柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
民主党政権でいよいよ日本沈没か 2009/ 7/18 18:10 [ No.67998 / 68049 ]
wooo_mistral
共産・社民離れから「隠れ左翼」の受け皿にもなってる民主党が政権取ったら、日本は一体どうなっちゃうんでしょーね? 日本国民の人権や言論の自由は今までどおり保障してくれるんでしょうかね?

一般国民労働者の雇用の確保も民主党はどうするつもりなんでしょー? 民主党政権になったら、日本の名立たる企業は更に国内に見切りをつけ国外流出が加速するでしょうが、民主党は国民の働く場をどう確保するつもりなんでしょう?

1・・・日本・日本国民の豊かさは戦後これまで自民政権で確保されてきましたが、中国など新興国の勃興で危機に瀕しています。この上さらに民主党政権になった場合、国民はどうやって従来の豊かさを維持・享受するための日々のメシを稼いでいったら良いのでしょうか?


柳 四郎
君は僕の反論に何の答えもない・・・・君の論が否定されたと言うことだが・・それでいいのか?

1・・・日本・日本国民の豊かさは戦後これまで自民・・・基本は社会主義で日本国民の豊かさは戦後これまで維持されてきた・・・のだよ。

だがすでに社会主義で日本国民の豊かさが保障されなくなってきた・・・小泉の改革・・資本主義に依存してみたが・・尚状況はさらに悪化してきた・・・ソ連の共産主義が破綻して資本主義で改革したが・・一向にロシア国民は豊かになれない・・・東ドイツも社会主義を放棄して資本主義にしたが・・国民は貧困に沈んだままだ。

自民でも民主でも国民の貧困化・・右肩は下がり続ける!!!

誰もこの本当のことを話さない・・・。

消費拡大するために自民は小銭をばら撒いたが・・・なのを消費したか??

中国製品を買っただけだ!!・・小銭はまとまって・・中国へと流れた・・中国が一人7%もの成長を続けている。
日本の消費拡大は中国製品を買うことだ!!

この事実を誰も話さない!!

日本国民は無駄な消費を抑えることでしか豊かさを維持できない・・・金を使わない豊かさを求めることだ。

だが自民は何所までも右肩上がりの経済拡大路線をこの20年間求め続けて・・・国民の金を溝に捨て続けてきた。

少なくとも民主ではこの溝に捨てる金はなくなるだろう・・・。
民主には土建屋からの献金が殆どない・・土建行政だけでもなくなれば少しは無駄がなくなるから。

役人が天下りする独立行政法人の無駄もなくなる・・これも大きい。

残るは5兆円の軍事費だが・・国連軍に編入すると・・400万の日本国連軍が国の隅々で国民の手助けをして国を豊かにする手伝いをすることが出来る。

疲弊した農業を漁業を林業を老齢社会を、400万もの国連軍人が国民の生命財産を再生産する手伝いをする。

仕事のない若者を400万も国連軍人として雇い・・・国の隅々にある兵舎に住んで・・国の再生に働く。



スポンサーサイト
漢の倭の那の国王の系列じゃあない
   
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
朝鮮半島は、日本領土 ! 2009/ 7/ 2 10:41 [ No.67028 / 67074 ]
scorpionti
riyushiro3987 くん、朝鮮半島の致命傷たぞ、朝鮮半島は日本国領土。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本式古墳発掘  韓国で5~6世紀ごろの日本式古墳発掘されたが、
その始末は文教授は韓国でも有名な歴史学者で、日本書紀の研究家
としても知られる。

同教授の論拠は武寧王の墓誌銘だ。1971年、公州市で未盗掘のまま発見された同王の墓内から見つかった。
墓誌銘には出生地についての記述はないが、523年の没年日と、
六十二歳で死亡したことが記されていた。これは、日本書紀の記述とまったく同じだ。文教授は昨年7月、加唐島を現地調査した上で、

「日本書紀の記述が正確だ」として、出生地は「加唐島」との結論をを出した。当時、倭国(日本)と百済の交流は活発で加唐島は往来船のコースにあたり、日本に行く途中、母親がこの島で出産した、という。
文教授は「日本書紀の記述は信頼性に欠ける部分もあるが、百済の記述は正確だ。
韓国の学者からの反発もあるが、学者としての仕事から発表した」と話す。』
http://www.yoyokaku.com/sub7-21.htm

『全羅南道の光州郊外と栄山江の流域に奇妙な形をした古代の墓があるのを知っているだろうか?
出土物から紀元5~6世紀頃の遺跡と確認されている。ところが、この歴史的遺跡は韓国の考古学会では黙殺されている。

