
12月18日北朝鮮の工作船・・・と認識できてるんだ
12月22日漁船様国籍不明船に対して・・・立入検査

漁船ではなくて北朝鮮の工作船と認識できて・・・漁業法に基づく立入検査・・・
工作船=漁船ではない船に対する・・・・漁業法違反・・=違法強制捜査・・・

理解できましたか?

柳四郎
「証拠隠滅のための自爆だと容易に推測」・・・あくまでも推測だぞ!!
250発もの砲撃を食らって沈んだ!!事実だけを僕は書いてるんだ!!


sunday_japan39
前にも述べたが、おまえの載せた「wikipedia」の記事にも、
『なお、爆発の原因は自沈用爆発物の使用による自爆であり、巡視船の20mm機関砲によって引き起こされたものではない。』
と明記してある。
また、嘘を言うんだな。
自分の乗せた記事の内容くらい、覚えておけよ!!
何が、「事実だけを僕は書いているんだ!!」だよ。
事実じゃないことを平気で書いてる、法螺吹き大馬鹿野郎なだけだよ、全く!!



柳 四郎
不審船に対して度重なる停船命令、警告を行った後、機関砲による威嚇射撃を行った。不審船は弾が船首の燃料に命・・・

日本がこのような違法強制捜査で引き起こされた結果だ!!
  
しかも海底に散らばった遺留品に・・・自沈用爆発物の痕跡すらないのに・・・自爆・・と断定してる!!

柳 四郎
2004年 1月16日 陸自先遣隊約30名がイラクへ出発
日本軍がイラクへ侵攻したという証拠↑新聞も読まないの?
また捏造か??→「イラクを攻撃したという証拠を提示しろ。」捏造専門だな!!
君みたいな嘘と捏造で論じても意味が無い・・この辺で終わりだ!!



sunday_japan39
侵略とは「他国や他の領地に攻め込むこと」である。
攻め込んでいないものを侵攻とは言わないことは誰でもわかる。
あの大馬鹿野郎は、「陸自先遣隊約30名がイラクへ出発」とだけしか書いていない。
こんなものがイラクに侵攻した証拠にならないのは明白。
ゆえに、大馬鹿野郎が自分の意見が正しいと思うなら、「イラクを攻撃した証拠」を提示する必要がある。
それができない以上、大馬鹿野郎は嘘つきということになる。
こんな簡単なことを、いちいち書かなきゃいけないのか…柳の知能はしれてるなw



柳 四郎
陸自先遣隊約30名がイラクへ出発・・丸腰だとでも言うのか?

その後続々と武装して兵を送り込んでる・・・侵略とは「他国や他の領地に攻め込むこと」である・・

この通りに武装して攻め込んだ=侵略!!

君も完全に洗脳されてる。





テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

北朝鮮が強く求める「過去の清算」

Re: hello_bonbon2006 さんへ、横 2007/ 9/10 12:34 [ No.41163 / 41200 ]

投稿者 :
xxxred_fragmentxxx



asahi.com
http://www.asahi.com/politics/update/0906/TKY200709050388.html
ウランバートルで5日始まった6者協議の日朝国交正常化作業部会で、日本側は
北朝鮮が強く求める「過去の清算」について誠実に対応する意思を表明した。

柳 四郎
とうとう「日本は拉致解決なくして・・・日朝国交正常化なし」!!!!
・・・という大前提を引っ込めました!!
僕の主張が正しいことを歴史が証明していますね↑。


xxxred_fragmentxxx
ちょっと失礼します。歴史はなにも君を証明してはくれないよ。

だって、君の引用しているのは

>asahi.com

他の新聞を全部あたってほしいな~(笑)

最近は、この手の報道は、24時間単位で変質しているよ(笑)


柳 四郎
9月5日始まった6者協議の日朝国交正常化作業部会
北朝鮮が強く求める「過去の清算」について誠実に対応

この事実は何の変化もありませんよ

asahi.com ・・その後・・TVでも報道していましたよ!

