柳 四郎の対論
本当のことを話そう・・報道しない自由を考える
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日朝平壌宣言

日朝平壌宣言

 小泉純一郎日本国総理大臣と金正日朝鮮民主主義人民共和国国防委員長は、2002年9月17日、平壌で出会い会談を行った。
 両首脳は、日朝間の不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、実りある政治、経済、文化的関係を樹立することが、双方の基本利益に合致するとともに、地域の平和と安定に大きく寄与するものとなるとの共通の認識を確認した。


1.双方は、この宣言に示された精神及び基本原則に従い、国交正常化を早期に実現させるため、あらゆる努力を傾注することとし、そのために2002年10月中に日朝国交正常化交渉を再開することとした。
 双方は、相互の信頼関係に基づき、国交正常化の実現に至る過程においても、日朝間に存在する諸問題に誠意をもって取り組む強い決意を表明した。


2.日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。
 双方は、日本側が朝鮮民主主義人民共和国側に対して、国交正常化の後、双方が適切と考える期間にわたり、無償資金協力、低金利の長期借款供与及び国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力を実施し、また、民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資、信用供与等が実施されることが、この宣言の精神に合致するとの基本認識の下、国交正常化交渉において、経済協力の具体的な規模と内容を誠実に協議することとした。
 双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉においてこれを具体的に協議することとした。
 双方は、在日朝鮮人の地位に関する問題及び文化財の問題については、国交正常化交渉において誠実に協議することとした。


3.双方は、国際法を遵守し、互いの安全を脅かす行動をとらないことを確認した。また、日本国民の生命と安全にかかわる懸案問題については、朝鮮民主主義人民共和国側は、日朝が不正常な関係にある中で生じたこのような遺憾な問題が今後再び生じることがないよう適切な措置をとることを確認した。


4.双方は、北東アジア地域の平和と安定を維持、強化するため、互いに協力していくことを確認した。
 双方は、この地域の関係各国の間に、相互の信頼に基づく協力関係が構築されることの重要性を確認するとともに、この地域の関係国間の関係が正常化されるにつれ、地域の信頼醸成を図るための枠組みを整備していくことが重要であるとの認識を一にした。
 双方は、朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守することを確認した。また、双方は、核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図ることの必要性を確認した。
 朝鮮民主主義人民共和国側は、この宣言の精神に従い、ミサイル発射のモラトリアムを2003年以降も更に延長していく意向を表明した。


 双方は、安全保障にかかわる問題について協議を行っていくこととした。



日本国
総理大臣
小泉 純一郎 朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会 委員長
金 正日


2002年9月17日


平 壌

スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

海舟の貿易立国論 


Yahoo!掲示板・・ホーム > 政治 > 軍事 >
「大日本帝国に戦争をさせた張本人は?」 2000/ 5/29

柳  四 郎
「大日本帝国に戦争をさせた張本人は?」

それは誰の責任でもない・・歴史の流れに過ぎなかったのではないのか?
幕末の思想家の発言は勤王佐幕とその内容は変わりますが、結論として中央集権の富国強兵策へとまとまり、その強兵をもって韓国・台湾を打って一丸となってアジア横行することに決定します。
その時のバックボーンとして何を持って横行するのかが問題になり。ヨーロッパ列強はキリスト教を持って世界を横行し、日本は仏教か、国家神道か、儒教かと議論をしています。
仏教は年寄りや女子供のたわごとで、神道は荒唐無稽だからこんな物を持って立つとひどい目に逢う、儒教以外にはない、と横井小楠は主張していますが、現実には天皇を神として、アジアを横行しました。
結果はご覧のとおりです。列強に植民地にされる恐れがあったので、明治維新を起こしたと言うのは明治以後の評論家の言に過ぎません。
その横行で太平洋戦争まで一貫して突き進んだのです。


横井小楠

長文が入りませんので、飛ばしています。勝海舟、西郷や坂本いや当時はほとんどが何らかの意志を通じ合っていたと思われます、ですから最後の江戸無血開城まで一気に進みます。
戦後多くの人があの戦いの無謀サを書きましたが、なぜそうなったのかは誰も書きませんでした、ABC経済封鎖etcどれも原因ではなく結果論でした。
さかのぼって読むうちに、幕末まで行きました。最後は佐久間も高杉も、 海外雄飛を夢見ました。その結果が第二次大戦だったと思います。
日本は世界の分割競争に最後に乗り出したのです。
アメリカもイギリスも植民地を持ちました、日本はベトナムのフランスをフイリッピンのアメリカを追い出したのです。
原爆2つでそれは終わりました。正義とか不正儀とかの問題ではなく歴史の流れに流されたのだと思います 。

愚かさ無能さを非難するのは簡単です。

破竹の勢いで進撃を続けた天皇の赤子に無能な参謀も無能な将校もいませんでした。戦いやぶれて日が暮れて。その無能さは累々たる死体の上に、白日の下にさらされました。
今バブルが破れて銀行が証券会社がゼネコンがつぶれていきます、日本が破竹の勢いで発展しているときは、すべて有能な経営者でした。
今テレビの前で涙を流し、あるいは手錠をはめられて引き立てられていきます。累々たる失業者の中を、罵詈雑言を浴びせられて。
愚かさ無能さを非難するのは簡単です。ただ歴史に何も学ばなかった罪は自分に降り懸かるだけです。

結果論を繰り返しているのでは?