その理由はその古代の墓の形状にある。
日本人なら「前部が四角錐で後部が円形の墓」と言われれば直ぐにピンとくるはずだ。そう、逆向きで表現されているが前方後円墳である。
実はこの墳墓が発見された当初韓国の新聞などは一斉に

「古代朝鮮から日本へ前方後円墳が渡った証拠」として報道していたのである。
前方後円墳は世界的に見ても非常に珍しい形の墳墓で、日本独自の墳墓文化として世界に紹介されているからだ。
ところが、よくよく調べてみると、日本の前方後円墳が3~5世紀に作られたのに対し、これらの韓国の前方後円墳は5~6世紀に作られていたことが分かってきた。

さらに韓国の前方後円墳の出土物に日本の埴輪に酷似した土器類が発見されたのだ。
常識的に考えれば、この韓国の前方後円墳が作られた当時に日本から有力な豪族がやってきて当地を治めたか、若しくは日本からの何らかの影響が古代朝鮮にあったと推察される。

そう、だからこそ韓国ではこの古墳を黙殺しているのである。

さらに驚くべき事にこの発見が無かったことにするために国家による埋め戻し作業が行われたという話を聞いている。もしこれが事実ならそれは国家による犯罪行為ではないのか?少なくとも、この発見に対し黙殺を続ける韓国人達は自らの古代の文化を否定しているのに他ならないではないか?

韓国人よ、お前たちは常に日本に文化を伝えたのは自分たちだと豪語してはばからないが、その逆の可能性について証拠が出ると、こうして隠蔽・黙殺を当然のごとく行っている。
文化を否定し破壊する韓国人に文化を語る資格も権利もない。』
http://m
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お前さんの学識では、相手不足 ??????????????


柳四郎
君の言うとおりだよ・・全て朝鮮渡来の文物文化で日本の国家はなり立っている。

奈良=なら=ふるさと=朝鮮語だ。

朝鮮人が日本に来て奈良=なら=ふるさとを再現しただけだ。

その朝鮮系の日本人が同属血縁憎悪で鬼畜朝鮮を叫ぶ。

僕は君のような・・漢の倭の那の国王の系列じゃあない。

僕は天津神の系列で現天皇(福井・国津神)の系列じゃあないから・・鬼畜朝鮮を叫ぶ必要は無い。

旧約聖書から生まれた新約聖書のキリスト教徒が旧約聖書・ユダヤ抹殺に必死なように近親憎悪ハナイ。



テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

貴方の常識内での戦争とは異なるのです。
   
憲法9条に賛成ですか?反対ですか?
Re: aiti2521 氏へ 2009/ 6/27 12:15 [ No.66914 / 66946 ]
aiti2521

柳四郎
「自衛隊の実態」」「ありかた」が、憲法の理念と矛盾している・・であるなら当然解体すべきですね?当然解体して「軍隊とは本質的に異なるもの」を作ることでしょう?

aiti2521
 「解体」しなければ変えられないかどうかはわかりません。あるいはriyushiroさんの言うとおりかもしれません。
 逆に、単に「自衛隊」を国家の連合組織である国連に差し出して「国連軍」と名前を変えれば、riyushiroさんの言う「米ロのような国益軍」でなくなるとも思えません。

 目標としての「国連軍」という考え方は否定しませんが、国連自体が変わらなければ、日本人の税金で賄われる「常任理事国の国益軍」が生まれるだけでしょう。

柳四郎
どうしても常任理事国=水戸黄門・・のようにお考えだが。
水戸黄門の印籠を取り上げるのですよ。
国連憲章を変えることで国連は国連に取りも取り戻せるのです。

aiti2521
 riyushiroさんは国連憲章を変えると言いますが、それだって手続き上は日本の憲法を変えるよりはるかに難しいでしょう。憲章改正にも事実上「拒否権」が存在します。さらには賛成しても、各国の議会での批准がなされなければ発効しません。
 おそらく世界中で沸騰するような世論のうねりでも起きなければ難しいでしょうし、そんな圧倒的なムーブメントが世界中で起きるような状況なら、国連軍などなくても平和的な国際社会が実現されるだろうとも思います。

http://www.lares.dti.ne.jp/~m-hisa/uncharter/japanese.html#18-109
第108条〔改正〕
この憲章の改正は、総会の構成国の三分の二の多数で採択され、且つ、安全保障理事会のすべての常任理事国を含む国際連合加盟国の三分の二によって各自の憲法上の手続きに従って批准された時に、すべての国際連合加盟国に対して効力を生ずる。