昨日もTVで話していた・・福田さんは・・拉致を解決すると言う・・・当然6者協議の日朝国交正常化「過去の清算」することですべては解決です・・実に簡単です・・金で解決・・横田さんもそうしてほしいと・・TVで話していた。

「日本は拉致解決なくして・・・日朝国交正常化なし」などという馬鹿な・・・大前提を引っ込めました。


xxxred_fragmentxxx
ああ、それからね、君の論理だけど、一目瞭然で可笑しいのは、日本の軍隊をなくして他の基幹産業で頑張らなければ、日本の繁栄は無いなんてことを「憲法9条カテ」で平然と仰いますが、近代において日本は、そこそこ繁栄してますが、アジアで中国に抜かれましたが、つい最近までトップを占めていたのはご存じないの?

とっても偏向しているね?君の脳みそは?


柳 四郎
国連軍設立!!
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-category-17.html

僕の論はこれです。


xxxred_fragmentxxx
それで、日本の軍隊を引っ込めて、韓国、北朝鮮の軍は?大陸続きだから?継続ですか?


柳 四郎
韓国、北朝鮮・・戦争中の国に軍隊を引っ込めて??

どうするの?


xxxred_fragmentxxx
核を保有している中国、インド、ロシアを控えているから、油断がなりませんか?しかし、君は、同盟国であれば、核の脅威なんてものはありえないと断言しているよね?

矛盾していませんか?


柳 四郎
友好国米ロ中の核の脅威があると君は言うのですか?

米の核にどう対処するのですか?


xxxred_fragmentxxx
地理的にみてもアジアに浮かぶ島国である日本の方が、独自の軍隊を持たなければ危ないのは誰でもわかりきったことです。

島国だから「核」を持っても仕方が無いとはどういうロジックを展開させてくれるのかな~?


柳 四郎
米の核にどう対処するのですか?・・・対処できるなら・・・他の核保有国にも対処できます。

核をもっことで対処できる・・・当然ですが・・・他の160もの国が同じように核をもっことで対処したとき・・

小国が大国を核で恫喝してきたら・・・大国は恫喝されますよ。


xxxred_fragmentxxx
このやり取りだけを拝見しても、君の思想は極端に偏向しているので他の投稿読む気にならないと言うことです。

横失礼しました。

そうそう、北朝鮮に米国と仲直りするように説得したのは、誰だか当然ご存知ですね?


柳 四郎
米国に北と停戦を進めたのが日本であることは当然でしょう。



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

君みたいな嘘と捏造で論じても意味が無い・
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?

Re:反論にすらならない、超キモイ柳へ2 2007/ 9/29 20:29 [ No.23844 / 24357 ]
投稿者 : sunday_japan39

へぇ、結局日本語を理解できないんだな、おまえ。
「日本が崩壊」してるのに、(日本が)滅んでないと言うのなら、謝罪しよう。
そうでないなら、謝罪どころか、おまえに自分の矛盾する発言を隠蔽しようとする最低なやつというレッテルを貼ってあげよう。
まぁ結局、肝心の北朝鮮と戦争すれば日本が崩壊すると豪語していたのに、ここでは戦争しても国は滅びないなんて矛盾することを平気で言うんだな。
意見をコロコロ変える…人間として最低なやつだ。
これをスルーしてることは、認めたと受け取っていいんだな。
じゃあ、矛盾することを平気で言う嘘つき爺さんってことで、納得しておく。



柳 四郎
君がどう解釈するか・・などどうでもいいことだ・・・
1・・・の何処に・・・日本が滅ぶと・・・書かれているか?・・早く提示しなさい・・出来ないなら謝罪したらいいだろう・・悪あがきするなよ!!