********************

明治改元1868年10月23日

中央公論  日本の名著 30

横井小楠
献白 外交問題につき幕府へ 1863年

国を開き諸外国の文化を取り入れ、富国強兵の策実を実施し、世界の一大強国とならなければなりません。またなるに違いありません。


談録 沼山対話 1864年

客  神聖の道を世界に押し広めるとの説ですが。

翁  神聖の道というのはよくありません。道は天道自然の道で、これすなわちわが胸中にある仁の一字です。仁の字に気おつけて行動すれば自然の道となります。神道の害ははなはだしく、水戸・長州などの神道を奉じている輩が君父に弓を引いております。

客  もう一つは、自国を強大にして地球上を横行しようとねらい、そのためには航海術を盛んにして海軍を興せとの説。残りのひとつは、西洋夷人のいう四海兄弟の説と同じで、胸襟を開いて西洋と貿易し、相互に利益を上げようという説でしょう。

翁  横行ということは公共の天理に反しております。世界に乗り出すには、公共の天理をもって現在の国際紛争を解決してみせるというほどの意気込みをもたなくてはなりません。単に勢力を張るだけのつもりであれば、必ず後日の災害を招きます。


書状  勝海舟宛  1863年

かねてお説のとおり、今日第一の急務は海軍の建設で、そのほかにはありません。開港・鎖国の議論など閑人の遊びと放置され、ひたすら海軍建設に進んでいただければ自然と人の心も開明の方向に向かうかと存じます。  横井平四郎


論著  海軍問答 1864年

また最近の海外での例をあげると、清国とイギリス、フランスと中国各地で戦った戦争、ロシアとイギリス、フランスととが黒海で闘った戦争、スペイン対アメリカ、フランスの二回の戦争、安南とフランスの戦争みな攻めていくほうが戦闘の主導権をにぎって勝敗の差は歴然と現れるた。



書状   村田巳三郎宛  1856年

今日もっとも大切なことは儒学の大道を明らかにすることにあります。・・・・・・

日本に三教があるとはいいますけれども、そのうち聖人の道は学者のもてあそびものと考えられております。残る神道と仏教の二教えについていえば、神道はまったく荒唐無稽、仏教は愚夫愚婦をあざむくのみ。日本に信心の大道は存在せず、完全に無宗旨、無信仰の国体となっているわけです。

強兵論
ヨーロッパ州はは違う・・・・。
アジアに比べれば非常に小さく、産物も不足していて他の地域から運んでこなけれたっていかない。・・・
時には軍艦を出して侵略略奪をやり領土を広げ、植民地を増やしている。・・・・
なかでもイギリスは、・・植民地の獲得と拡大に努めて富強を計っている。・・・
イギリスは世界に冠たる強国として、・・・・・
三十五の植民地を持ち、世界総人口の五分の一を抱えているのだが、その強大さは実にインドの富なのである。


元治元年(1864) 小楠 閑居
この時期の他の論者にしばしば見られたヨーロッパ列強の真似をして日本もどこかを侵略しょうとか言う様な気配は、微塵もないのである。

むしろ小楠は新政府の開明政策の中心人物であると思われ、攘夷思想のまま取り残されている武士たちから目のかたきにされる。・・・・
こうして小楠は、斬られた。・・・
小楠が斬られたあと、維新政府は・・・ヨーロッパをさらに上回るような近隣侵略の道を歩むのである。



中央公論  日本の名著 29

藤田東湖    常陸帯  海防三策  1844年

また、大船を建造して外国に渡航し、諸国を征服しょというのは大いに勇ましいようだが、予はこれを非常に危険だとかんがえる。わが国の人は軽々しいいところがあって、新奇なものにすぐ心を移しやすい。・・・・

交易というものはものを交換して互いに利益になるからこそいいので、いまわが国の場合は何一つとして足りないものはないのに、異国から渡来するものの多くは無用の贅沢品である。



中央公論  日本の名著 32

勝海舟  海舟の貿易立国論   嘉永六年・1853年

海舟の貿易立国論であり貿易による富国強兵論である。しかも海舟の脳裡には、このときすでに日清露を打って一丸とする地域経済圏の構想がおぼろげに浮かび上がっている。嘉永六年夏、黒船来航後わずか一ヶ月という時期に、若干三十一歳の蘭学者勝麟太郎がこれだけ透徹し見通しを立てられたということは、文字通り驚異というほかない。

小野浜海軍営所碑  元治元年甲子(1864)

文久の初め攘夷の論はなはだ盛んにして、摂海守衛の説、また囂囂たり。予建議して曰く、よろしくその規模を大にし、海軍を皇張し、営所を兵庫、対馬に設け、その一を朝鮮に置き、終に支那に及ぼし、三国合従連衡して西洋諸国に抗すべし、と。

***************

幕末政治思想史研究 九州大学教授 山口宗之 ペリカン社

第二節 将軍継嗣運動と尊攘派 69頁
富国強兵を論じ、ひいては他日海外へ進出せんとさえ願うにあった。


「橋本左内の思想に就いて」
第三章第二節
幕末征韓論の背景・・・削除


テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

柳 四郎

Author:柳 四郎
旧・YAHOO柳四郎ブログ
   
個人日記新ブログ10/3
  
ら るみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。