第109条〔全体会議〕
2 全体会議の三分の二の多数によって勧告されるこの憲章の変更は、安全保障理事会のすべての常任理事国を含む国際連合加盟国の三分の二によって各自の憲法上の手続きに従って批准された時に効力を生ずる

柳四郎
良くお読みください・・三分の二の多数ですべてを変えることができます。

日本軍を5兆円の予算をつけて国連軍として編入する・・国連予算の10倍もの金を日本は提供するのですよ!!
おそらく世界中で沸騰するような世論のうねりが起きますよ!!

aiti2521
 そして何より委譲された「国連軍」をいかに国際平和のために適正に運用するか(どういう手続きにより、何を基準に、誰が行動の意思決定をし、実際の指揮権を誰が行使するのか)が問題でしょう。
 国連憲章を変えられると仮想しても、単に国連軍の規定を設けるだけでは「仏造って魂入れず」で、国連の意思決定のシステムを根本的に変更しなければ意味がないと思います。
 具体的にどこをどう変えれば、各国の思惑の総和でない、「国際平和」という客観的基準に基いた意思決定ができるのか、が問題ではないですか?

柳四郎
国連軍事務総長の下に国連軍総指揮官が統括しています。
国連の意志で動くのです。

現在のような大国の横暴だけで出も止めることが出来るのですよ・・・すべてを求める必要などありません。
逐次改良です。
400人乗りのボーイングがライト兄弟に作れますか?全て逐次改良です。

aiti2521
 そうした問題の目処がつかなければ、日本の税金で賄われる、日本人兵員による、「国連軍」という名の、実際は「大国の国益軍」が、アフガンであるいはソマリアで市民を殺戮する、ということにもなりかねないと思います。

柳四郎
国連軍は基本として他国に軍事侵攻はしません・・当事国の国連軍が先ず動くのです・・国連軍がアフガンであるいはソマリアで市民を殺戮する、と言うことはあありえません。

ソマリア国連軍がソマリアの秩序を維持するのです・・軍というより警察ですが。
*******
1・・国内に残された難民・・・・軍事力が必要??軍事力=イージス艦・潜水艦・空母・ジェット・核ミサイル?が必要だとでも言うのですか?

aiti2521
 そんなものは不要だと思っています。

柳四郎
そうです軍隊は不要なのです。 
必要なのは軽武装の警察でしょう?軍事力など全く不要です。

aiti2521
 交戦状態の紛争地域内は警察では無理でしょう。だからriyushiroさんも国連「軍」が必要と思っているんでしょう?
 ミサイルや空母や爆撃機は不要ですが、銃火器・軍用輸送機や支援機・輸送船や護衛艦・装甲車両等は必要だと思います。
 これらは「警察力」ではなく、「軍事力」の範疇です

柳四郎
国連軍は基本的に戦闘しないのです。
ソマリアを例に取ると・・・先ず両方の私兵を国連軍に編入工作します、金で動く兵ですから金で買うのです。
両方の私兵を国連軍に編入出来たら平定です。

チエチエンも同じで両方を国連軍編入です・・どちらかが拒否したら先ず片方だけを国連軍としますが残るほうは国連軍と世界を相手に戦う??出来ますかこんなこと!

イラクも国連軍に編入していたら米軍の侵攻はありませんでした。

少なくとも世界を相手の戦争しようと言う反乱軍など起きませんよ。

貴方の常識内での戦争とは異なるのです。


テーマ:国連軍設立 - ジャンル:政治・経済

即実現可能な国連軍だいうことです

『国連緊急平和サービス』について トップ > 政治 > 軍事 > 『国連緊急平和サービス』について
Re: etranger3_01 日本軍の国連編入 1 2007/ 8/18 12:38 [ No.60 / 63 ]
投稿者 : etranger3_01
■日本軍の国連編入 1


柳 四郎
さて言葉を定義することがどうして「法定上」の定義で無ければならないのですか?


etranger3_01
現実的な組織の発足を目指すのであれば、既存の法定定義を無視できないからです。


柳 四郎
と成ると・・・国際法に・・侵略を認めないとの条項を・・書くことはできない!!

法定定義された言葉しか使えないにならば・・あらゆる条約・法律の作成が不能になりますね?