工作船=漁船ではない船に対する・・・・漁業法違反・・・違法強制捜査・・・これが君に理解できるか?
公海上を無害航行中・・・・これが君に理解できるか?
機関砲やロケット弾による激しい銃撃戦へと発展し・・・このような違法強制捜査での撃沈だ・・自沈しようと沈んだ原因が・・日本の違法強制捜査での砲撃にあることは明白だ。
正当防衛・・どこに書いてるそんな嘘が?



sunday_japan39
詳しくはこれを見ろ。

九州南西海域における工作船事件の全容について
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/news/h14/fushinsen/030314/index.html

向こうが攻撃を仕掛けてきて、応戦することは「正当防衛」として許される。
そんな簡単なことも理解できないのか?
それと、「違法強制捜査」と言っているが、その証拠を提示してもらおうか。
あと、「撃沈」と書いてあるが、それは嘘だと認識しているんだな。
あくまで、自爆による自沈である。
日本の砲撃があったからというよりも、証拠隠滅のための自爆だと容易に推測できるわけだ。
おまえの論は、すべて主観論であり、根拠もまるでなし…説得力が全くない。


柳 四郎
詳しくはこれを見ろ↓。
九州南西海域における工作船事件の全容について
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/news/h14/fushinsen/030314/index.html

何処に「向こうが攻撃を仕けてきて」・・と書かれてかるんだ?

読んでから答えろよ!!

「違法強制捜査」と言っているが、その証拠」→工作船=漁船ではない船に対する・・・・漁業法違反・・=違法強制捜査

どうも日本語が読めないらしい。

「証拠隠滅のための自爆だと容易に推測」・・・あくまでも推測だぞ!!

250発もの砲撃を食らって沈んだ!!事実だけを僕は書いてるんだ!!

イラク侵攻軍(日本も含む)が60万ものイラク国民を殺傷してる・・・新聞を読みなさい。


sunday_japan39
新聞を読め?日本がイラク侵攻した証拠を出せといっているんだが、出せないところを見ると、やっぱりおまえの作り話なんだな。
軍隊も持たない日本が、存在しない日本軍(軍隊)を使ってイラクを攻撃したという証拠を提示しろ。
そんな簡単なこともできないなら、素直に謝れ、馬鹿者!!


柳 四郎
2004年 1月16日 陸自先遣隊約30名がイラクへ出発
日本軍がイラクへ侵攻したという証拠↑新聞も読まないの?

また捏造か??→「イラクを攻撃したという証拠を提示しろ。」捏造専門だな!!

君みたいな嘘と捏造で論じても意味が無い・・この辺で終わりだ!!


テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

お前のかーさんでべそ・
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?


四郎君へ 2007/ 9/29 20:12 [ No.23836 / 24356 ]
投稿者 : palmereldritch608

相変わらず、おバカなことばかり言ってますなぁ。君はわざと間違いばかり言っているんですか?http://blog96.fc2.com/riyushirou/admin.php正直、君が正しいことを言うところを、私は一度も見たことがありません。(本当)


柳 四郎
中国の統一王朝宋が存続しているのに、支那の一王朝に過ぎない元を・・・中国の王朝と言えますか?


palmereldritch608
言えますか?って、君もそう言ってるんでしょ。言えるに決まってるじゃないですか。
だいたい、元寇は支那の一王朝、元が日本に対して行った侵略である。との歴史的事実に対して、いったい、これが何の反論になると思ってるの?こんなもん、なーんの反論にもなっていませんよ。

連邦制であった、蒙古帝国にあって、支那を治めていたのが元ですよ。その元が、支那の一王朝でないわけないでしょ。元は支那の一王朝に決まってるじゃないですか。元が支那の一王朝でないとするなら、唐や漢や金や魏や蜀は、いったいどこの王朝なんですか?言えるんですか?気は確かですか?私もなんだかとっても心配になって来ましたよ。笑い。

宋が細々と存続していたとしても、そんな宋を、どうやったら支那の統一王朝などと言えるんだ?おバカばかり言ってないで、少しはマシなこと言ってみなさいよ。

ついでに、片付けちゃいますが、「Re: palmereldritch608 さんの共産主義」ねぇ。1,2に分けて、長々しい割には、内容はなーんもありません。おバカのオンパレードです。


柳 四郎
蒙古帝国の支那を治めていたのが元が攻めてきた・・君の言うとおりで・・中国が攻めてきたのでは在りません・・・蒙古帝国の元ですね。

実の単純です。

長々と論じてるが???