イラクに対して米軍が侵攻した・・・これを侵略とする・・・同じく日本もイラク侵略となる。
これだけの話です。


etranger3_01
貴方個人がそう仰っても、何人の専門家がそう言っても、国連はアメリカの行ったことを侵略と公式に認めてはいません。国際関係上、歴史上、アメリカの行ったことは「侵略」としては記録されないで「イラク攻撃」「イラク戦争」として記憶されるのです。貴方個人の主観など、正直なんの信憑性もないのです。


柳 四郎
国連はアメリカの行ったことを侵略と公式に認たとして・・・なんら罰則がありません・・・。

僕個人の主観では有りません・・・国連の定義に従った主張です・・国連が公式に認めるかどうかなど問題では有りません・・・国連が認めようが認めまいがなんら罰則が無い以上・・どうでもいいことです。

ブッシュ氏は5000のイスラムを拉致監禁して拷問してることが国際法違反であろうと無かろうと・・・戦争に勝つことは優先する・・・と当然な論を展開しています。

イラクに対して米軍が侵攻した・・・これを侵略とする・・・同じく日本もイラク侵略となる。

侵略の定義は・・・国連の定義による・・・・これだけの話です。

侵略の定義について過大な期待は禁物であるとする見解がある・・その通り。

期待していません・・・また侵略が現実にあったとしても・・・なんら法的拘束力はありませんから。


etranger3_01
現在の体制下では、そうですね。でも“私たち”は、そこで侵略が“起こらないように”しようとしているのではなかったですか?そのために国連改革も念頭において、それぞれの構想を練っていたんですよね。


柳 四郎
そうです・・・。
しかし・・・UNEPS・・の目的と異なりますね?

UNEPSは米ロの国際法を無視した横暴に対しての抑制力はありません・・違いますか?

しかし現実に128もの国が存続していることは事実です・・・侵略して征服できなくなったということです・・・期待よりも現実のほうが進んでいると言ことです・・・イラク侵略しても征服できません・・イラクはイラクです・・滅びません。


etranger3_01
それは、様々なファクターを無視して単純に数の上で考えすぎだと思います。他所で四郎さんが示したミリタリーバランスのデータによれば、たしか五十数カ国が5万以下の軍隊しか持たないってことでしたよね。けれどもそのデータからは、それら五十数カ国の個々の事情は見えてきません。どなたが他トピで言われたように、集団安全保障協定や、多くは米軍によって守られている場合があることを、四郎さんはまったく無視されている。さらに、資源などの権益になるものを持たない国は侵略の対象にもならないことから、軍備を持たずにいられるのだということも、考慮されていません。このように、数字上だけで「だから」と結論付けるのはあまりに早計であり短慮であると思われます。


柳 四郎
193の国にはそれぞれに事情があるからといって・・・128もの国が存続している事実になんら変わりはありません。

またそれぞれの国がそれぞれの条約・・協定に加盟していても・・・米ロの無法な蹂躙は防げません・・・また・・個々の事情を見ても存在していることに何の変化もありません。

中東一の軍隊を持つイラクですら米国に蹂躙されています・・・軍隊を持とうと・・条約・・協定に加盟しようと・・蹂躙されないという保障は何もありません。

1945年以降の戦争の多くは米ロの無法な蹂躙です・・・これを防ぐ方法は・・・国連軍編入・・イラクが国連軍として編入していたら・・米国の蹂躙は許され負かったでしょう・・・UNEPS・・で防げますか?



Re: etranger3_01 日本軍の国連編入 1 2007/ 8/18 12:42 [ No.61 / 63 ]
投稿者 : etranger3_01
■日本軍の国連編入 2


柳 四郎
イスラムの世界は基本的に国境はありません・・・イスラムというひとつの世界ですから・・・そこへ国境と言う西洋の概念を持ち込むことで・・・紛争がおきます・・・・宗主国でもどうすることも出来ない・・・これを軍隊で守るとか守らないとかいう・・次元で解決しょうとと言うあなたの思考こそ・・・問題だということです。


etranger3_01
四郎さんは、既成の事実を「概念」として排除してしまっていますが、それは違うと思います。国境という西洋の「概念」は、いまは現実にそれとして各国の間に存在しています。そして、各国が国際法の範囲内で、その国境をまたがる天然資源や水をめぐって紛争に明け暮れているのが現状です。そして、紛争は「軍隊」によって行われている。これが、現実です。


柳 四郎
さて・・・天然資源や水をめぐって紛争に明け暮れているのは・・・地域部族・・国際資本の用兵で・・・ヨーロッパ列強による軍事征服では有りません・・ここを明確に分けることです。

現実に128もの国が存続していることは事実・・・混沌としたアフリカの現状と混同しないことです。

でないと対策ができません・・・違う条件の紛争には違う条件の武力が必要です・・・9-11に超近代武装の米軍が全く役に立たなかったように・・従来の軍備は無用です・・・ご存知のようにLIC低強度紛争・テロ・部族紛争論の時代だということです。


etranger3_01
私は、こうした紛争全般を“解決”するためにUNEPSを提案しているのでありません。四郎さんの「国連軍」構想と、私たちの「UNEPS」は、そもそも活動のフィールドと範囲が違うのです。互いに構想の優劣を競っているのではなく、違うフィールドと活動範囲を持つ互いの構想を理解しようと、現在この対話を進めているのです。


柳 四郎
あなたの言うところのアフリカの紛争をどうするのか・・・僕の言うところの国連軍構想が役に立つのです・・・紛争部族の軍隊を国連軍としてまとめるということです・・・小沢氏の言う・・国連が日本軍をあるいは米軍を派遣するという発想では解決できません。


etranger3_01
小沢代表の発想は「UNEPS」ではありません。別トピでapplenakamaさんが示してくれている資料集の中から、小沢代表の構想の核を表している文献をご紹介します。

○資料:小沢代表の「国連待機軍」構想(03年度)
(上)http://blogs.yahoo.co.jp/ti_r2p4japan/15996129.html
(下)http://blogs.yahoo.co.jp/ti_r2p4japan/15997333.html

「UNEPS」と小沢代表の「国連軍」、正確には「国際平和協力隊」は違う。すなわち、私は小沢代表の国連軍構想を支持しているわけであはりません。なので、小沢代表の国連軍構想を逐一引き合いに出されても、私には何の関係もないことです。私は小沢代表の構想を資料として出すのは、既存の最新の「国連軍構想」をブログの閲覧者に理解してもらうためであり、それ以外の目的はありません。


柳 四郎
これは斜に読みました・・・別の軍隊を作る・・・構想で・・・屋上屋を重ねるように見えます。

その地の紛争はその地の人々の手で収める・・これ以外に無いということです・・・。


etranger3_01
ここだけ、国際社会は四郎さんとは違う結論を出しました。それが「保護する責任」の概念です。これもまた「概念」でしかありませんでしたが、この概念を実践的なものとして具現化した一つの案が、「UNEPS」です。しかし、国際社会は「保護する責任」の概念の必要性と、その法制化には賛同しながらも、まだ具体的な一歩を踏み出していません。日米の議会で「UNEPS」を推進すれば、それが国連改革の弾みとなり、初めて国連は概念を実行に移す媒介を得ることになるのです。


柳 四郎
自国の弱者を殺す見捨てる・・・さて他国の手で救済できるか・・・子供虐待・・・これを防ぐむずかしさ・・・。

弱者を自衛させる・・僕の言う国連軍・・・これのほうが効果があるように思います。

この問題は・・・民族自決の原則で国家が独立できて・・・軍隊不要の時代になったこととは・・次元が違うことを理解する必要があると思いますよ・・・理解を間違えると解決策を間違えます。


etranger3_01
ご自分で「理解」と「解決策」を間違っていないか、一度確認されることをお勧めします。


柳 四郎
128もの国が存続できる=1945年以前と以降の世界が変わったことを基本的に説明してるということです。


etranger3_01
四郎さんの考えは、どうもそこで止まっているようです。1945年以前の世界と以降の世界は確かに変わった。しかし、その後、冷戦という一つの時代を向かえ、そしてそれも終焉し、時代はもう何度も移り変わっているのです。つまり、1945年以降の時代が一つの形ではなく、それ自体が分岐して様々な形をとり今の世界があるという錬促成を念頭に置いた考え方です。四郎さんには、どうもその辺が賭けているようです。そこを、他所でも幾人もの人にも指摘されているでしょう。なんで行く先々で同じ事を言われるのか、一度考えてみてはいかがでしょうか。


柳 四郎
128もの国が存続できる=1945年以前と以降の世界が変わった・・・軍隊不要・・であるならば日本軍解体・・国連軍編入して・・世界の紛争を抑止する・・・さて何処で論が停止していますか?