反論になっていません。

共産主義国だから物資が欠乏している・・・と報道(洗脳)していると言うことです!!


palmereldritch608
ソ連は、共産国だからこそ、地震でも大敗戦でもないのに、物資がうまく流通しなかったに決まってるじゃないですか。それを報道したら何で洗脳なの?商品が欠乏しているから、商店の前には行列が出来たんでしょ。違うんですか?

洗脳されているのは、「これは洗脳だ!」「これは洗脳だ!」「これは洗脳だ!」・・・。と洗脳されちゃった君の方でしょ。たぶん。笑。


商品不足など、どんな体制の国家でもありうることですが、闇市は社会主義国家には、あってはならないことです。


柳 四郎
論が支離滅裂ですね?

闇では買えない・・商店の前で行列を作ることも出来ない人が・・・物乞いする・・。
物乞いも出来ない日本の孤独者が・・見取られることも無く餓死するのです。
これも恐ろしい!! 資本主義の恐怖です。


palmereldritch608
いーえ、資本主義以外でも、封建社会や前近代から餓死者はいくらでもいましたよ。もちろん、君が戻った方が良いと言っている、江戸時代にも餓死者はいました。それがどしたの?いったい何を言いたかったの?

君ねー。一度でも人間について考えてみたことありますか?人間は多かれ少なか、みんな洗脳されているんだよ。文化とは洗脳のことでしょ。ただ、君ほど奇妙な洗脳は受けていないというだけのことです。

ま、洗脳されている人間に限って、その自覚がなく、「俺だけは洗脳されていない。しっかし、他人は全部洗脳されているのだ」と思い込んでしまうものです。

もう、つかぬ事を伺う必要もなさそうです。君がどんなに○○か、はっきりと分かりました。
私はサリバン先生ではないので、君の相手は勤まりません。どうか御安静に。

では。


柳 四郎
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える・・これが僕の趣旨です。

さて支離滅裂な論を展開してるので・・反論しません・・・現在を語っています・・・昔話をしていません。

論じたいのなら具体的事実を提示してください。


お前のかーさんでべそ・・のタグイの論は止めた方がいいですよ・・負けたものの最後っ屁です。


テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

ラベルを上げたまえ。

Re: : 反論にすらなっていない、超キモイ柳 2007/ 9/29 20:02 [ No.23832 / 24355 ]
投稿者 : sunday_japan39

柳 四郎
杉本幹夫は天皇の独裁を否定しょうと・・・必死だが・・・日本とは「神の国」であると・・・独裁を基本で認めてるのだよ!!


sunday_japan39
すまんが、反論にすらなってないんだが。
おまえの方が、日本を「天皇独裁国家」にしたいようにしか見えないがな。
あのサイトでは、ちゃんと筋の通った説明をしているが、それを覆すだけの論証をお前は出していない。
「独裁を基本認めている」という、確固たる証拠を提示しろ。
あのサイトに載せてある、筋の通った論証を覆すだけの証拠をな。
それと、民主主義のことはスルーか?
「自由と民主主義を敵として戦った」根拠を未だ示せてないんだから、早く示してもらおうか。
前にも書いたが、例のサイトにちゃんと書かれてある。
それをちゃんと理解しろ。


柳 四郎
杉本幹夫が・・・日本とは「神の国」であると言う以上・・・何も反論する必要など無い・・・
「神の国」に民主主義があるという・・・荒唐無稽な論だ!!