理解できないことをもって停止という・・・思考停止となります。


Re: etranger3_01 日本軍の国連編入 1 2007/ 8/18 13:02 [ No.62 / 63 ]
投稿者 : etranger3_01
■日本軍の国連編入 2(続)


柳 四郎
どこの国も滅びずに・・・=軍隊で守れなくても存続している事実を理解することです=存続してきたと言い切れるのです・・・・。
さて滅びた国がありますか?・・・国名が変わった国・・・政体が変わった国は・・・沢山有りますが滅びては居ません。


etranger3_01
四郎さん、貴方はアフリカの国々の人たちと直接接してみて、彼らは自分の祖国のことを、いまは亡き祖国のことをどう思っているか、その生の言葉を聞いたことがありますか?私は、あります。また、子どもの頃ですが、そのうちの一つの国に暮らしたこともあります。いまは、国際刑事裁判所の運動の関連で、アフリカのNGOの人たちを通して、彼らがどう母国の窮状を考えているか、生の声を聞くことができます。彼らにとっては、国は滅びているも同然なのです。いまの、混沌は、滅びと同じなんですよ。彼らには。


柳 四郎
列強により殖民地として・・・部族社会を破壊され・・・歴史・・民族に国関係ない国境線を引かれて・・・植民地放棄・・・国という組織・骨をを取り去られて・・・・・・国として成り立たないまま・・現代に放置されたのが・・アフリカの現状でしょう・・この基本を理解せずに・・対策は立ちません。

どこの国も滅びずに・・・=軍隊で守れなくても存続している事実を・・・とはまったく異なる問題です・・これを理解する必要があるのでは?


etranger3_01
subsistence livingという言葉が恒常化しているアフリカの現状を、もっと貴方は草の根レベルから知る必要があると思いますよ。この日本国の主権者が私たち市民であるように、アフリカ諸国の主権者も、彼ら一般市民なんです。彼らが母国の現状をどう思っているか、もっと目を向けたほうがいいと思いますよ。


柳 四郎
木を見て森を見ず・・・そう感じます・・・なんでアフリカがこのような悲劇が起きるのか・・・列強による収奪・・・衰弱しきった世界を何の手当てもせずに放り出した・・・原因はこれです。

植民地として列強の搾取が続けばなお悲劇です・・・ひとつの悲劇の終焉が次の悲劇へとつながる・・・この事実を理解して初めて対処できることです。

対策はまず部族間の武力闘争・・資本家の用兵に拠る収奪・・これを防止するのに「UNEPS」が役に立とは考えられません・・・部族の自立自衛これが先だと思いますよ。



Re: etranger3_01 日本軍の国連編入 2 2007/ 8/18 13:03 [ No.63 / 63 ]
投稿者 : etranger3_01
■日本軍の国連編入 3


柳 四郎
米国がイラク侵略軍かどうか・・・当然いろいろな議論が出来るでしょう・・・しかしいずれにしてもイラクのフセイン政府の招請なしである以上・・・どう論じても侵略軍であることは否定できません。


etranger3_01
そこで「どう論じても」と言い切るのは独善です。私だって、多くの国際法学者や専門家も、イラク攻撃は侵略だと断じたいのです。そうした著作、沢山あるでしょう。しかし、それは国際的なコンセンサスを得ていないのです。公の場ではまず「侵略」と言い切りませんし、そういう前提では話を進めません。それが、現状でのイラク攻撃に対する国際認識です。


柳 四郎
国連が断定してないから国際認識・・とはなりません・・ひとつの認識というだけです。
僕の認識は国連の認識と違う・・・それだけです・・・国連の独善と僕の独善と・・どちらも独善に変わりはありません。
違うのは理事国の国益に毒されているかどうかだけです。

在日米軍は、いつでも日本を武力で制圧できるよう確立された日本侵略のための・・米国のための・・保険部隊です。
こういうことですか?そのように理解するなら判りますが・・・。


etranger3_01
そういうことです。何の意味もなく、ただ共産化のドミノを止めるために駐留し続けているのではありません。ましてや、いざというときに日本を守るため“だけ”に日本に駐留しているのでありません。数の上で自衛隊が勝る趨勢になっていますが、空母までも持つ米軍のその総兵力は圧倒的です。いざというときにいつでも日本の首都機能を制圧できます。在日米軍は、日本の喉元に突きつけられた刃なのです。


柳 四郎
であるならば・・そのくびきから解放されるべく・・・国連軍に編入すべきですね・・。
国連軍が守る日本を米軍に守ってもらう必要が無くなり・・・米軍撤退が可能となります。