ラベルの低い・・レベルにも達していない。
さて反論する以上・・・具体的に反論しなさい・・裁判所で六法全書を出して・・・ここに書かれてる??・・・反論にならない。


sunday_japan39
すまんが、お前のほうが反論できてないぞw
例えば、オレが「日本は天皇独裁国家ではない」と発言したことに対して「(日本は)独裁を基本認めている」とお前が言っている。
これは、根拠すらなく、全く具体的な反論ですらない。
要は、おまえは論ずるに値しないやつなんだよ。


柳 四郎
杉本幹夫が・・・日本とは「神の国」であると言う以上・・・何も反論する必要など無い・・・
ラベルを上げたまえ。





テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

国連軍設立!! です。
トップ > 政治 > 軍事 > 憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?

yousunwai No.23743
戦時において、アメリカ軍が絶対役立たないとは言ってません。役立たない場合があると言っているだけです。その場合はどうしようもないと言っているんですね。役立たない場合があるからいらないという論はおかしいと思います。


柳 四郎
民主主義を認める以上は、軍事力で他国の意思を蹂躙することは不可能です・・軍が役立事はない・・・

軍隊が友好なのはミンヤンマー・朝鮮のように・・国民に銃を向けるときだけ・・有効に働きます。


軍隊不要論の最も重要な根拠がここにあるのです。


米国に勝る強力な軍隊など何処の国も持ちえません・・となると何処の国もアメリカに攻撃される可能性は有るということです。 兵器性能の質の良し悪しなど全く問題外です。


yousunwai .23743
もちえるかもちえないかを今話し合っているのではないでしょう。ですから、アメリカ以上の軍事力や核を持てば、アメリカは攻撃しなかったと思います。そして、その軍事力の中に、兵器性能は当然加味されるべきです。竹やり100本と機関銃100挺を比べて、その性能差は問題外とは言えないでしょう。しかも、あなたは、

「米国に勝る強力な軍隊など何処の国も持ちえません」

「何処の国もアメリカに攻撃される可能性は有る」

とおっしゃっていて、これは軍事力は重要であると言っているようなものですよ。



柳 四郎
イラクや・・150の弱小国が原・水爆ミサイルを持てば、アメリカは攻撃しなかったと思います・・・その通りです・・。

150の弱小国でも米ロ中の列強国を直撃できる原・水爆ミサイルを20~30基持てば・・米ロ中の列強国は絶対にその国を蹂躙できません・・・!!

しかしそのような不可能な論を展開しても無意味です!!

また日本が核保有国になって安全が保障されるか?

朝鮮・韓国・台湾・蒙古・・や150の弱小国が原・水爆ミサイルを持てば・・・狂気の国が・・・いつ日本にミサイルを撃ち込むか・・・絶えず恐怖におびえることになります!!

米ロ中の列強国は絶対にその国を蹂躙できませんが・・・150の弱小国はいつでも・・・列強国を恐怖の恫喝が出来るのですよ!!

君の論の破綻は明確です・・・日本が・・改憲しても核保有しても・・安全は保障されないと言うことです!!


yousunwai
国連軍がいいかどうかは分かりませんが、結局、軍隊は必要です。あなたの主張はそういうことですよね。軍隊が必要ないのなら、国連軍もいらないはずです。


柳 四郎
軍隊が不要だとは・・僕は主張していません!!

僕は各国の軍隊は役に立たないことを証明し・・国の持つ軍隊は・・不要であることを実証しました・・・!!

しかし軍事紛争は続いています・・・これを防ぐ方法は必要です・・・。

150の弱小国が大国に蹂躙されないため・・・民族紛争を・・資源紛争をなくすための軍隊は必要です・・・。


そのための国連軍の基礎を日本が作るべきだと言うのが僕の主張です。

国連軍設立!! です。




テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。