自然に中国・朝鮮との対立も消えます。

なぜなら世界中の国が国連軍に編入してきたら・・・米軍は戦うべき敵が消えます・・・国連を敵として戦うことなど考える必要がありませんから・・米軍の存在自体が無用となります・・・で米軍を解体してもいいのですが・・・裸の米国を国民が認めない・・・であれば米軍をも国連軍として編入して国連軍が米国に存在する・・これで裸ではなくなります。


etranger3_01
「国連を敵として戦うこと」まさに米軍、いや米国はこれをも辞さないと思います。あくまで国益と国際協調を天秤にかけた結果です。南北戦争を戦って内戦の果てで強力な国軍を作り上げた米国民にとって、「国連軍」に米軍を編入することなど、思いもよらない暴挙と移るでしょう。いまでさえ、「国連」と名のつくものに対する米国民のアレルギーは相当のものです。四郎さんの思考は、こうしたリアリティを無視し過ぎています。一度『ボウリング・フォー・コロンバイン』というマイケル・ムーア監督の映画を観てみてください。彼のデフォルメしたアメリカの姿から、肉迫したアメリカの生の姿が見えてきます。


柳 四郎
現実的な話をしませんか?
イラクが僕のいうところの国連に編入してきたら・・・米軍は侵攻できましたか?

核兵器も化学兵器も無いことを国連軍が証明したら・・・。

朝鮮軍が国連軍に編入してきたら・・・米国は戦争継続しますか?・・核もミサイルも持たない朝鮮国連軍に。

このように敵対する理由が消えても「米国はこれをも辞さないと」??は成り立ちません。

基本的に日本軍は日本国連軍・米軍は米国国連軍・・世界中に193ものこ国連軍がが出来るということです。


etranger3_01
各国が国連に国軍を差し出す、形あるインセンティブは何なのでしょうか。私はそれがずっと謎でした。各国・各民族・部族が、自らの武装を国連に差し出すことが可能と考える、その楽観的な思考は一体どういった根拠からくるのでしょうか。私には安直すぎて理解できません。


柳 四郎
日本・イラク・朝鮮軍の国連軍編入のメリットを理解できませんか?

国連軍編入で敵対国が消滅します・・・完全な安全保障が得られる・・これ以上のインセンティブが有りますか?

しかしイラク・朝鮮軍は現実には独裁者の自衛組織ですから・・・国連軍編入すると自分の首を絞めてしまう可能性がありますから・・・これを司法取引のごとく一族の生命を保証する・・これで・・可能でしょう。

いつ殺されるか・・・24時間恐れている独裁者に安全を保障すれば・・・軍隊を手放すでしょう。

即実現可能な国連軍だいうことです。


etranger3_01
到底、そうは思えません。むしろUNEPSより実現薄です。なぜなら、国軍の国際機関への編入=主権の部分的移譲にほかならないからです。UNEPSが目指すのも、究極的には脱主権ですが、「即実現可能」などと楽観視はしていません。現実に根ざした上で、政治的(立法上の)プロセスを経て実現されなければならないからです。

四郎さんは、「現実」を誤解しています。



柳 四郎
UNEPSの思想は理解できますが・・・実現するための金を・・・組織を人材を・・・国連に求める・・・人を頼る。

僕の軍隊は5兆円を日本が出す組織もある・・この違いがあります。

いずれが現実的かは歴史に待つ・・ことです。

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

米国が反撃する保障は全く無い・
:H.Hirakawaブログ

:H.Hirakawa
北朝鮮の限界点は何処だろうね
北朝鮮の外交はゴネ得狙い以外に手段を持っていない。だが、その手段しか持たないので兎に角ゴネまくって、結局その頑なさで難局を乗り切って来ているのは事実だ。日本の外交はあっちフラフラこっちフラフラを繰り返して表情を持たないので、その優柔不断さが外国には受入れられない場合が多々ある。
今回の六カ国協議は、金正日と安倍晋三の我慢比べになっている。日本が蚊帳の外に置かれているのは間違いないが、その孤立に日本が耐え抜けば、北朝鮮が実は一番欲しがっている日本からの経済支援は永久に受けられない。たった30億円程度の凍結資産でビクついている北朝鮮が経済的に完全に追い込まれているのは間違いない。だが、北朝鮮の外交筋はそういう表情は見せない。何処までも強がり、日本を悪者にして各国が日本の態度を軟化させて経済支援が行われるように仕向けている。だが、今回の日本の首相は北朝鮮の思惑を覆し非常に頑固だ。北朝鮮は日本をアメリカや中国が説得して日本の金が流れ込んで来る事を期待していたのだろうが、今までの日本の指導者ならそうであったかもしれないが、安倍晋三は、これまで自分がやって来たパフォーマンスを今になって引っ込める事など出来ない。態度を覆せば、自分の政権はあっという間に崩壊する。安倍晋三は、自分こそが「保守本流」の最後の砦と思い込んでいるので、そう簡単に政権を明け渡せない。子供のように我が儘で頑固だ。だが、それを貫かねばならない。金正日の思惑など知った事じゃない。日本が北朝鮮ごときの策に屈するなど絶対にあってはならない。安倍晋三は今のスタンスを変える事はないだろうからそれは安心しているが・・・。

では、思惑が外れている北朝鮮の我慢は、限界点は何処にあるか。限界点を越えた時に、懸念されている破壊行動は行われるのか否か。そのシミュレーションは防衛省や警察庁はよもや怠ってはいないと思うが。
また、日本の国民も首相が金正日に屈しない事を支持して、そして万が一、北のテロ活動があった場合でも慌てずにいる事が肝心だ。

1・・・最終的な言葉の暴力(北が、原爆投下をも厭わない等と本気で言う事)が行われた時に、それが本気度100%と判断された時には先制攻撃を行えばいいと思う。国内全ての朝鮮系の人には申し訳ないが強制拘束させて頂いたり、戒厳令もありえる。
そして、本当に危険と判断した時には相手国への直接攻撃も止むを得ない。北は日本を壊滅させると言っているのだから、それを防ぐという立派な名目があるので専守防衛行動になる。

北の限界点を見極める事を絶対に怠らずに、今後も日本は北への支援には断固反対を貫く必要がある。それを解除するには、北の核施設の破壊と拉致した日本人全ての情報公開並びに帰国へ向けての行動。日本は6カ国協議に於ける他の国々とは明らかに立場が違う。北朝鮮の脅威に晒されている唯一の国なのだ。そういう日本の立場に対して100%の理解を示さない中ロ米韓に同調する事など不要。日本は日本の主張を曲げない。米国のような表面ばかりの似非同盟国が一番汚い。第二次大戦時の従軍慰安婦問題などを大袈裟に持ち出して「日本も拉致を行っている」ようなまるで日本が現在進行形で北朝鮮と同様の国だと罵り始めている。自分達が安全になる為なら同盟国でも貶める何一つ信用の置けない奴らだ。「ワシントンは守ってもロンドンは見捨てる」。そんなアメリカを見抜いているから英国は自国の防衛をアメリカに頼らない。日本もそうならないとダメだ。アメリカを信じきっているととんでもない大怪我をする。怪我で済めばまだいいが、取り返しのつかない事になる。

日本は一本立ちへの道を歩み始めている事は間違いない。その強いスタンスを首相が変更しない事を祈るよ。



柳四郎
1・・・最終的な言葉の暴力(北が、原爆投下をも厭わない等と本気で言う事)が行われた時に、それが本気度100%と判断された時には先制攻撃を行えばいいと思う。

??北が、原爆投下をも厭わない等と本気で言う事???・・を実行したときに!!

200基ののドンが日本に飛んできて日本の50基の原発を爆破したときに・・・一体どうして先制攻撃が行えるのですか?

日本には朝鮮に反撃できる武器などひとつも無いのだよ!!

日本の原発は5~10基暴走し始めたらら・・・2~3000万の国民が緊急避難することになる・・一体どこに避難するのですか?

実に蒙昧な・・・無責任な論ですよ!!

2~3000万の国民が緊急避難するということはすでに日本国土に人が住めないということだ・・・すべての活動が停止して国民は日に日に死んでいく・・3ヶ月でおそらく1000万の餓死者がでます・・国内に秩序は無い・・人が人を殺して食う・・地獄だよ。

実に蒙昧な・・・無責任な論ですよ!!

しかもほとんどの日本人が君と同じ無責任な議論をしてる・・石破元長官も君と同じ事を言ってる・・朝鮮が一発ミサイル打ったら朝鮮は反撃されると・・・日本に反撃力など全く無いことを承知で実に無責任だ。

米国頼りだろうが・・米国が反撃する保障は全く無い・・いや反撃しない可能性が大きい・・・米国が朝鮮に核で反撃したら・・500基の中国ものミサイルが米国に落ちる・・米国は中国に反撃できない・・なぜなら3万基のロシアのミサイルがあるから・・となるとひとり日本だけが朝鮮の餌食になる。

この危機に日本国民は極楽トンボだ。

この危機を絶対に回避するために・・安部総理が朝鮮にとび即時国交を回復することだ・・国交を回復して友好国となる以外に日本の安全を保障する道は無い・・・たかが30人の拉致で日本の未来を消すことは絶対に許されない・・即国交を回復して・・30人の拉致者も返還させることだ。

実に簡単なことだ。






テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。